2008年 10月 06日

全米映画興行収益 速報 08年10月6日 「Beverly Hills Chihuahua」が初登場首位に


今週はディズニーのファミリー向けコメディ「Beverly Hills Chihuahua」が初登場1位を獲得。
2位は先週首位の「イーグル・アイ」
マイケル・セラとカット・デニングス出演のロマコメ「Nick and Norah's Infinite Playlist」は3位スタートとなりました。

ダイアン・レイン&リチャード・ギアのロマンス「最後の初恋」は4位に後退。
先週14館から拡大公開、1045館に上映館を増やしたエド・ハリス監督・主演の西部劇「Appaloosa」は公開3週目で37位から5位にランクイン!

そのほかの初登場ではデヴィッド・ザッカー監督のコメディ「An American Carol」が1639館、9位、ドキュメンタリー「Religulous」が502館、10位、グレッグ・ギニア出演の「Flash of Genius」が1098館、11位、フェルナンド・メイレレス監督の「ブラインドネス」が1690館、12位という暫定結果でスタート。

また、サイモン・ペッグ主演のコメディ「How to Lose Friends and Alienate People」は1750館、$1.4Mで暫定19位。
9館で上映の「Rachel Getting Married」は$303,000で高アベレージ!


10月3日-5日
1位 Beverly Hills Chihuahua $29M
2位 イーグル・アイ $17.7M
3位 Nick and Norah's Infinite Playlist  $12M
4位 最後の初恋 $7.4M
5位 Appaloosa  $5M
6位 Lakeview Terrace  $4.5M
7位 Burn After Reading  $4.08M
8位 Fireproof $4.07M
9位 An American Carol  $3.8M
10位 Religulous $3.5M


10月10日からは原作はデヴィッド・イグネイシアスのスパイ・スリラー、リドリー・スコット監督、レオナルド・ディカプリオの「Body of Lies」、ジェニー・デューブロの「エンバー―失われた光の物語」を映画化した「City of Ember」、ジェニファー・カーペンター主演のホラー・スリラー「Quarantine」、ゲイリー・フレダー監督、デニス・クエイド出演の実話を基にしたドラマ「The Express」などが公開。
 
[PR]

by hamchu | 2008-10-06 09:24 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/7548196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TV】レイチェル・テイラー、...      【映画】ガブリエル・ガルシア=... >>