2006年 05月 18日 ( 2 )


2006年 05月 18日

【映画】ギレルモ・デル・トロ、ロアルド・ダールの「魔女がいっぱい」を映画化

a0000270_20555257.jpgこの世の中、ほんとは魔女がウジャウジャいるんだよ…。ぐうぜん魔女たちの集会にまよいこんじゃった少年。魔女に見つかり、ネズミにされてしまう! 少年は祖母の知恵をかり、世界中の魔女たちに戦いを挑む。

「ヘルボーイ」、「ブレイド2」のギレルモ・デル・トロがアルフォンソ・キュアロンと「The Witches」を製作する模様(デル・トロが脚本・監督、キュアロンが製作)。

これはロアルド・ダールの「魔女がいっぱい」(評論社)を映画化するもの。

この本、ニコラス・ローグ監督で89年に映画化されていますが、この作品、今はなかなかお目にかかれない?(ビデオタイトル「ジム・ヘンソンのウィッチズ/大魔女をやっつけろ!」 アンジェリカ・ヒューストンが出ている)

ダール作品の映画化はウェス・アンダーソン監督により「The Fantastic Mr. Fox」(「父さんギツネ バンザイ」 最近は「すばらしき父さん狐」のタイトルでロアルド・ダール コレクションから刊行)も映画化予定。
 
表紙 魔女がいっぱい ロアルド ダール Roald Dahl Quentin Blake 清水 達也 鶴見 敏 クェンティン ブレイク / 評論社
 

原作 おもな登場人物
ぼく
おばあちゃん
大魔女
ティミー
スプリングおばさん
ストリンガー氏 ホテル支配人
ブルーノ・ジェンキンズ
ジェンキンズさん
ジェンキンズ夫人
 
[PR]

by hamchu | 2006-05-18 20:53 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2006年 05月 18日

【HP・Trailer】50 Ways of Saying Fabulous

Graeme Aitkenの小説を映画化したニュージーランド映画「50 Ways of Saying Fabulous」のオフィシャル・サイト、Trailer。

http://www.fiftywaysofsayingfabulous.com/

1975年夏のニュージーランド、主人公は12歳の少年ビリー。彼はラグビーをするよりTVのヒロインに憧れるややぽっちゃりした(女の子っぽい)男の子である…

監督・脚本はスチュワート・メイン。
主人公ビリーにAndrew Patterson、ビリーのいとこルーにHarriet Beattie、ビリーの伯母エヴリーにRima Te Wiata。
その他Michael Dorman(ジェイミー)、Jay Collins(ロイ)などが出演。

昨年のトロント映画祭で上映、米では6月にNYに限定公開予定。


50 Ways of Saying Fabulous 05年ニュージーランド

監督・脚本:スチュワート・メイン
製作:Michele Fantl
音楽:Peter Scholes
出演:にAndrew Patterson、Harriet Beattie、Rima Te Wiata、Michael Dorman、Jay Collins
原作:Graeme Aitken 「50 Ways of Saying Fabulous」
 
50 Ways of Saying Fabulous Graeme Aitken / Green Candy Pr
[PR]

by hamchu | 2006-05-18 10:15 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)