2017年 06月 24日

【映画】「クレヨンからのおねがい」映画化へ

 
ケビンが絵をかこうとクレヨンの箱を出すと、自分宛の手紙の束がありました。12色のクレヨンからです。人気色で忙しすぎるから休みたいとか、もっと自分を使ってほしいなど…クレヨンの気持ちが伝わってくるユニークな絵本!

Sony Picturesはドリュー・デイウォルト(Drew Daywalt)のベストセラー絵本「クレヨンからのおねがい(The Day the Crayons Quit)」の権利を取得、21 Lapsのショーン・レヴィ、ダン・コーエン制作で映画化予定。

デイウォルトと絵担当のオリヴァー・ジェファーズが制作総指揮。

原作 クレヨンからのおねがい! ドリュー・デイウォルト ほるぷ出版

 
[PR]

# by hamchu | 2017-06-24 16:56 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 23日

【Trailer】So B. It 

 
サラ・ウィークス(Sarah Weeks)のYA小説をスティーヴン・ギレンホールが映画化、タリタ・ベイトマン、アルフレ・ウッダード出演の「So B. It」のTrailer!



アルフレ・ウッダードの役はやっぱりオイシイ!(ほかもみんないい人なんですが…)

So B. It 17年米
監督:スティーヴン・ギレンホール
脚色:Garry Williams
制作総指揮:Scott Donley、マイケル・ネルソン、Adam Tenenbaum
制作:J・トッド・ハリス、Orien Richman
音楽:ニック・ウラタ
撮影:パトリック・ムルギア
原作:SO B. IT (ソー・ビー・イット) サラ・ウィークス エクスナレッジ
出演:タリタ・ベイトマン、アルフレ・ウッダード、ジャシンダ・バレット、ジェシカ・コリンズ、ジョン・ハード、ダッシュ・ミホク

【関連】
【映画】アルフレ・ウッダード、「So B. It」に出演へ 15年6月12日
【映画】ジョン・ハード、クロリス・リーチマンら「So B. It」に出演へ 15年7月6日

原作 おもな登場人物
あたし ハイディ (タリタ・ベイトマン)
母さん (ジェシカ・コリンズ)
バーナデットおばさん(バーニーおばさん) (アルフレ・ウッダード)
ザンダー(アレグザンダー) (Mataeo Mingo)
サーマン・ヒル (ジョン・ハード)
ジュディ
アリス・ウィンスキー (クロリス・リーチマン)
ジョージア・スウィート
ディーディー・モンロー
エリオット(エリー) (マイケル・アーデン)
ルビー (ジャシンダ・バレット)
サリー
ロイ・フランクリン 保安官、ルビーの夫 (ダッシュ・ミホク)
ディーツさん 弁護士
ダイアン・デムース

 
[PR]

# by hamchu | 2017-06-23 15:36 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 23日

【映画】MGM、デイヴィッド・レヴィサンの「Every Day」を映画化へ

 
MGMはデイヴィッド・レヴィサン(David Levithan)のベストセラーYA「Every Day」の権利を取得、Michael Suscyが監督、「ナイス・ガイズ!」のアンガーリー・ライス出演で映画化予定。

ジェシー・アンドリューズが脚色、制作は来月からトロントで行われる模様。
Christian Grass、ポール・トライビッツ、アンソニー・ブレグマン、ピーター・クロンが制作。

[内容]
There’s never any warning about where it will be or who it will be. A has made peace with that, even established guidelines by which to live: Never get too attached. Avoid being noticed. Do not interfere.
It’s all fine until the morning that A wakes up in the body of Justin and meets Justin’s girlfriend, Rhiannon. From that moment, the rules by which A has been living no longer apply. Because finally A has found someone he wants to be with day in, day out, day after day.

原作 Every Day David Levithan Ember

 
[PR]

# by hamchu | 2017-06-23 07:27 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 22日

【映画】クリス・コルファーの「The Land of Stories」映画化へ

 
Twentieth Century Foxとショーン・レヴィの21 Lapsがクリス・コルファー(Chris Colfer)のベストセラーシリーズ「The Land of Stories」を映画化する模様。

レヴィとダン・レヴィンが制作、コルファー、Rob Weisbachが制作総指揮予定。

[内容]
Alex and Conner Bailey's world is about to change, in this fast-paced adventure that uniquely combines our modern day world with the enchanting realm of classic fairy tales.

原作 The Land of Stories: The Wishing Spell Chris Colfer Little, Brown Books for Young Readers

 
[PR]

# by hamchu | 2017-06-22 12:05 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 21日

【Trailer】Thank You for Your Service 帰還兵はなぜ自殺するのか

 
デイヴィッド・フィンケル(David Finkel)の書籍「帰還兵はなぜ自殺するのか」をジェイソン・ホール監督、マイルズ・テラー主演で映画化「Thank You for Your Service」のTrailer!



ストーリーは完全にアダム・シューマンに絞ってある感じ。
米公開は10月27日。

Thank You for Your Service 17年米
監督・脚色:ジェイソン・ホール
制作総指揮:Jane Evans、アン・ロアク
制作:ジョン・キリク
音楽:トーマス・ニューマン
撮影:ローマン・ヴァシャノフ
原作:帰還兵はなぜ自殺するのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ) デイヴィッド・フィンケル 亜紀書房
出演:マイルズ・テラー、ヘイリー・ベネット、エイミー・シューマー、ジョー・コール、デニーン・タイラー

【関連】
【映画】「アメリカン・スナイパー」の脚本家、「帰還兵はなぜ自殺するのか」を監督へ 15年7月29日
【映画】エイミー・シューマーら「Thank You for Your Service」に出演へ 16年2月15日

原作 おもな登場人物
アダム・シューマン (マイルズ・テラー)
サスキア アダムの妻 (ヘイリー・ベネット)
ジャクソン、ズーイ アダムの子ども (Stella Pileggi)
ジェームズ・D・ドスター (ブラッド・バイアー)
アマンダ ジェームズの妻
サリー アマンダの親友
グレース、キャサリン ジェームズの子ども
トーソロ・アイアティ
テレサ 
ジェイ・ハウエル軍曹 (デニス・L・A・ホワイト)
ニック・デニーノ
サシャ ニックの妻
ピーター・クアレリ 陸軍副参謀長
べス クアレリの妻
マイケル・エモリー (Scott Haze)
パティ・ウォーカー (デニーン・タイラー)
ケヴィン パティの夫
ジェシー・ロビンソン
クリスティ ジェシーの妻
サマー ジェシーの娘

 
[PR]

# by hamchu | 2017-06-21 12:57 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 21日

【映画】マッシー・タジェディン、「Circle Of Treason」を監督へ

 
マッシー・タジェディンがFocus Featuresのポリティカル・スリラー「 Circle Of Treason」を監督する模様。

アナ・ウォーターハウスとジョー・シュラップネルがSandra GrimesとJeanne Vertefeuilleの書籍「Circle Of Treason: A CIA Account Of Traitor Aldrich Ames And The Men He Betrayed」を脚色、バリー・ジョセフソンが制作。

[内容]
While there have been other books about Aldrich Ames, Circle of Treason is the first account written by CIA agents who were key members of the CIA team that conducted the intense "Ames Mole Hunt." Sandra Grimes and Jeanne Vertefeuille were two of the five principals of the CIA team tasked with hunting one of their own and were directly responsible for identifying Ames as the mole, leading to his arrest and conviction.
One of the most destructive traitors in American history, CIA officer Aldrich Ames provided information to the Soviet Union that contributed to the deaths of at least ten Soviet intelligence officers who spied for the United States. In this book, the two CIA officers directly responsible for tracking down Ames chronicle their involvement in the hunt for a mole. Considering it their personal mission, Grimes and Vertefeuille dedicated themselves to identifying the traitor responsible for the execution or imprisonment of the Soviet agents with whom they worked. Their efforts eventually led them to a long-time acquaintance and coworker in the CIA's Soviet-East European division and Counterintelligence Center, Aldrich Ames.
Not only is this the first book to be written by the CIA principals involved, but it is also the first to provide details of the operational contact with the agents Ames betrayed. The book covers the political aftermath of Ames's arrest, including the Congressional wrath for not identifying him sooner, the FBI/CIA debriefings following Ames's plea bargain, and a retrospective of Ames the person and Ames the spy. It is also the compelling story of two female agents, who overcame gender barriers and succeeded in bringing Ames to justice in a historically male-oriented organization. Now retired from the CIA, Grimes and Vertefeuille are finally able to tell this inside story of the CIA's most notorious traitor and the men he betrayed.

原作 Circle of Treason: CIA Traitor Aldrich Ames and the Men He Betrayed Sandra Grimes Jeanne Vertefeuille  Naval Inst Pr; Reprint版

 
[PR]

# by hamchu | 2017-06-21 12:13 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 20日

【映画】ジェイク・ギレンホール、「The Lost Airman」を制作へ

 
ジェイク・ギレンホールがジョン・レッシャーと「The Lost Airman」を製作する模様。

原作はSeth Meyerowitzのノンフィクション書籍「The Lost Airman: A True Story of Escape From Nazi-Occupied France」、ギレンホールは主演、リーヴァ・マーカーと制作予定。

作者のMeyerowitz、Anthony Mattero、Dan Bodanskyが制作総指揮。

[内容]
Arthur Meyerowitz was on his second air mission over France when he was shot down in 1943. He was one of only two men on the B-24 Liberator known as Harmful Lil' Armful who escaped death or immediate capture on the ground. After fleeing the wreck, Meyerowitz knocked on the door of an isolated farmhouse, whose owners hastily took him in. Fortunately, his hosts not only despised the Nazis but had a tight connection to the French resistance group Morhange and its founder, Marcel Taillandier. Meyerowitz and Taillandier formed an improbable bond as the resistance leader arranged for Meyerowitz's transfers among safe houses in southern France, shielding him from the Gestapo. Based on recently declassified material, exclusive personal interviews and extensive research into the French Resistance, The Lost Airman tells the tense and riveting story of Meyerowitz's trying months in Toulouse -masquerading as a deaf mute and working with downed British pilot Richard Frank Warren Cleaver to evade the Nazis - and of his hair-raising journey to freedom involving a perilous trek over the Pyrenees and a voyage aboard a fishing skiff with U-boats lurking below and Luftwaffe fighters looming above. The Lost Airman is a never-before-told, fascinating story of spycraft and a true account of endurance, perseverance and escape during the Second World War.

原作 The Lost Airman: A True Story of Escape from Nazi-occupied France (English Edition) Seth Meyerowitz Atlantic Books; Main版

 
[PR]

# by hamchu | 2017-06-20 09:15 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 19日

全米映画興収速報 2017年6月19日 「カーズ/クロスロード」が初登場1位に

 
今週は4256館で上映の大ヒットアニメシリーズの最新作「カーズ/クロスロード」が$53.547Mで初登場1位を獲得!
2位は先週首位の「ワンダーウーマン」
ベニー・ブーム監督がトゥパック・シャクールを映画化した「All Eyez on Me」が2471館で上映、$27.05Mで3位に入りました。

クレア・ホルト、マンディ・ムーア出演、ヨハネス・ロバーツ監督のサメパニック「海底47m」は2270館、$11.5Mで5位、
Lucia Aniello監督、スカーレット・ヨハンソン主演のコメディ「Rough Night」は3162館で上映、$8.04Mで7位スタート。

その他の初登場では
コリン・トレヴォロウ監督、ナオミ・ワッツ、ジェイデン・リーバハー出演のドラマ「The Book of Henry」が579館、$1.407Mで暫定13位、
アシュリング・ウォルシュ監督、サリー・ホーキンス出演のドラマ(カナダのフォーク・アート画家モード・ルイスの伝記)「Maudie」が24館、$49,842(暫定28位)、
韓国映画「Warriors of the Dawn」が32館、$39,000(暫定30位)、
ニック・ハム監督、ティモシー・スポール出演の政治ドラマ「The Journey」が2館、$34,364(暫定32位)、
ドキュメンタリー「Hare Krishna! The Mantra, the Movement and the Swami Who Started it All」が1館、$21,473(暫定35位)、
ドミニク・アベル、 フィオナ・ゴードン監督の「ロスト・イン・パリ(Lost in Paris)」(日本では8月にユーロスペースほかで公開予定)が1館、$4,500(暫定40位)
といった感じ。


6月16日-18日
1位 カーズ/クロスロード $53.547M
2位 ワンダーウーマン $40.775M
3位 All Eyez on Me $27.05M
4位 ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 $13.916M
5位 海底47m $11.5M
6位 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 $8.458M
7位 Rough Nigh $8.04M
8位 Captain Underpants: The First Epic Movie $7.35M
9位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス $4.982M
10位 It Comes At Night $2.62M


6月21日からは
「トランスフォーマー/最後の騎士王」
6月23日からは
アナ・リリー・アミールポアー監督、ジェイソン・モモア、スーキー・ウォーターハウス、キアヌ・リーヴス(←変な役?)出演の「The Bad Batch」
ソフィア・コッポラ監督がコリン・ファレル、ニコール・キッドマン、キルステン・ダンスト、エル・ファニング出演で「白い肌の異常な夜」をリメイクした「The Beguiled」(原作アリ)
マイケル・ショウォルター監督、クメイル・ナンジアニ出演のコメディ「The Big Sick」
Marcel Walz監督、本家ハーシェル・ゴードン・ルイスも出演のホラー「血の祝祭日(Blood Feast)」
あたりが公開予定。

 
[PR]

# by hamchu | 2017-06-19 08:07 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 18日

【映画】セス・ゴードン、「僕は人生を巻き戻す」を監督へ

 
階段を後ろ向きに上がり、排泄物はすべて保存する―子供の頃、最愛の母の死を目撃してしまった青年エド・ザイン。「時が流れる先には死が待っている。時を巻き戻さなくては、愛する家族は死んでしまう」との強迫観念に囚われたエドは不潔な地下室に篭り、「時を巻き戻す儀式」を繰り返す。タイルの継ぎ目を踏むな。手の指同士をくっつけるな…。強迫性障害という病は、日常生活のすべての行為をがんじがらめに束縛する…エリート医師は、この地獄から彼を救えるのか?

Middleton Media Groupは「Life in Rewind」の監督としてセス・ゴードンを起用した模様。

テリー・マーフィー(Terry Weible Murphy)の同名書籍「僕は人生を巻き戻す」を Stephanie Shannonが脚色。
ジョン・パワーズ・ミドルトン、Alex Foster、レイチェル・ウィンター、Ian Sambor、 Mary Rohlichらが制作。

この手の話を脚色すると完成した映画は現実とも書かれた本とも遊離してきちゃうものですがこれはどうなるか…(さすがに病気や患者を誤解させるようなものにはならないだろうけど…)
映画ファンとしてはドン・ポストのエピソードが一番見たい?

原作 僕は人生を巻き戻すテリー マーフィー  文藝春秋 

原作 おもな登場人物
マイケル・A・ジェナイク
エド・ザイン
リタ エドの母
ボブ エドの父
ディーナ エドの姉
トム エドの兄
タミ エドの姉
ケヴィン・フライ
ドナルド
リタ マイケルの娘
ドン・ポスト
ピーター・マッキーウィッツ
マヤダ
アレクサンドリア・アイリーン
イザベラ・グレース

 
[PR]

# by hamchu | 2017-06-18 17:31 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 16日

【映画】スティーヴン・ギャレットら「Under Rose-Tainted Skies」の権利を取得

 
スティーヴン・ギャレットとCharacter SevenがLouise GornallのYA小説「Under Rose-Tainted Skies」のオプション権を取得した模様。

[内容]
Available in three different shades of pink (supplied at random). Agoraphobia confines Norah to the house she shares with her mother. For her, the outside is sky glimpsed through glass, or a gauntlet to run between home and car. But a chance encounter on the doorstep changes everything: Luke, her new neighbour. Norah is determined to be the girl she thinks Luke deserves: a 'normal' girl, her skies unfiltered by the lens of mental illness. Instead, her love and bravery opens a window to unexpected truths ...

原作 Under Rose-Tainted Skies Louise Gornall Chicken House Ltd

 
[PR]

# by hamchu | 2017-06-16 07:44 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)