2008年 05月 21日

【映画】フィリップ・K・ディックの「ユービック」、映画化へ


1992年、予知能力者狩りを行なうべく月に結集したジョー・チップら反予知能力者たちが、予知能力者側のテロにあった瞬間から、時間退行がはじまった。あらゆるものが1940年代へと逆もどりする時間退行。だが、奇妙な現象を矯正するものがあった―それが、ユービックだ!

Celluloid Dreams はフィリップ・K・ディックの小説「ユービック」のオプション権を取得、「殯(もがり)の森」、「アイム・ノット・ゼア」のヘンガメ・パナヒが作者の娘Isa Dick Hackett,と製作予定。

原作 ユービック (ハヤカワ文庫 SF 314) フィリップ・K・ディック / / 早川書房
 
[PR]

by hamchu | 2008-05-21 08:27 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/7131853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 映画原作関連ニュース The ...      【映画】ニコラス・スパークスの... >>