2004年 03月 22日

【ランキング】今週の全米興行収益

今週末は「ドーン・オブ・ザ・デッド」が首位にたち、「パッション」は2位へ…ははは、やっぱりなあ、という感じでしょうか?
オリジナルのロメロ・ゾンビファンとしてはリメイクにかなり抵抗があったのですが、批評家の間では概ね好評なようです(笑 続編はできるかな)。

マイケル・パイの「人生を盗む男」の映画化アンジェリーナ・ジョリーの「テイキング・ライヴス」は3位スタート。
9分+8秒の映像は観客動員に影響はあったのか?
【映画の原作ニュース】9分+8秒
【映画の原作ニュース】映画の最初の10分間

同じく初登場、ミシェル・ゴンドリー監督、ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレットの「エターナル・サンシャイン(仮題)」は6位。劇場数が少々少ないといってもやや物足りないか?

そのほかの原作モノでは先週2位でスタートしたジョニデの「シークレット・ウィンドウ」は「スタハチ」に抜き返されて5位に。「Confessions of a Teenage Drama Queen」がまだ10位で頑張っております。

参考 全米映画興行収益 速報
[PR]

by hamchu | 2004-03-22 07:47 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/91731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画の原作ニュース】クローネ...      【映画の原作ニュース】「コール... >>