2007年 05月 18日

【映画】サラ・ポーリー、「ふくろうの叫び」に出演


今年もカンヌ映画祭が開幕いたしました。
ということでマーケット、プリセールス情報がメチャクチャ多くなるのがこの時期だったりして~。追っかけもメチャクチャ大変(笑 そんなこんなで内容、よく間違えます、間違えてたら是非教えて下さい)。


「Cry of the Owl」はサラ・ポーリー、パディ・コンシダイン、デブラ・メッシング、スコット・スピードマンが出演。

結婚に失敗し、精神的に疲れていたロバート・フォレスターにとって、幸せそうに生活する女性ジェニファーの姿をこっそり眺めることが、唯一のやすらぎだった。ある夜、ついに見つかってしまった彼を、意外にもジェニファーは暖かく迎え入れてくれる。その上、彼の孤独感に共鳴し、出会いを運命的なものと感じた彼女は恋人グレッグとの婚約を破棄してしまった。嫉妬と復讐にかられたグレッグは、ロバートを執拗にねらうが…

原作はパトリシア・ハイスミスの「ふくろうの叫び」
監督はJamie Thraves?
この本は、クロード・シャブロル監督によって87年に映画化されています。


オスカー・ワイルドの「つまらぬ女」を映画化する「A Woman of No Importance」は出演者がリンジー・ローハンからシエナ・ミラーに変更。
ショーン・ビーンはやっぱりイリングワース卿でした。

撮影は9月からを予定。

【関連】
【映画】アネット・ベニング、リンジー・ローハン、ショーン・ビーンがオスカー・ワイルド作品に出演 06年5月22日 
 
[PR]

by hamchu | 2007-05-18 12:22 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/5603712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ジェラルド・バトラー、...      【映画】ミーナ・スヴァーリ、カ... >>