2017年 11月 14日 ( 2 )


2017年 11月 14日

【映画】ジョン・エルダー・ロビソンの「Switched on」、エマ・フロストが脚色へ

 
Focus Featuresとドン・ハンドフィールドはジョン・エルダー・ロビソン(John Elder Robison)の書籍「Switched on: A Memoir of Brain Change and Emotional Awakening」の権利を取得、エマ・フロストが脚色する模様。

[内容]
Imagine spending the first forty years of your life in darkness, blind to the emotions and social signals of other people. Then imagine that someone suddenly switches the lights on.
It has long been assumed that people living with autism are born with the diminished ability to read the emotions of others, even as they feel emotion deeply. But what if we’ve been wrong all this time? What if that “missing” emotional insight was there all along, locked away and inaccessible in the mind?
In 2007 John Elder Robison wrote the international bestseller Look Me in the Eye, a memoir about growing up with Asperger’s syndrome. Amid the blaze of publicity that followed, he received a unique invitation: Would John like to take part in a study led by one of the world’s foremost neuroscientists, who would use an experimental new brain therapy known as TMS, or transcranial magnetic stimulation, in an effort to understand and then address the issues at the heart of autism? Switched On is the extraordinary story of what happened next.
Having spent forty years as a social outcast, misreading others’ emotions or missing them completely, John is suddenly able to sense a powerful range of feelings in other people. However, this newfound insight brings unforeseen problems and serious questions. As the emotional ground shifts beneath his feet, John struggles with the very real possibility that choosing to diminish his disability might also mean sacrificing his unique gifts and even some of his closest relationships. Switched On is a real-life Flowers for Algernon, a fascinating and intimate window into what it means to be neurologically different, and what happens when the world as you know it is upended overnight.

原作 Switched On: A Memoir of Brain Change and Emotional Awakening John Elder Robison Spiegel & Grau

 
[PR]

by hamchu | 2017-11-14 16:38 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 14日

【映画】ラッセル・クロウとジョージ・マッケイ、「ケリー・ギャングの真実の歴史」に出演へ

 
19世紀、オーストラリア。貧しいアイルランド移民の子ネッド・ケリーは、幼いころから獄中の父にかわり、母と6人の姉弟妹を支えてきた。父の死後、母はネッドを山賊ハリー・パワーに託す。だがそのせいで、ネッドはわずか15歳で馬泥棒の共犯容疑で逮捕されることになった。
出所したネッドは、美しい娘メアリーと出会い恋に落ちるが、ようやくつかんだ幸せも長くは続かない。横暴な警察は、難癖をつけてはネッドや家族を投獄しようとしてくる。いまや、ネッドと弟のダン、二人の仲間たち“ケリー・ギャング”は、国中にその名を轟かすおたずね者となっていた。あまりの理不尽さに、遂にネッドは仲間と共に立ち上がるが…

ラッセル・クロウとジョージ・マッケイがジャスティン・カーゼル監督の「True History of the Kelly Gang」に出演する模様。

ニコラス・ホルト、エシー・デイヴィス、トラヴィス・フィメル、ショーン・キーナン、デイカー・モンゴメリー、Harry Greenwood、Thomasin McKenzie、Earl Caveも出演、ピーター・ケアリー(Peter Carey)の同名小説「ケリー・ギャングの真実の歴史」をショーン・グラントが脚色。

撮影は3月にオーストラリアのビクトリア州で開始、リズ・ワッツ、Hal Vogel、Brad Feinsteinが制作、作者のケアリー、デヴィッド・オーキン、ヴィンセント・シーハン、Joseph F. Ingrassiaが制作総指揮。

キャスティングはジョージ・マッケイがネッド・ケリーということ以外は今のところ不明。
ラッセル・クロウとニコラス・ホルトあたり?という感じですが…

原作 ケリー・ギャングの真実の歴史 ピーター・ケアリー 早川書房

原作 おもな登場人物
ネッド(エドワード)・ケリー
エレン・クイン 母
レッド・ケリー 父
マギー 妹
ジミー・クイン 叔父
ケイト 妹
ジェム 弟
アニー 姉
ダン 弟
グレイス 妹
ジェイムズ 
ハリー・パワー
アレックス・ガン アンの夫
ビル・フロスト
ジェイムズ・ウィッティ
ホイーラン巡査部長
ジャック・ロイド
トム・ロイド
ヘア警視
スコッツ・ニコルソン警視
ジョン・フィッツパトリック巡査
ケイト・ロイド 
パット・クイン
ホール巡査
ワイルド・ライト
フラッド巡査
ジョージ・キング
ジョー・バーン
ビル・スキリング マギーの夫
スティーヴ・ハート
アレックス(アレグザンダー)・フィッツパトリック巡査
メアリー・ハーン
アーロン・シェリット
トーマス・カーナウ

 
[PR]

by hamchu | 2017-11-14 08:00 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)