2006年 11月 02日

【Trailer】Lady Chatterley チャタレー夫人の恋人


11月1日仏で公開、「a.b.c.(アー・ベー・セー)の可能性」パスカル・フェラン監督の「Lady Chatterley」「チャタレー夫人」のTrailer。
Lady Chatterley

クリフォード卿と結婚したコンスタンスはチャタレーの城の中で単調な日々を送っていた。
やがてコンスタンスは森の中でパーキンという森番と関係を結ぶ…

チャタレー夫人には「みなさん、さようなら」のマリナ・ハンズ、パーキンにJean-Louis Coullo'ch、クリフォードにイポリット・ジラルド。

原作は何度も映像化されているD.H. ロレンスの「チャタレー夫人の恋人」ですが、森番の名前がメラーズでなくパーキンであるあたり、いわゆる「初稿」(初稿 チャタレー卿夫人の恋人)が原作なのかな?(現在知られている「チャタレイ夫人の恋人」は第三稿のもの)


Lady Chatterley 06年ベルギー・仏・英

監督:パスカル・フェラン
脚本:パスカル・フェラン、ロジェ・ボーボ 
製作:ジル・サンドーズ
音楽:Beatrice Thiriet
撮影:ジュリアン・ハーシュ
出演:マリナ・ハンズ、Jean-Louis Coullo'ch、イポリット・ジラルド、エレーヌ・アレクサンドリディ、Helene Fillieres
原作:初稿 チャタレー卿夫人の恋人 D.H. ロレンス 増口 充 / 彩流社
  
[PR]

by hamchu | 2006-11-02 10:25 | Trailer・HP | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/4615431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by gotenn17 at 2006-11-02 14:35
こんにちは~! また映画化になるんですか。 ほぉ~~。
この本は確か発禁本として話題になったものでしたよね?
映画はポルノとはいいがたい・・・ん~~エロチィズムの方が合っていたように思われ・・・あはは、上手いこと言えませんわ!笑
Commented by hamchu at 2006-11-02 18:53
今読むとどのあたりが発禁なんだ、という感じですが…
やっぱり、チャタレイ夫人といえばエマニエル夫人のシルビア・クリステルですよね(笑)。
この新作でも予告で官能シーン(といっていいのか?)アリ、主人公が裸で森を駆けるシーンアリ あははは~
Commented by hamchu at 2007-11-02 14:48
この映画バージョンは第2稿が元になっているそうである。しかし、第2稿…
あらためて彩流社の「初稿チャタレー卿夫人の恋人」あとがきを読み直すも、この3バージョン、私の中ではすでにゴチャゴチャに。
第2稿読むしかないですな、こりゃ(というわけで「ジョン・トマスとレイディ・ジェイン」を図書館で借りる)。


<< 【映画】フィナ・トレスが「分別...      【映画】「タイムトラベラーズ・... >>