2010年 02月 17日

【映画】マルティン・ズーターの「縮みゆく記憶」映画化


スイスの大手企業を牛耳るコッホ家の別荘管理人のコンラートは、誤って別荘を全焼させてしまった。
しかし、コッホ家の影の当主である創業者の元妻エルヴィラはなぜか彼を解雇せずにイタリアに行かせた。コンラートはそこで裕福な未亡人と知り合い幸せな生活を送っていたが、やがてアルツハイマー病を発病する。再びコッホ家に戻り治療を始めたコンラートだったが、そこに彼の記憶が蘇るのを恐れる人物がいた…

Quad Filmsのジェラール・ドパルデュー主演、マルティン・ズーター(Martin Suter)のサイコ・スリラー「縮みゆく記憶(Small World)」を映画化する企画が進行中。

「バルニーのちょっとした心配事」のブリュノ・シッシュが監督、ナサニエル・ベイル、アレクサンドラ・マリア・ララ、Neils Arestrup、フランソワーズ・ファビアンが共演。

原作 縮みゆく記憶 マルティン ズーター (著), ランダムハウス講談社
 
[PR]

by hamchu | 2010-02-17 13:53 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/9982834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ヴァンサン・カッセルが...      【TV】Past Life T... >>