2006年 12月 13日

【映画】ポール・マスランスキー、「バディ・ボールデンを覚えているか」のオプション権を取得


プロデューサーのポール・マスランスキーがマイケル・オンダーチェのジャズ奏者バディ・ボールデンに関する書籍「Coming Through Slaughter」のオプション権を取得。
ベンジャミン・ロスがMark Baileyと脚本、監督予定。

原作はバディ・ボールデンの生涯を妻や友人を語り手とする挿話、インタビュー、詩的断章等によって再現、伝説と史実を巧みにコラージュしたドキュメント・ノヴェル。日本では「バディ・ボールデンを覚えているか」のタイトルで刊行されました。

ベンジャミン・ロスの代表作は「グレアム・ヤング毒殺日記」
マイケル・オンダーチェは「イングリッシュ・ペイシェント 」の原作「イギリス人の患者」の作者。

原作 バディ・ボールデンを覚えているか マイケル オンダーチェ Michael Ondaatje 畑中 佳樹 / 新潮社

*12月13日 Variety
  
[PR]

by hamchu | 2006-12-13 18:43 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/4838756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2009-09-09 11:15
続報ニュースが出ましたが脚本が完成したとか、そんな感じ。


<< 【映画】ジュリア・ロバーツ、ロ...      【映画】ヤン・ギィユー原作のエ... >>