2010年 01月 22日

【映画】マーティン・スコセッシ、次の企画は「ユゴーの不思議な発明」の映画化?


今日はVarietyから面白いBreaking Newsが届きますな(in talksなネタだけど 笑)。

舞台は1930年代のパリ。主人公はパリ駅の時計台に隠れ住む12歳の孤児ユゴー。彼は、父が遺したからくり人形に隠された秘密を探っていくうちに、不思議な少女イザベルに出会う。からくり人形には二人の運命をも変えていく秘密が隠されていたのだ。...からくり人形のぜんまいが動き始めるとき、眠っていた物語が動き出す!

マーティン・スコセッシはブライアン・セルズニック(Brian Selznick)の児童書「ユゴーの不思議な発明(The Invention of Hugo Cabret)」映画化を次の企画にしたいと考えている模様。

脚本は「ラスト・サムライ」、「アビエイター」のジョン・ローガン、製作はGK Films、「ディパーテッド」のグレアム・キング。

GK Filmsは5月製作スタートを視野にいくつかのスタジオ(ソニー、パラマウント含む←あれ?ワーナーは 笑)と交渉を進めているそうな。

【関連】
【映画】ブライアン・セルズニックのベストセラー児童書、マーティン・スコセッシが映画化? 07年2月22日
【映画】アイス・エイジのクリス・ウェッジ、「ユゴーの不思議な発明」を監督 08年5月6日

原作 ユゴーの不思議な発明 ブライアン セルズニック (著), アスペクト

原作 おもな登場人物
ユゴー・カブレ
老人 パパ・ジョルジュ
少女 イザベル
ユゴーの父 時計職人
ママ・ジャンヌ
クロード ユゴーのおじ
エティエンヌ
ムッシュ・ラビス 本屋
マダム・モリエール
ルネ・タバール
ムッシュ・フリック
マダム・エミール
公安官
 
[PR]

by hamchu | 2010-01-22 11:16 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/9729498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2010-01-25 19:53
eiga.comのニュースを読んで訳し間違えたかと思いました(私は一応Variety記事原文を読んでます)。元記事にはワーナー製作の文字はないはず。
この部分は「is in discussions with a number of studios including Sony and Paramount about distributing "Hugo Cabret"」
その前には「GK Films will independently produce」とも書いてありますです。
Commented by チェシャ猫 at 2010-01-25 20:30 x
だいじょうぶ、管理人さんはまちがっていませんよ♪
Commented by hamchu at 2010-01-27 09:17
よかった~間違ってなくて(笑)。いや、ほかと内容が違っていると反射的にああっ、またやってしまった(いかんっ!)と思ってしまいまして…(だいたいは実際にやっちゃってるんですが…)

あれですよね、多分Varietyは今年あたりから無料で記事が読めなくなったんですよね(昔のように課金性に戻ったという…)。ネットのニュースもそういう流れなんですね~(THRが課金性になったらどうするか、わかんないなあ。こういうの一気に払うと高い気がするんですが、毎日見ると思えばそんなに高くないような…)
Commented by hamchu at 2010-03-16 08:56
キャスティングのニュースが出てる雰囲気ですがちょっと様子見。もうちょっとっしたらバーっとでるかな?


<< 映画原作関連ニュース ジェフ・...      【映画】ショーン・ペンとロバー... >>