2008年 11月 20日

映画原作関連ニュース 永遠の終り、ベン・キングズレー、The Amateur American…


★Half Shell EntertainmentがロックジャーナリストChuck Klostermanの書籍「Killing Yourself to Live: 85% of a True Story」の映画化権を取得。

Mark Burrell、James DeJulio、Rob Salvatoreが製作、作者のKlosterman が製作総指揮。

これ、本が刊行される前に権利が取引されていた様子があるんですが…

【関連】
映画原作関連ニュース ヘッドライン 05年3月20日

原作 Killing Yourself to Live: 85% of a True Story Chuck Klosterman / / Scribner


★「ロスト・イン・トランスレーション」、「マリー・アントワネット」の製作者ロス・カッツがポリティカル・サスペンス小説「The Amateur American」を脚色、監督する模様。

原作はJ. Saunders Elmoreのデビュー作品でPWで契約の記事が出ていたようですがまだ刊行されていないようです。


★New Regencyはアイザック・アシモフのタイムトラベルSF「永遠の終り」の映画化権を取得。

「ジャンパー」のヴィンス・ジェラルディス、Eli Kirschnerが製作総指揮。


★ベン・キングズレーの製作プロSBK Picturesが映画、及びTVミニシリーズの製作予定を発表。
キングズレー出演予定の作品に原作アリがありました。

第1次世界大戦を舞台にした「Jutland 1916」はNigel SteelとPeter Hartによる書籍「Jutland 1916: Death in the Grey Wastes」が原作。
キングズレーはJohn Jellicoe提督を演じる予定。
TVM「アルゴノーツ 伝説の冒険者たち」のニック・ウィリングが脚本。

原作 Jutland 1916: Death in the Grey Wastes (Cassell Military Paperbacks) Nigel Steel / / Cassell
  
[PR]

by hamchu | 2008-11-20 07:58 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/7674040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 未公開作品 DVD ディア マ...      【映画】Warner、ニコラス... >>