2009年 09月 15日

【映画】二コール・キッドマン主演の「世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語」、監督が決定?


「Let the Right One In」の監督Tomas Alfredson二コール・キッドマン主演の「The Danish Girl」を監督する模様。

Lucinda Coxonが脚色、原作はデビッド・エバーショフの「世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語
キッドマンとゲイル・マトラックス、Anne Harrison、リンダ・レイズマンが製作。

残念ながら以前にアナウンスされた相手役のシャーリーズ・セロンはこの企画から離脱した模様です。

Tomas Alfredsonといえば「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」映画化の企画があったと思うんですが…(【映画】ジョン・ル・カレの「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」映画化、監督が決定!

【関連】
【映画】ニコール・キッドマン、「世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語」映画版に出演 08年11月9日

原作 世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語 デビッド エバーショフ / / 講談社

原作 おもな登場人物
アイナー・ウェゲナー(リリー、リリー・エルベ)
グレタ アイナーの妻
ヴァウド夫人 グレタの母
アナ モデル
ハンス・アクシル
テディ・クロス グレタの最初の夫
ヘンリク・サンダール 画家
カーライル グレタの弟
アルフレッド・ボルク博士
クレプス婦長
 
[PR]

by hamchu | 2009-09-15 17:03 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/8967083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【Trailer】Under ...      【HP・Trailer】Cel... >>