2008年 01月 17日

【映画】デヴィッド・マタロン、「School for Scumbags」、「極北が呼ぶ」を映画化予定


「ギルバート・グレイプ」、「薔薇の素顔」などの製作者デヴィッド・マタロンが英の作家Danny Kingの近作「School for Scumbags」のオプション権を取得、映画化予定。

原作 School for Scumbags Danny King / / Serpents Tail


また、マタロンにはライオネル・デヴィッドスンの「Kolymsky Heights」、「極北が呼ぶ」を映画化する企画もある模様。

シベリア上空で撮影された衛星写真が何かの大爆発と、その周辺にうごめく奇妙な生物のようすを捉えた。折も折、オックスフォード大学の微生物学教授のもとに暗号手紙が届く。どうやら極北の秘密研究所が緊急かつ極秘に、ある人物の派遣を求めているらしい。そして名指されたのはカナダ・インディアン出身の若き生物学者であった…

「極北が呼ぶ」の映画化はなかなか面白いかも(笑)。

原作
極北が呼ぶ〈上〉 ライオネル デヴィッドスン / / 文藝春秋
極北が呼ぶ〈下〉 ライオネル デヴィッドスン / / 文藝春秋
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-17 17:34 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/6688172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 英国アカデミー賞(BAFTA賞...      TVM作品 DVD 男が女を殺すとき >>