2008年 09月 30日

【HP・Trailer】Anonyma - Eine Frau in Berlin ベルリン終戦日記―ある女性の記録


1945年の陥落前後、ある女性ジャーナリストが、窮乏生活や市街の惨状、ソ連軍の蛮行を日記に赤裸々につづっていた。
激しい空襲が続き、陥落間近のころ、女性はアパートの地下室に避難していたが、そこへ赤軍が侵入してくる。彼女はロシア語が多少できたことから、兵士との交渉を買って出る。しかし、隣人たちから見捨てられるように、レイプの被害にあってしまう。それに懲りた女性は、以後は赤軍少佐の「愛人」となることで、身を護ってゆく。ライフラインが途絶え、不安と恐怖がつのる状況下、貴重な食料や情報を得ることができた…しかし、思いがけない結末が待っていた…

作者匿名の「ベルリン終戦日記 ある女性の記録」をニーナ・ホス主演で映画化、「Anonyma - Eine Frau in Berlin」のオフィシャル・サイト、Trailer。
http://www.anonyma.film.de/

原作は確かに日記にしてはよく書けすぎている気がしなくもありませんが引き込まれて一気に読んでしまいました。映画もはやく見たいですね。

【関連】
【映画】ニーナ・ホス、アウグスト・ディール、「Anonyma - A Woman in Berlin」に出演 07年5月23日


Anonyma - Eine Frau in Berlin 08年独
監督・脚本:Max Farberbock
製作総指揮:マーティン・モスコウィック、Bernhard Thur
製作:ギュンター・ロールバッハ
音楽:ズビグニエフ・プレイスネル
撮影:ベネディクト・ノイエンフェルス
原作:ベルリン終戦日記―ある女性の記録  / 白水社
出演:ニーナ・ホス、エフゲーニ・シディチン、イルム・ヘルマン、Ulrike Krumbiegel、ロルフ・カニース

原作 おもな登場人物
私 日記の筆者 (ニーナ・ホス)
未亡人
イルゼ・R
R氏
ギゼラ
ゲルト 
アンドレイ (エフゲーニ・シディチン) 
ペトカ、グリーシャ、ヤーシャ
アナトール (Roman Gribkov)
ワーニャ
セリョーシャ
スティパン
少佐
ニコライ
 
[PR]

by hamchu | 2008-09-30 08:54 | Trailer・HP | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/7531179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2009-06-26 10:33
米では09年7月19日公開予定。
Commented by hamchu at 2010-05-21 13:49
このタイトルはちょっとどうかと思いますなあ(笑)。10年6月2日レンタル予定、「ベルリン陥落 1945」


<< 【Trailer】Revolu...      【映画】スコット・ヒックスの「... >>