2017年 11月 20日 ( 2 )


2017年 11月 20日

【TV】Souad Mekhennetの「I Was Told To Come Alone」ドラマ化へ

 
エリザベス・カンティロンの The Cantillon CompanyはSouad Mekhennetの書籍「I Was Told To Come Alone: My Journey Behind the Lines of Jihad」をドラマシリーズ化する模様。

カンティロンはジョン・リーブマン、Missy Malkinと制作。

[内容]
I was told to come alone. I was not to carry any identification, and would have to leave my cell phone, audio recorder, watch, and purse at my hotel . . .For her whole life, Souad Mekhennet, a reporter for the Washington Post who was born and educated in Germany, has had to balance the two sides of her upbringing - Muslim and Western. She has also sought to provide a mediating voice between these cultures, which too often misunderstand each other.In this compelling and evocative memoir, we accompany Mekhennet as she journeys behind the lines of jihad, starting in the German neighbourhoods where the 9/11 plotters were radicalised and the Iraqi neighbourhoods where Sunnis and Shia turned against one another, and culminating on the Turkish/Syrian border region where ISIS is a daily presence. In her travels across the Middle East and North Africa, she documents her chilling run-ins with various intelligence services and shows why the Arab Spring never lived up to its promise. She then returns to Europe, first in London, where she uncovers the identity of the notorious ISIS executioner 'Jihadi John', and then in France, Belgium and her native Germany, where terror has come to the heart of Western civilisation.Mekhennet's background has given her unique access to some of the world's most wanted men, who generally refuse to speak to Western journalists. She is not afraid to face personal danger to reach out to individuals in the inner circles of Al Qaeda, the Taliban, ISIS and their affiliates; when she is told to come alone to an interview, she never knows what awaits at her destination.Souad Mekhennet is an ideal guide to introduce us to the human beings behind the ominous headlines, as she shares her transformative journey with us. Hers is a story you will not soon forget.

原作 I Was Told To Come Alone: My Journey Behind the Lines of Jihad (English Edition) Souad Mekhennet Virago Press Ltd

 
[PR]

by hamchu | 2017-11-20 17:33 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 20日

全米映画興収速報 17年11月20日 「ジャスティス・リーグ」が$96Mで初登場1位を獲得!

 
今週は
4051館で上映、DCスーパーヒーローズ「ジャスティス・リーグ」が$96Mで初登場1位を獲得!
2位は3096館、ジェイコブ・トレンブレイ主演、R・J・パラシオのベストセラー児童書「ワンダー Wonder」を映画化した「Wonder」が$27.05M、
3位に先週首位の「マイティ・ソー バトルロイヤル」
となりました。

ティモシー・レッカート監督のソニーのアニメーション「The Star」は2837館で上映、$10Mで6位スタート。

先週10位の「Lady Bird」が+201館で238館になって8位、
先週27位の「スリー・ビルボード」は+49館で53館になって9位にランクイン。

その他の初登場では
ダン・ギルロイ監督、デンゼル・ワシントン出演のスリラードラマ「Roman J. Israel, Esq.」が4館、$65,000で暫定30位、
ノラ・トゥーミー監督、アンジェリーナ・ジョリー製作でデボラ・エリス(Deborah Ellis)のYA小説「生きのびるために / アフガンを生きぬく少女 」をアニメ化した「The Breadwinner」が3館、$19,530(暫定35位)、
ジェイミー・M・ダグ監督、ジョン・バーンサル出演のスリラー「Sweet Virginia」が1館、$5,084(暫定40位)
といった感じ。


11月17日-19日
1位 ジャスティス・リーグ $96M
2位 Wonder $27.05M
3位 マイティ・ソー バトルロイヤル $21.786M
4位 Daddy's Home 2 $14.8M
5位 オリエント急行殺人事件 $13.8M
6位 The Star $10M
7位 A Bad Moms Christmas $6.89M
8位 Lady Bird $2.529M
9位 スリー・ビルボード $1.115M
10位 ジグソウ:ソウ・レガシー $1.07M


11月22日からは
日本公開は18年3月16日、ピクサーの「リメンバー・ミー」
ゲイリー・オールドマンがウィンストン・チャーチルを演じるジョー・ライト監督の伝記ドラマ「Darkest Hour」
ダン・スティーヴンスがチャールズ・ディケンズを演じるバハラット・ナルルーリ監督の伝記ドラマ「The Man Who Invented Christmas」
11月24日からは
アーミー・ハマー出演、ルカ・グァダニーノ監督のドラマ「Call Me By Your Name」(原作はAndre Acimanの同名小説)
リリ・フィニー・ザナック監督のドキュメンタリー「Eric Clapton: Life in 12 Bars」
あたりが公開予定。

 
[PR]

by hamchu | 2017-11-20 07:33 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)