2008年 06月 17日

【TV】AMC、「奇術師カーターの華麗なるフィナーレ」をドラマ化?


1923年、夏。
ハーディング大統領は、遊説先のサンフランシスコで謎の死を遂げた。大統領は生前、「おそろしい秘密を知ってしまったら、きみはどうするかね?」と、誰かれなくもらしては、怯えていたという。暗殺の可能性もささやかれるなか、死亡前夜に大統領が奇術ショウに特別ゲストとして参加していたことから、ショウの直前に大統領と二人きりで打ち合わせを行なった、人気奇術師のカーターに暗殺の嫌疑がかけられる。シークレット・サーヴィスや新聞記者、そして奇術のライバルたちが、カーターの背後関係を洗い始めた。カーターが一介の奇術師から、ショウの真打ちに出世するまでには、あのフーディーニを巻き込み、関係者に死者も出すような、相当あぶない駆け引きがあったらしいが…フーディーニと並び称された実在の大奇術師チャールズ・カーターが仕掛けた、歴史をも動かす最高のイリュージョンとは。

米ケーブルテレビ局AMCには「奇術師カーターの華麗なるフィナーレ」をドラマ化する企画がある模様。

作者のグレン・デイヴィッド・ゴールドがコンサルタントとして参加、「愛という名の疑惑」、「ウルフ」のウェズリー・ストリックが脚本予定。

原作
奇術師カーターの華麗なるフィナーレ〈上〉 (ハヤカワ・ノヴェルズ) グレン・デイヴィッド ゴールド / / 早川書房
奇術師カーターの華麗なるフィナーレ〈下〉 (ハヤカワ・ノヴェルズ) グレン・デイヴィッド ゴールド / / 早川書房
  
[PR]

by hamchu | 2008-06-17 08:53 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/7219094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 映画原作関連ニュース デニス・...      【TVM】アンジー・ハーモン、... >>