2008年 12月 18日

【映画】「ニュースの天才」のビリー・レイ、フリッツ・ライバーの「妻という名の魔女たち」を映画化


大学で人類学を教えるノーマンは、最愛の妻の部屋で奇妙な品々を見つけた。いずれも魔術の道具である。彼は妻を叱って、すべて捨てさせたが…ところがそのときから、順風満帆かと思われていた彼の教員生活は一転して嵐の日々に。では、あの品々は本当に彼を守ってくれていたのだろうか。

United ArtistsとStudioCanalはフリッツ・ライバーの「妻という名の魔女たち」を映画化、「ニュースの天才」、「アメリカを売った男」のビリー・レイが脚本・監督予定。

作者フリッツ・ライバーの父は映画俳優のフリッツ・ライバー。
この原作は何度か映像化されているようです(多分、日本未上陸)。

原作 妻という名の魔女たち (創元SF文庫) フリッツ ライバー 東京創元社
 
[PR]

by hamchu | 2008-12-18 12:33 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/7746080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 1992年 米 YEARLY ...      TVM作品 DVD U-20 ... >>