2009年 05月 21日

【映画】ディーン・クーンツの「ハズバンド」映画化、オーレ・ボールネダルが監督へ


造園業を営む平凡な男ミッチにかかってきた電話。それが彼を地獄の底に突き落とした。最愛の妻が誘拐されたのだ。犯人は法外な身代金を要求、誰かに知らせたら妻の命はないと告げた。そして、単なる脅しでないことを示すため、目の前を歩いている男を射殺したのだ。ミッチは独力で妻を救おうと決意する。だが、想像もつかぬ敵が出現し、彼は窮地に陥っていく。

Focus Featuresはディーン・クーンツ(Dean Koontz)のスリラー「ハズバンド(The Husband)」映画化の監督として「モルグ」、ユアン・マクレガー主演のリメイク版「ナイトウォッチ」のオーレ・ボールネダルを起用する模様。

ボールネダルがグレン・ガーズの脚本からドラフト予定。

いや~この企画、まだ生きてたんですね(笑)。

【関連】
【映画】ディーン・クーンツの新作スリラー、映画化へ 06年4月6日

原作 ハズバンド ディーン クーンツ (著),  早川書房

原作 おもな登場人物
ミッチェル(ミッチ)・ラファティ 造園業者
ホリー ミッチの妻
アンソン ミッチの兄
ダニエル ミッチの父
キャサリン(キャシー) ミッチの母
イグネイシャス(イギー)・バーンズ 従業員
ジェイソン・オスティーン 高校時代の友人
ジュリアン・キャンベル
ジョン・ノックス
ジミー・ナル
サンディ・タガート 警部補
 
[PR]

by hamchu | 2009-05-21 08:42 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/8300856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ジョージ・クルーニー、...      映画原作関連ニュース 王国のゴ... >>