2007年 12月 28日

TVM作品 DVD 荊の城


荊の城 05年英
監督:エイスリング・ウォルシュ
脚本:ピーター・ランスリー
製作:ジョージナ・ロウ
製作総指揮:サリー・ヘッド
撮影:サイモン・コソフ
原作:
荊[いばら]の城 上 サラ・ウォーターズ 中村 有希 / 東京創元社
荊[いばら]の城 下 サラ・ウォーターズ 中村 有希 / 東京創元社
DVD:荊の城  / ジェネオン エンタテインメント
出演:サリー・ホーキンス、エレイン・キャシディ、ルパート・エヴァンズ、チャールズ・ダンス、デヴィッド・トラウトン、イメルダ・スタウントン、スティーヴン・ワイト、リチャード・ダーデン、ニック・ルーカス、ローラ・ドス・サントス
ストーリー
a0000270_1646051.jpga0000270_16462347.jpg19世紀半ばのロンドン。17歳になる孤児スウは、下町の故買屋の家に暮らしていた。ある冬の晩、彼女のもとに顔見知りの詐欺師がやってくる。さる貴族の息子というふれこみで、<紳士>とあだ名されている、以前スウのスリの腕前を借りにきたこともあった男だ。彼はスウにある計画を持ちかける。とある令嬢をたぶらかして結婚し、その巨額の財産をそっくりいただこうというのだ。スウの役割は、令嬢の新しい侍女。スウはためらいながらも、話にのることにする。
スウが侍女として入ったのは、俗世間とは隔絶した辺鄙な地に建つ城館。そこに住んでいるのは、スウが世話をする令嬢、モード。それに彼女の伯父と使用人たち。訪ねてくる者と言えば、伯父の年老いた友人たちだけという屋敷で、モードは親しい友人もなく、蔵書狂の伯父の手伝いをして暮らしていた。他に話し相手もないそんな環境で、同い年のスウとモードが親しくなっていくのは当然のことだった。その背後で、冷酷な計画を進めていようとも。計画の行方は? 二人を待ち受ける運命とは?

【関連】
【TVM】このミス2005 海外編1位 「荊[いばら]の城」はBBCのミニシリーズに 04年12月20日

原作 おもな登場人物
スーザン(スウ)・トリンダー (サリー・ホーキンス)
サクスビー夫人 スウの育ての母 (イメルダ・スタウントン)
イッブス親方(ハンフリー) 錠前屋 (デヴィッド・トラウトン)
ジョン・ヴルーム (Bronson Webb)
ディーリア(デインティ)・ウォレン (Demelza Randall)
リチャード・リヴァーヌ(<紳士>) (ルパート・エヴァンズ)
クリストファー・リリー (チャールズ・ダンス)
モード・リリー (エレイン・キャシディ)
ウィリアム・インカー 厩番 
マーガレット
スタイルズ夫人 家政婦 (Polly Hemingway)
アグネス・フィー 侍女 (Laura Dos Santos)
ケーキブレッド夫人
マーティン・ウェイ
チャールズ (Stephen Wight)
クリーム夫人 (Wendy Morgan)
グレイヴス医師 (William Oliver)
クリスティー医師 (Sam Graham)
ホートリー氏 (Richard Durden)
ハス氏 (Nick Lucas)
ベリンダ・ベーコン 看護婦 (Sophie Stanton)
スピラー 看護婦 (Tina Malone)
ベティ (Michelle Dockery)
ミス・ウィルソン (Eileen Page)
  
[PR]

by hamchu | 2007-12-28 22:40 | DVD | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/6613824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2008-02-14 13:01
いまさらなんですが、登場人物表 追加。


<< 【HP・Trailer】Can...      未公開作品 DVD 聖なる予言 >>