2004年 06月 15日

フィリップ・K・ディック公式HP 「暗闇のスキャナー」撮影風景

a0000270_1636.jpgリチャード・リンクレイター監督の新作、フィリップ・K・ディック原作の「暗闇のスキャナー」映画版「A Scanner Darkly

撮影風景の写真がフィリップ・K・ディックのオフィシャルページPhilipDick.comにアップされているようです。
A Note from the Philip K. Dick Trust

これがデジタルペインティングでどのように完成するのか?
全米公開予定日は2005年9月16日に。

【映画の原作ニュース】「暗闇のスキャナー」キアヌ共演にウィノナ・ライダー

表紙 暗闇のスキャナー 創元SF文庫(東京創元社 刊)
[PR]

by hamchu | 2004-06-15 16:04 | Trailer・HP | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/452826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bhaus at 2004-06-15 21:53
もうディック作品すごすぎです。何本映画化されれば気が済むんだ。
Commented by hamchu at 2004-06-16 09:04
権利が売れてるものもオプション契約下にあるものもまだまだあるようですね~(笑)
やっぱり短編があるのが大きいのかな?
Commented by bhaus at 2004-06-16 13:12
SF作家としてのみならず、小説家としてかなり映画化されている数が多いような気がします。SF好きとしては嬉しい限り。名画はなかなかないですけど。
Commented by hamchu at 2004-06-16 20:48
今後も年1本のペース?
私、「流れよ我が涙、と警官は言った」好きなんですが、これがラインナップにあったからおや~という感じ。
Commented by pulog at 2004-06-19 11:16
フィリップ・K・ディックのファンですがこの原作は名作でした。
ラストはどうしようもない絶望感で泣ける
映画を見るのが楽しみです。
Commented by hamchu at 2004-06-19 17:39
ラスト…本当に映画を見るのが楽しみです。

実はこの本はサンリオ文庫版で20年近く前に読んだのが最初と思います。確か、表紙のイメージとか全然違うんですよね。サンリオ文庫、集めておけばよかった(あとのまつり)。
Commented by pulog at 2004-06-25 04:53
自分も20年前にサンリオSF文庫で持ってました。
しかし古本屋に売ってしまい後悔してます。
サンリオSF文庫は今ではプレミアがすごいですよね。
しかもディックの作品だと特に高いでしょうね。
あ、リンク貼らせていただきました。
Commented by hamchu at 2004-06-25 07:38
今思えばすごいラインナップだったような…サンリオ文庫。もうなかなか古書市場にも出ないだろうから、今後もプレミアは高くなっていくんでしょうかね~(リンクありがとうございます)


<< 【映画の原作ニュース】レオナル...      【映画の原作ニュース】ニック・... >>