2010年 02月 11日

【映画】Egoli Tossell、ウォルター・スコットの「アイヴァンホー」を映画化へ


武勇並びなき騎士アイヴァンホーとロウィーナ姫とのロマンスを中心に、獅子王リチャードが変装した黒衣の騎士や義賊ロビンフッドが縦横に活躍する痛快無比の歴史小説。

ベルリンのEgoli Tossellがウォルター・スコット(Walter Scott)の古典小説「アイヴァンホー(Ivanhoe)」を映画化する模様。

「ハムナプトラ」シリーズのジェームズ・ジャックスが脚本、製作、「インクハート/魔法の声」のイアン・ソフトリーが監督、この秋に製作開始、という話です。

私、この本大好きなんですよね。岩波の翻訳はやっぱりなんだか読みにくいんですが(笑)。

原作 
アイヴァンホー 上 ウォルター スコット (著), 岩波書店
アイヴァンホー 下 ウォルター スコット (著), 岩波書店
 
[PR]

by hamchu | 2010-02-11 10:00 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/9928208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kristin at 2010-02-11 15:07 x
プチお久しぶりでございます。はむちゅうさんとチェシャ猫さんとの会話を楽しく拝見してます^^。(「高慢と偏見とゾンビ」は注文しました!)
「黒騎士」のビデオを図書館で借りよう借りようと思いつつ今日まで来てしまっていたのでこれを機会に観ようと思います。
Commented by hamchu at 2010-02-12 12:32
kristinさん、こんにちは!
このところは何か間違ってもチェシャ猫さんがご指摘くださるに違いない、と妙~な安心感が(←コラコラ 笑)。チェシャ猫さんは本当にいろいろとよくご存知なので、これからも甘えさせていただきたいものだ、と密かに考えているところです(また勝手に…)。

「高慢と偏見とゾンビ」、発売日に書店に行けなかったので次の日最寄の本屋に行ったところ、ない!(発売初日で完売…したわけではないですね、多分)
まさか、赤ちゃんベビーカーで電車に乗って「高慢と偏見とゾンビ」を買いに行くことになるとは思わなかったですわ(そこの書店は二見書房さんの本はたいてい入るのです)。
そうまでして手に入れたのに、なんだか読むのがもったいない?気がして未だにチビチビしか読んでないし!私の行動なんてたいていこんなもんです。

「黒騎士」ってたまに見たくなるんですよね。ああ~なんだか見たくなってまいりました(今、何かと忙しいというのに… 笑)。
Commented by チェシャ猫 at 2010-02-13 09:59 x
は~くしょんっ!(誰かが噂を・・・)


<< 【映画】ジェイミー・ベル、ジュ...      映画原作関連ニュース リチャー... >>