2006年 11月 28日

【映画】「ワイルド・スワン」が映画化、脚本はクリストファー・ハンプトン


15歳で著者の祖母は軍閥将軍の妾になる。中国全土で軍閥が勢力をぶつけあう1924年のことであった。続く満州国の成立。直前に生まれた母は、新しい支配者日本の過酷な占領政策を体験する。戦後、夫とともに共産党で昇進する母。そして中華人民共和国の成立後、反革命鎮圧運動の只中で著者は誕生する…

ユン・チアンのベストセラー・ノンフィクション「ワイルド・スワン」の映画化権が英国のPortobello Pictures、「コーリャ愛のプラハ」などの製作者エリック・エイブラハムによって取得された模様。

「キャリントン」、「愛の落日」のクリストファー・ハンプトンが脚色予定。

原作
ワイルド・スワン〈上〉 ユン チアン Jung Chang 土屋 京子 / 講談社
ワイルド・スワン〈中〉 ユン チアン Jung Chang 土屋 京子 / 講談社
ワイルド・スワン〈下〉 ユン チアン Jung Chang 土屋 京子 / 講談社

*11月27日 Variety
  
[PR]

by hamchu | 2006-11-28 09:52 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/4759704
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TVM】ジュディ・デイヴィス...      【映画】レイフ・ファインズ、川... >>