2009年 12月 15日

映画原作関連ニュース 高慢と偏見とゾンビ、Killing Bono、Fallen


★ナタリー・ポートマンがSeth Grahame-Smithのベストセラー「Pride and Prejudice and Zombies」映画版に出演・製作する模様。

Annette Savitch、リチャード・ケリー、ショーン・マッキトリックらも製作予定。

この本、オカシイですよね(笑)。実に私向きというか…(WWZ←「World War Z」のこと が終わったら読もうと思ってる。いや、ときどき無性にゾンビばっかり読みたくなるんですよね~)

原作 Pride and Prejudice and Zombies: The Classic Regency Romance-Now with Ultraviolent Zombie Mayhem  Seth Grahame-Smith (著), Jane Austen (著)  Quirk Books


★「お買いもの中毒な私!」のクリステン・リッターがベン・バーンズ出演のインディ系「Killing Bono」に出演する模様。

監督は「穴」、「アダム -神の使い 悪魔の子-」のニック・ハム。
原作はNeil McCormickの「Killing Bono: I Was Bono's Doppelganger」

チャーリー・コックスとRobbie Sheehanも出演のこの映画、「マンマ・ミーア!」のマーク・ハッファム、Piers Tempest、イアン・フルックスが製作。

原作 Killing Bono: I Was Bono's Doppelganger  Neil McCormick (著)  MTV 


★ディズニーはLauren KateのYA小説「Fallen」のオプション権を取得、「オールド・ルーキー」のマーク・シアーディ、ゴードン・グレイ製作で映画化予定。

原作 Fallen Lauren Kate (著)  Doubleday & Co Inc 
 
[PR]

by hamchu | 2009-12-15 15:48 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/9434923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by チェシャ猫 at 2009-12-16 00:14 x
Pride and Prejudice and Zombies」も「WWZ」も、来年、翻訳が出るみたいですね。
Commented by hamchu at 2009-12-16 03:36
そうなんですか!どこの出版社が出してくださるのでしょうか。これは来年がすっごく楽しみです。生きててよかった(←そこまで?)。
Commented by チェシャ猫 at 2009-12-16 10:51 x
「WWZ」は来年前半に文春からです。前者は諸説あるので確認中(汗)。
Commented by hamchu at 2009-12-16 13:18
文春さん!フィリップ・ナットマンの「ウェットワーク」が思い出されますね(笑)。邦題は何になるのでしょうか(ここは調子に乗って「The Zombie Survival Guide」の方もお願いしたい)。
「Pride and Prejudice and Zombies」は日本の女性はあんまり買わないだろうなあ~どうですかね?
Commented by チェシャ猫 at 2009-12-18 21:14 x
「Pride and Prejudice and Zombies」の元ネタが、日本ではどの程度知られているのか、という問題がまずありそうな・・・。
 しかし、「ウェットワーク」をご存じとは、なかなかのマニアですね(微笑)。うれしいです。
Commented by hamchu at 2009-12-21 09:03
コアーなオースティンファンなら読むかもしれない?(これがファンがめちゃくちゃ多い「赤毛のアンとゾンビ」←どんなんじゃ だったらどうでしょうか 笑)
はっはっは、私は愛読書「ゾンビ手帖」、リスペクト伊東美和氏なゾンビファン(だからどんなんだって)。「ウェットワーク」も短編の方がいいですよねー。
Commented by PPZ編集部 at 2009-12-21 09:42 x
お目が高い!
"Pride and Prejudice and Zombies"の邦訳『高慢と偏見とゾンビ』は二見書房より1月21日頃発売予定です。
血しぶきたっぷりでご期待ください!
Commented by hamchu at 2009-12-21 09:53
おお~二見書房さん!それも来年そうそう読めるとは!これは本当に来年がすっごく楽しみです(生きててよかった←そればっかり)。
Commented by hamchu at 2010-03-24 09:12
もしかして「WWZ」は単行本?(コアな層?の財布を狙ってきてますか?)
Commented by チェシャ猫 at 2010-03-24 13:51 x
そう、単行本(4月10日発売、2100円とか)♪
映画のほうは、『007慰めの報酬』の監督がタッチしたものの、もっと予算を出せ! もっと派手にしろ! とごねているそうです。せっかくOKが出たストラジンスキーの脚本が没になるのかしらん? いやだなあ。
Commented by hamchu at 2010-03-24 14:07
マーク・フォースター、結構チャレンジングなんで実は密かに応援しています(私としては彼が「カイトランナー」を映画化したことが大きいようですな)。
おい、投資会社、金、出してやれい!(←何様?いや、遠~い外野の声です 笑)こけても責任はとれませんが…(適当なこと言いたい放題!それでこそ外野!←ホントか?)
もしもの場合は監督の首を挿げ替えて、脚本を死守?(←もっとだめジャン)


<< ゴールデン・グローブ賞 ノミネ...      NY批評家協会賞 発表 >>