2009年 04月 01日

【TVM】ローレル・K・ハミルトンのヴァンパイア小説「アニタ・ブレイク・シリーズ」ドラマ化へ


アニタ・ブレイク―チャイナドールのように華奢で美しい若き女性。だが彼女の職業はふつうではない。特殊な技能で死者を蘇生させるのが仕事。さらに彼女には裏の顔があった!罪を犯したヴァンパイアを殺す処刑人として、闇の社会で恐れられていたのだ。しかしあるとき、宿敵たるヴァンパイアからの依頼を受ける。最近起こったヴァンパイア連続殺人事件の犯人をつきとめてほしい、と。最初は断ったものの、ビロードの声を持つ美貌のマスター・ヴァンパイア、ジャン=クロードとの宿命的な絆に囚われてしまい、やむなく捜査にあたることになり…

IFCはローレル・K・ハミルトンのベストセラーヴァンパイア小説アニタ・ブレイク・シリーズのTVMを「ファイナル・デスティネーション」、TV「霊能者アザーズ」のグレン・モーガン脚本、製作総指揮でドラマ化。

「ダンジョン&ドラゴン」、「アメリカン・ホーンティング 」のコートニー・ソロモンも製作総指揮予定。

原作 十字の刻印を持つふたり―アニタ・ブレイク・シリーズ〈1 ローレル・K. ハミルトン (著) ヴィレッジブックス
 
[PR]

by hamchu | 2009-04-01 09:07 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/8127267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ジェイ・マキナニーの「...      【映画】ニコラス・スパークス作... >>