2009年 11月 19日

【映画】ジョシュ・クラウスナー、「人生最高の10のできごと」を脚色


わたしは死んだ。29歳のある夜、突然に。気がつけば天国にいて、そこはなんでも思い通りになるすばらしい場所。ずっと憧れていた家に住み、クローゼットには憧れの服や靴。食べ物は想像するだけで現われ、お腹いっぱい食べても太らない。まるで夢みたい! ただし、ここに住み続けるために合格しなければならないテストがあるという。こうしてアレックスは、人生でもっとも良かったできごとを10選ぶことになる…

エミー・アダムズ出演、ショーン・レヴィ監督予定、アディーナ・ハルパーン(Adena Halpern)の小説「人生最高の10のできごと(The Ten Best Days of My Life)」映画版の脚本家として「Date Night」、「4thフロアー」のジョシュ・クラウスナーが起用される模様。

【関連】
映画原作関連ニュース The Ten Best Days of My Life、The Buffalo Soldier… 08年12月17日

原作 人生最高の10のできごと アディーナ・ハルパーン (著), 早川書房 
 
[PR]

by hamchu | 2009-11-19 14:20 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/9270245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【HP・Trailer】The...      【映画】サム・ニールとヒューゴ... >>