2008年 02月 21日

【映画】怪人マブゼ博士 「ドクトル・マブゼ」、再映画化へ


はじめは単なるイカサマに思えた。憑かれたように大金をカードに賭け、負け続ける人々。だが賭け金を手に消え去る男は常に別人のように見える。陰謀の存在を嗅ぎ取った検事ヴェンクは、賭博クラブへの潜入捜査を敢行した。彼の目前でまたも不可解な勝負が。そしてそれを見守る謎めいた女…その時ヴェンクは、凶悪な毒蛇の尾を掴んだも同然であることに気付いていなかった!

犯罪映画の名作「ドクトル・マブゼ」が独で再映画化とか。
原作はノルベルト・ジャックの「ドクトル・マブゼ」(ポケミス名画座! 尾之上浩司さんによる解説は参考になります~)

新しい作品の製作はRat Pack Filmproduktion、アルトゥール・ブラウナーのCCC Filmkunst とUniversum。
撮影は来年後半に行われる予定。

フリッツ・ラングの映画版、及びシリーズ作品で知られる怪人マブゼ博士ですが、今度の新しいバージョンはどんなものになるんでしょうか(元記事には“a big contemporary theatrical action thriller with socio-critical overtones.”なんて書いてありますが 笑)。

原作 ドクトル・マブゼ (ハヤカワ・ミステリ) ノルベルト・ジャック / / 早川書房


原作 おもな登場人物
ヴェンク 検察官
マブゼ 精神分析医
 
[PR]

by hamchu | 2008-02-21 14:12 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/6818202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< TVM作品 DVD 警察署長 ...      映画原作関連ニュース パトリッ... >>