2006年 12月 06日

【映画】「オープン・ウォーター」の監督・製作者、「巡洋艦インディアナポリス号の惨劇」を映画化


Warner Bros. は「オープン・ウォーター」の監督クリス・ケンティスと製作者ローラ・ラウを「Indianapolis」の監督・製作者として起用した模様。

太平洋戦争末期、日本軍潜水艦の魚雷を受けて沈んだ米巡洋艦。原子爆弾の部品を積み、密命を帯びた同艦の乗組員のうち300人は即死。
海に投げ出された者にはさらに過酷な運命が待ち受けていた。
低体温症、サメの群れ、飢え、乾き…紅蓮の炎と荒れる波間でいったい何が起こったのか…

原作はダグ・スタントンのノンフィクション「In Harms Way: The Sinking of the Uss Indianapolis and the Extraordinary Story of Its Survivors」「巡洋艦インディアナポリス号の惨劇」(朝日新聞社)

マーク・ゴードン、アキヴァ・ゴールズマン、ベッツィ・ビアーズも製作。

インディアナポリスとその艦長マクヴェイの軍法会議に焦点をあてた映画はUniversal Pictures、J・J・エイブラハムズ監督で「The Good Sailor」というのが企画されているようです…

原作 巡洋艦インディアナポリス号の惨劇 ダグ スタントン Doug Stanton 平賀 秀明 / 朝日新聞社

*12月6日 Variety
 
[PR]

by hamchu | 2006-12-06 18:34 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/4803847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by アオキマイ at 2006-12-06 20:28 x
この「インディアナポリス」はジョーズのクイント船長が
第二次大戦中に乗っていた船ですね。
映画の中でこの悲劇をクイント船長が語る場面があります。
このために彼はサメに異常な憎しみを抱くようになり、
最後、サメだけには食われたくないといって死んでいったのです。
ここから、ちょっとしたトリビア。
あの台詞、元々のものをジョン・ミリアスが書き直したものを、
さらにクイント船長を演じたロバート・ショウが書き直したものだとか。
あと作者のダク・スタントンがこの事件に興味を持ち始めたのは、
ジョーズのこのシーンを見たことだということです。
Commented by hamchu at 2006-12-06 21:08
ほほぉ~しかし、見事なまでにサメつながりですなあ。


<< 2006年 The Natio...      【TVM】スティーヴン・スピル... >>