2006年 10月 17日

【映画】オリヴァー・ストーン、「Jawbreaker」を映画化?


オリヴァー・ストーンとParamount Picturesはアフガニスタン進攻とテロの脅威を描く映画「Jawbreaker」の製作を考えている模様。

「すべては愛のために」のサイラス・ナウレステがセカンド・ドラフトを担当、スクリプトは一部Gary Berntsen(Varietyは綴り間違えてるみたいだなあ)の回顧録「Jawbreaker: The Attack On Bin Laden and Al-Qaeda: A Personal Account By The Cia's Key Field Commander」に基づいている様子(最初のドラフトはこの本の共著者Ralph Pezzulloによって作成)。

とはいえ、「Jawbreaker」はストーンのいくつかの企画のひとつのようなので、これが次回作となるかはわかりません。

原作者のGary Berntsenは1982年から2005年までCIAのキャリア・オフィサーだった人物。
セカンド・ドラフト担当のサイラス・ナウレステは先日放送されたTVM「The Path to 9/11」の脚本家(【TVM】The Path to 9/11)。
Ralph Pezzulloはスティーヴ・ホデルの「Black Dahlia Avenger」「ブラック・ダリアの真実」映画化で脚本を担当(【映画】「Black Dahlia Avenger」「ブラック・ダリアの真実」も映画化へ?)。

原作 Jawbreaker: The Attack On Bin Laden and Al-Qaeda: A Personal Account By The Cia's Key Field Commande Gary Berntsen Ralph Pezzullo / Crown Pub

*10月16日 Variety
 
[PR]

by hamchu | 2006-10-17 19:04 | 映画・ニュース | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/4520073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 気になる言葉 at 2006-10-19 22:27
タイトル : ブラック・ダリア
『ブラック・ダリア』(The Black Dahlia)は、2006年のアメリカ映画。ジェイムズ・エルロイの同名小説でLA4部作の第一作目「ブラック・ダリア」が原作。監督はブライアン・デ・パルマ。全米公開に先駆けて2006年8月30日より開催の第63回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品、オープニング上映された。... more


<< 【TVM】「The Start...      【映画】レイチェル・ビルソン、... >>