2008年 03月 16日

【TVM】バリー・レヴィンソンが「セイント」をドラマ化


ロジャー・ムーア主演でTVシリーズ化(「セイント/天国野郎」)、97年にはヴァル・キルマーで映画化された「セイント」が新しくTVM化される模様(ジェームズ・ピュアフォイが主人公サイモン・テンプラー役、という話もあり…)。

原作はレスリー・チャータリスのシリーズ(日本でもジュブナイルを含め多数翻訳されていましたが…)。
製作はバリー・レヴィンソン、「ホミサイド」のトム・フォンタナ、脚本家のジョージ・ザマコーナ、映画版の製作者ウィリアム・J・マクドナルド、ロジャー・ムーアとその息子ジェフリー・ムーア。
レヴィンソンが2時間版を監督予定。

映画版のサイモン・テンプラーはやっぱり何だか違う気が(天使の輪がないとなあ)。というわけで今回のドラマ化にはちと期待いたします。
とはいえ、「セイント」映像化の話はちょこちょこ出現するので…(笑)
 
[PR]

by hamchu | 2008-03-16 22:28 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/6906103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 全米映画興行収益 速報 08年...      08年3月15日 公開 ノーカ... >>