2010年 01月 12日

【映画】アントワーン・フークア監督、ヴィンス・フリンのスパイ小説を映画化


アントワーン・フークアがCBS Filmsのスパイスリラー「Consent to Kill」を監督する模様。

ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ、ニック・ウェクスラーが製作、原作はヴィンス・フリン(Vince Flynn)の05年の同名小説。
というわけで、今回映画化が発表されたのはミッチ・ラップ・シリーズでも日本語訳が出てない作品となってしまいました(08年時点ではどれが映画化されるのか不明だった←登場人物表、準備していたのになあ~)。

脚本は「ディアボロス/悪魔の扉」、ディボナヴェンチュラ&フークアの「ザ・シューター/極大射程」のジョナサン・レムキン。

【関連】
【映画】CBS Films、ヴィンス・フリンのベストセラー諜報小説を映画化 08年2月14日

原作 Consent to Kill: A Thriller Vince Flynn (著)  Pocket Star
 
[PR]

by hamchu | 2010-01-12 16:29 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/9639976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【HP・Trailer】Hen...      「サンダーボール作戦」はイアン... >>