2006年 12月 01日

【映画】マーティン・スコセッシ、「The Last Duel」を映画化


マーティン・スコセッシ監督が Eric Jagerの「The Last Duel: A True Story Of Crime, Scandal, And Trial By Combat In Medieval France」を映画化予定。

「The Last Duel」は1986年12月29日、Jean de CarrougesとJacques LeGrisという二人の騎士によりパリで行われた決闘の話。LeGrisが旧友Jean de Carrougesの妻を暴行した、というのが決闘の理由らしいのですが…

ユニバーサル、Misher Filmsのケヴィン・ミッシャー(「スコーピオン・キング」、「ザ・インタープリター」の製作者)が製作。

作者の Eric JagerはUCLAの教授(中世文学が専攻)のようです。

原作 The Last Duel: A True Story Of Crime, Scandal, And Trial By Combat In Medieval France Eric Jager / Broadway Books
  
[PR]

by hamchu | 2006-12-01 19:07 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/4777616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2007-12-07 14:09
早川書房より刊行済 「決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル」 エリック・ジェイガー


<< 06年12月1日公開予定 00...      【TVM】メグ・ライアン、キャ... >>