2008年 05月 16日

【映画】ジョージ・クルーニー出演で「実録・アメリカ超能力部隊」が映画化?


超能力で敵を制圧し、敵地をスパイする特殊部隊。そんな計画がアメリカに実在した!ヴェトナムの悪夢に苦しむ軍人が夢見た「敵を武力で傷つけることのない愛と平和の軍隊」。軍上層部を動かした構想は、いかに変質し、何を生み出したのか。

ジョン・ロンスンのノンフィクション本「実録・アメリカ超能力部隊」がジョージ・クルーニー出演で映画化、Smoke Houseのパートナー、グラント・ヘスロヴが監督予定とか。

脚本は「How to Lose Friends & Alienate People」のPeter Straughan。

原作はなんかアヤシそうな感じで一部で話題になっていた本。
ロンスンの本はデビュー作にも映画化予定があったんですが…(映画原作関連ニュース ミミズ・フライの食べ方、Them、エラゴン…

原作 実録・アメリカ超能力部隊 (文春文庫 ロ 7-1) ジョン・ロンスン / / 文藝春秋
  
[PR]

by hamchu | 2008-05-16 22:51 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/7117046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 08年5月17日 公開 チャー...      【HP・Trailer】Cit... >>