2008年 06月 18日

映画原作関連ニュース デニス・ルヘイン、ニック・ウェクスラー


★Columbiaとサム・ライミがデニス・ルヘインの秋に刊行予定の小説「The Given Day」を映画化、「クイック&デッド」のジョシュア・ドーネンと製作予定(監督も?)。

原作 The Given Day Dennis Lehane / / William Morrow & Co


★2929 Prods.のトッド・ワグナーとマーク・キューバンがRon Rashの10月に刊行予定の小説「Serena」のオプション権を取得、ニック・ウェクスラーと製作予定。


★ニック・ウェクスラーがスティーヴン・キングとジョー・ヒル親子による中編小説「Throttle」のオプション権を自費で取得。

これは09年に刊行予定のアンソロジー「He Is Legend」に入るみたい。

原作 He Is Legend: An Anthology Celebrating Richard Matheson Stephen King / / Gauntlet Pr
 
[PR]

by hamchu | 2008-06-18 08:47 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/7222338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2008-07-10 16:37
「The Given Day」は来月早川書房から刊行予定の「運命の日」じゃないかと思うんですが、ほぼ同時刊行?(っていうか日本のほうがはやいんじゃない?)
Commented by hamchu at 2009-12-10 13:43
「ヒー・イズ・レジェンド」も小学館さんからですね。楽しみ~
Commented by hamchu at 2017-10-31 14:49
「Serena」って他に記事入れてなかったですかね…
18年1月6日からの「未体験ゾーンの映画たち 2018」で上映予定、ジェニファー・ローレンス、ブラッドリー・クーパー出演、スサンネ・ビア監督、「セリーナ ー炎の女-」


<< 映画原作関連ニュース スパイク...      【TV】AMC、「奇術師カータ... >>