2017年 11月 22日 ( 2 )


2017年 11月 22日

【映画】ゼンデイヤ、「A White Lie」に出演へ

 
Karin Tanabeの小説「The Gilded Years」を映画化する「A White Lie」にゼンデイヤが出演する模様。

Monica Beletskyが脚色、ゼンデイヤ、リース・ウィザースプーン、Lauren Neustadter が制作。

[内容]
In 1897, one young woman risks everything to earn a college degree but the secret she hides could be her undoing. "Passing" meets "The House of Mirth" in this captivating reimagining of a remarkable true story.
Since childhood, Anita Hemmings has longed to attend the country s most exclusive school for women, Vassar College. Now, a bright, beautiful senior in the class of 1897, she is hiding a secret that would have banned her from admission: Anita is the only African-American student ever to attend Vassar. With her olive complexion and dark hair, this daughter of a janitor and descendant of slaves has successfully passed as white, but now finds herself rooming with Louise Lottie Taylor, the scion of one of New York s most prominent families.
Though Anita has kept herself at a distance from her classmates, Lottie s sphere of influence is inescapable, her energy irresistible, and the two become fast friends. Pulled into her elite world, Anita learns what it s like to be treated as a wealthy, educated white woman the person everyone believes her to be and even finds herself in a heady romance with a moneyed Harvard student. It s only when Lottie becomes infatuated with Anita s brother, Frederick, whose skin is almost as light as his sister s, that the situation becomes particularly perilous. And as Anita s college graduation looms, those closest to her will be the ones to dangerously threaten her secret.
Set against the vibrant backdrop of the Gilded Age, an era when old money traditions collided with modern ideas, Tanabe has written an unputdownable and emotionally compelling story of hope, sacrifice, and betrayal and a gripping account of how one woman dared to risk everything for the chance at a better life.

原作 The Gilded Years (Thorndike Press Large Print Historical Fiction) Karin Tanabe Thorndike Pr; Lrg版

 
[PR]

by hamchu | 2017-11-22 16:15 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 22日

【映画】ジェイムズ・フレイの「こなごなに壊れて」、アーロン・テイラー=ジョンソンで映画化か

 
10歳ではじめて酔っ払い、14歳で初のブラックアウト。15歳でクスリを始めた。クラック、スピード、LSD…ある日ブラックアウトから目を覚ますと、前歯がなく、鼻の骨が折れ、血まみれで飛行機の中にいた。なにがあった?なぜここにいる?どうやったら逃げられる?ぼくはいったいだれだ?アルコールとドラッグ漬けのイカれた連中ばかりが集まる矯正施設で、ぼくを治そうというイカれた人々。無理だ、やめてくれ、生きる価値などないんだから―。記憶のかけらを一つ一つ拾い集めながら、自分自身を取り戻していく23歳の青年の魂の軌跡。

アーロン・テイラー=ジョンソンがサム・テイラー=ジョンソン監督の「A Million Little Pieces」に出演する?という話が登場。

原作はジェイムズ・フレイ(James Frey)の同名書籍「こなごなに壊れて」

この本は当初ノンフィクション自伝(memoir)としてベストセラーになりながら、実は創作的部分が多く含まれていたと大騒動になったことでも有名(この時期はこういう悲惨な体験を綴った自伝が流行ってたんですよね)。
「ミーシャ ホロコーストと白い狼」はきな臭い、これは文学的に出来すぎな印象で、J・T・リロイには完全に騙された、な感じなんですが、いわゆるノンフィクションとして売られているもの、どこまで実話なんかいというのは読むたびに結構考えたり…お医者さんや弁護士さんの執筆した記事だって患者やクライアントのことそう簡単に書けないですもんね(←ただし読み手はそれが本当にあったこと、記事の人物がそのまま実在すると感じてしまうようだけど)。
それはさておきアーロン・テイラー=ジョンソン&サム・テイラー=ジョンソンでこの本じゃ話題には事欠かない(笑)。完成するまでもああだこうだ言われることになるでしょう。

原作 こなごなに壊れて ジェイムズ・フレイ 講談社

原作 おもな登場人物
ぼく ジェイムズ・フレイ
おやじ ボブ
おふくろ
ベイカー医師
リリー
ロイ
ラリー
ウォレン
ジョン・エヴェレット
ケン
ハンク
レオナルド
リンカーン
ジョアンヌ 心理カウンセラー
テッド
兄貴 ボブ
エド
マーティ・ジャクソン
マイルズ
ボビー
ランドル 弁護士

 
[PR]

by hamchu | 2017-11-22 08:04 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)