2017年 10月 24日 ( 2 )


2017年 10月 24日

【映画】ディー・リース、「マクマホン・ファイル」を映画化へ

 
有能な女性ジャーナリストのエレナは1984年の大統領予備選挙の報道記者グループから抜けたあと急病の父親に代わってカリブ海での取り引きにかかわるようになる。そこには想像もつかない国際的陰謀が隠されていた…

ディー・リースがジョーン・ディディオン(Joan Didion)のポリティカル・スリラー「マクマホン・ファイル(The Last Thing He Wanted)」を映画化する模様。

Marco Villalobosが脚色。

ディー・リース、「Mudbound」がかなり話題になりそうですが次はこれですか。

ジョーン・ディディオンというとキャンベル・スコットが「日々の祈りの書」を映画化するという話がありましたが(映画・TV原作関連ニュース 日々の祈りの書、Divergent、Killer Women…)これも何処へ行っちゃったやら。

原作 マクマホン・ファイル ジョーン・ディディオン 文藝春秋

原作 おもな登場人物
わたし リリアン・オーエン
エレナ・マクマホン
トリート・オースティン・モリソン
ウィン・ジャンクロー エレナの前夫
キャサリン エレナの娘
ディック(リチャード・アレン)・マクマホン エレナの父
ダイアン トリートの妻
バリー・セドロー
マックス・エッパーソン
モート・サイモン
アレグザンダー(アレックス)・ブロコー
マーク・バークイスト
ボブ・ウェア
ポール・シュスター
アルバロ・ガルシア・スタイナー大佐

 
[PR]

by hamchu | 2017-10-24 15:57 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 24日

【Trailer】天国でまた会おう Au revoir la-haut

 
膨大な犠牲者を出して、大戦は終わった。
真面目な青年アルベールは、戦争で職も恋人も失ってしまう。画才に恵まれた若きエドゥアールは顔に大怪我を負い、家族とのつながりを断つ。戦死者は称揚するのに、生き延びた兵士たちには冷淡な世間。支え合いながら生きる青年たちは、やがて国家を揺るがす前代未聞の詐欺を企てる!



ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre)の「天国でまた会おう」を映画化「Au revoir la-haut」のTrailer!

監督、脚色、出演はアルベール・デュポンテル、仏では17年10月25日公開。

Au revoir la-haut 17年仏
監督・脚色:アルベール・デュポンテル
制作:カトリーヌ・ボゾルガン
音楽:クリストフ・ジュリアン
撮影:ヴァンサン・マチアス
原作:天国でまた会おう ピエール・ルメートル 早川書房
出演:ナウエル・ペレ・ビスカヤー、アルベール・デュポンテル、ロラン・ラフィット、ニエル・アレストリュプ、エミリー・ドゥケンヌ

原作 おもな登場人物
アルベール・マイヤール (アルベール・デュポンテル)
アンリ・ドルネーニ=プラテル中尉 (ロラン・ラフィット)
セシル (Eloise Genet)
エドウァール・ペリクール (ナウエル・ペレ・ビスカヤー)
マドレーヌ アルベールの姉 (エミリー・ドゥケンヌ)
マルセル・ペリクール アルベールの父 (ニエル・アレストリュプ)
ラブルダン (フィリップ・ウシャン)
ベルモン夫人 (Axelle Simon)
ルイーズ (Heloise Balster)
リュシアン・デュプレ (Kyan Khojandi)
ジョゼフ・メルラン (ミシェル・ヴュイエルモーズ)
ポリーヌ (メラニー・ティエリー)

 
[PR]

by hamchu | 2017-10-24 07:32 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)