2008年 01月 16日

映画原作関連ニュース The Best a Man Can Get、Public Enemies


★Paramount PicturesはJohn O'Farrell の小説「The Best a Man Can Get: A Novel of Fatherhood and Its Discontents」の映画化権を取得、キャリー・カークパトリックが脚本、監督予定。
キャスリーン・ケネディがカークパトリックと製作。

キャリー・カークパトリックは「銀河ヒッチハイクガイド」、「シャーロットのおくりもの」、「スパイダーウィックの謎 」などの脚本家で、アニメーション「森のリトル・ギャング」では監督も担当。

主人公は30代前半の男性(2人の子持ち)Michael Adams。彼は独身のふりをしてアパートを借りたり…
何だか人生終わっちゃってるように感じてるらしい彼の気持ち、ちょっとわからないでもないかも…

原作 Public The Best a Man Can Get: A Novel of Fatherhood and Its Discontents John O'Farrell / / Broadway Books


★マイケル・マン監督、ジョニー・デップ出演の「Public Enemies」にクリスチャン・ベイルも出演交渉中である模様。

ジョニー・デップはジョン・デリンジャー、ベイルはメルヴィン・パーヴィス。

【関連】
【映画】マイケル・マンとレオナルド・ディカプリオが「Public Enemies」を映画化 04年8月12日
【映画】マイケル・マンとジョニー・デップ、「Public Enemies」を映画化? 07年12月5日

原作 Public Enemies: America's Greatest Crime Wave and the Birth of the FBI, 1933-34 Bryan Burrough / / Penguin USA (P)
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-16 09:27 | 映画・ニュース | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/6683215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 世界のスター・芸能ニュー.. at 2008-01-16 15:13
タイトル : ジョニー・デップ、ポーンと病院に2億円寄付、太っ腹
米ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞に輝いたばかりの映画俳優ジョニー・デップさんが14日、ロンドンの小児科専門病院であるグレート・オーモンド・ストリート病院をひそかに訪れ、娘を救ってもらったお礼として、100万ポンド(約2億1000万円)を寄付した。 15日付の英紙デーリー・メールによると、昨年3月、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」の撮影のため、ロンドンに家族で滞在中、娘のリリーローズちゃん(8つ)が病原性大腸菌O157感染をきっかけに腎不全を併発し、この病...... more


<< 【Trailer】Animal...      【映画】シャーリーズ・セロン、... >>