2008年 01月 25日

【BBC】ディケンズの「リトル・ドリット」ドラマ化、マシュー・マクファディンが出演


中国帰りの資産家アーサーは、母親の家でお針子として働いている、か細い身体つきでひどく怯えた顔をした若き女性リトル・ドリットに会った。
興味を持ったアーサーは、ある夜尾行し、マーシャルシー監獄へ入って行く彼女の姿を見た…

BBC Oneはチャールズ・ディケンズの「リトル・ドリット」をドラマ化、TVM「高慢と偏見」、「Sense And Sensibility」のアンドリュー・デイヴィスが脚色する模様。

「エニグマ」、「プライドと偏見」のマシュー・マクファディンがアーサー役、その他のキャスティングは後に発表予定。
撮影は08年4月に英国で開始、製作総指揮はアン・ピヴチェヴィク、製作はLisa Osborne、Dearbhla Walsh、Adam Smith。
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-25 17:01 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/6717567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< OV作品 DVD 忌み嫌われる家      【HP・Trailer】Los... >>