2006年 11月 01日

【映画】「タイムトラベラーズ・ワイフ」 「フライトプラン」のロベルト・シュヴェンケが監督か?


クレアが未来から来たヘンリーと会ったのは6歳の時だった。以来、様々な時間から現れるヘンリーと152回の逢瀬を重ねることになる…。しかし、クレアが18歳になるとヘンリーはぱったり現れなくなってしまう。そして2年後、20歳になったクレアとヘンリーは運命的な出会いを果たす。だが、彼はまだクレアの事を知らなかった…

オードリー・ニッフェネガーの小説「タイムトラベラーズ・ワイフ」 を映画化するNew Line Cinema製作の「The Time Traveler's Wife」の監督として「フライトプラン」のロベルト・シュヴェンケが最終交渉中である模様。

脚本は「きみに読む物語」のジェレミー・レヴェン。
製作はブラッド・ピット、Dede Gardner、ニック・ウェクスラー。

これは昨年ガス・ヴァン・サントが監督候補に挙がっていた企画。
このところは「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムズが主演、監督はシュヴェンケかスティーヴン・フリアーズ?などと噂になっていたのですが…(私はフリアーズの方が優勢なのかと思ってた)

【関連】
【映画】「タイムトラベラーズ・ワイフ」 ガス・ヴァン・サントが監督? 05年3月18日

原作
タイムトラベラーズ・ワイフ 上 オードリー・ニッフェネガー 羽田 詩津子 / ランダムハウス講談社
タイムトラベラーズ・ワイフ 下 オードリー・ニッフェネガー 羽田 詩津子 / ランダムハウス講談社

*11月1日 The Hollywood Reporter
 
[PR]

by hamchu | 2006-11-01 16:54 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/4610671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【Trailer】Lady C...      【映画】ゲイリー・ロス、ニール... >>