2007年 10月 12日

【映画】「わたしはCIA諜報員だった」映画化、脚本はダニエル・ウォーターズ


子供の頃からスパイに憧れていた少女が、難関を突破して念願のCIAに入局―だがそこで彼女を待ち受けていたのは驚き呆れる現実の連続だった…

Paramount Vantageは「Blowing My Cover: My Life as a CIA Spy」の脚本家としてダニエル・ウォーターズを起用した模様。
原作はリンジー・モランの手記「わたしはCIA諜報員だった」(集英社文庫)

「モーターサイクル・ダイアリーズ 」のカレン・テンコフが製作。

作者のリンジー・モランはハーバード卒、1年英語教師としてブルガリアに滞在した後、1998年から2003年までCIAに勤めていたという人。現在はフリー・ライター。
 
原作 わたしはCIA諜報員だった (集英社文庫) リンジー モラン / / 集英社
 
[PR]

by hamchu | 2007-10-12 09:58 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/6297395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【Trailer】Charli...      【映画】スティーヴン・キングの... >>