カテゴリ:Trailer・HP( 665 )


2016年 09月 20日

【Trailer】Lion 25年目の「ただいま」


5歳の時、兄とはぐれて迷子なったサルー。彼は運よくオーストラリア人夫妻の元へ養子にいき、幸せな暮らしを送っていた。しかし、彼はインドの家族を忘れたわけではなかった。立派な青年へと成長した彼は、わずかな記憶を頼りに、自分の故郷を探すためグーグル・アースという「地図の旅」をはじめた―

サルー・ブライアリー(Saroo Brierley)の書籍「25年目の「ただいま」(A Long Way Home)」を映画化、「Lion」のTrailer!



実話だけにところどころざっくり、あっさりしている原作ですが、映画化となるとドラマチックな見せ方になるんだなあ(まあ予告は…)。

Lion 16年豪・英・米
監督:Garth Davis
制作総指揮:Andrew Fraser、ダニエル・レヴィン、アンドリュー・マッキーほか
制作:イアン・カニング、Angie Fielder、エミール・シャーマン
音楽:Volker Bertelmann、ダスティン・オハロラン
撮影:グリーグ・フレイザー
原作:25年目の「ただいま」 サルー・ブライアリー 静山社; 初版
出演:デヴ・パテル、ニコール・キッドマン、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、Priyanka Bose


原作 おもな登場人物
僕 サルー (デヴ・パテル)
カムラ 母 (Priyanka Bose)
グドゥ 兄 (Abhishek Bharate)
カドゥ 兄
シュキラ 妹
母さん スー・ブライアリー (ニコール・キッドマン)
父さん ジョン・ブライアリー (デヴィッド・ウェンハム)
スワルニマ (Menik Gooneratne)

 
[PR]

by hamchu | 2016-09-20 07:23 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 19日

【Trailer】Unless 


トロント映画祭で上映、キャロル・シールズ(Carol Shields)の小説を映画化した「Unless」のTrailer!



物語の背景は何となくわかるような、わからないような…でも何故?って主人公の思いはひしひしと伝わってくる映像だと思うのですが、実際にどういう風に帰結するのかは映画を観てみないと…

Unless 16年カナダ・アイルランド
監督・脚色:Alan Gilsenan
制作総指揮:ジェイソン・ギャレット、デヴィッド・ロジャース
制作:ジェニファー・カワハ、トリスタン・リンチほか
音楽:ジョナサン・ゴールドスミス
撮影:Celiana Cardenas
原作:Unless Carol Shields Fourth Estate Ltd
出演:キャサリン・キーナー、マット・クレイヴン、クロエ・ローズ、Hannah Gross、ハンナ・シグラ、ブレンダン・コイル

【関連】
【映画】キャサリン・キーナー、キャロル・シールズ原作作品に出演へ 15年3月28日

 
[PR]

by hamchu | 2016-09-19 09:48 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 12日

【Trailer】人間喜劇 Ithaca


メグ・ライアンがウィリアム・サローヤン(William Saroyan)の「人間喜劇(The Human Comedy)」を映画化「Ithaca」のTrailer!



私の中ではイサカはもっと小さい町でホーマーはもっと年の若い少年なイメージだったんですが…

Ithaca 15年米
監督:メグ・ライアン
脚色:エリック・ジェンドレセン
制作総指揮:トム・ハンクス、ゲイリー・ゴーツマンほか
制作:ジャネット・ブレナー、ローラ・アイヴィ、エリック・ジェンドレセン
音楽:ジョン・メレンキャンプ
撮影:アンドリュー・ダン
原作:人間喜劇 (ベスト版 文学のおくりもの) ウィリアム・サロイヤン 晶文社
出演:Alex Neustaedter、メグ・ライアン、トム・ハンクス、ジャック・クエイド、サム・シェパード

【関連】
【映画】メグ・ライアン、サローヤンの「人間喜劇」で監督デビュー 14年1月31日

原作 おもな登場人物
ホーマ―・マコーレイ (Alex Neustaedter )
マコーレイ夫人(ハープ) (メグ・ライアン)
ユリシーズ 弟 (Spencer Howell)
マーカス 兄 (ジャック・クエイド)
べス 姉 (Christine Nelson)
トム・スパングラー 電報局長 (ハミッシュ・リンクレイター)
ウィリアム(ウィリイ)・グローガン 電信士 (サム・シェパード)
メアリイ・エレナ (モリ―・ゴードン)
ミセス・ブロッキングトン (Robin Skye)
コルベット (スコット・シェパード)
ニッキィ・パルータ (Connor Berry)
アルフ・ライフ (Griffin Littles)

 
[PR]

by hamchu | 2016-09-12 15:16 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 09日

【Trailer】夜に生きる Live by Night


ベン・アフレックがデニス・ルヘイン(Dennis Lehane)の「夜に生きる」を映画化、「Live by Night」のTrailer!



米公開は17年1月13日予定。

Live by Night 16年米
監督・脚色・制作・出演:ベン・アフレック
制作総指揮:クリス・ブリガム、シェイ・カーター
制作:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイヴィソン・キローラン、ジェニファー・トッド
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影:ロバート・リチャードソン
原作:夜に生きる 〔ハヤカワ・ミステリ1869〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) デニス・ルヘイン 早川書房
出演:エル・ファニング、ブレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ、ゾーイ・サルダナ、シエナ・ミラー、クリス・クーパー

【関連】
TV・映画原作関連ニュース Legends、老人と宇宙、Mona… 12年10月23日
【映画】シエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナ、エル・ファニング「夜に生きる」に出演へ 14年9月8日

原作 おもな登場人物
ジョー(ジョゼフ)・コグリン (ベン・アフレック)
エマ・グールド (シエナ・ミラー)
ディオン・バルトロ (クリス・メッシーナ)
アルバート・ホワイト (ロバート・グレニスター)
ティム・ヒッキー (タイタス・ウェリヴァー)
パオロ・バルトロ (B.C. Halifax)
ブレンダン・ルーミス (クリス・サリヴァン)
トマス・コグリン (ブレンダン・グリーソン)
ダニー(エイデン)・コグリン (スコット・イーストウッド)
ドニー・ギシュラー (デレク・ミアーズ)
ゲイリー・L・スミス (アンソニー・マイケル・ホール)
グラシエラ・スアレス (ゾーイ・サルダナ)
エステバン・スアレス ( Miguel )
アーヴィング・フィギス (クリス・クーパー)
ロレッタ・フィギス (エル・ファニング)
ディガー・ペスカトーレ (マックス・カセラ)

 
[PR]

by hamchu | 2016-09-09 14:18 | Trailer・HP | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 05日

【Trailer】In Dubious Battle 疑わしき戦い


ジェームズ・フランコが監督・出演、ジョン・スタインベックの「疑わしき戦い」を映画化した「In Dubious Battle」のTrailer!



なかなか長いバージョンの映像ですがなんだかすごい音楽だ(笑)。

In Dubious Battle 16年米
監督・制作:ジェームズ・フランコ
脚色:Matt Rager
制作:モニカ・バガルディ、ヴィンス・ジョリヴェット、スコット・リードほか
音楽:Volker Bertelmann
撮影:ブルース・ティエリー・チャン
原作:疑わしき戦い(疑わしい戦い) スタインベック
出演:ナット・ウルフ、ブライアン・クランストン、ヴィンセント・ドノフリオ、エド・ハリス、サム・シェパード、セレーナ・ゴメス、ジョシュ・ハッチャーソン、ロバート・デュヴァル

【関連】
【映画】スタインベックの「疑わしい戦い」映画化、ジェームズ・フランコが監督 15年2月28日

原作 おもな登場人物
ジム・ノーラン (ナット・ウルフ)
マック (ジェームズ・フランコ)
ディック
ジョイ (エド・ハリス)
アルフレッド・アンダーソン (ヴィンセント・ドノフリオ)
ロンドン
リサ (セレーナ・ゴメス)
老人 ダンじいさん (ジョン・サヴェージ)
デイキン
サム
アルバート・ジョンソン
ドック・バートン
ボウルター
バーク (アレックス・モーフ)

 
[PR]

by hamchu | 2016-09-05 07:46 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 30日

【Trailer】野良犬トビーの愛すべき転生 


W・ブルース・キャメロン(W. Bruce Cameron)の小説「野良犬トビーの愛すべき転生」をラッセ・ハルストレムが映画化、「A Dog’s Purpose」のTrailer!



やっぱり犬が語ってた!(笑)
ちなみにワンちゃんの声は「アナと雪の女王」のオラフ(「ピクセル」でも変な役で出てた)、ジョシュ・ギャッド(いや~いいわあ)。

A Dog’s Purpose 17年米
監督:ラッセ・ハルストレム
脚色:Cathryn Michon
制作総指揮:アラン・C・ブロンクィスト
制作:ギャヴィン・ポローン、Darren Reagan、マーク・スーリアン
撮影:テリー・ステイシー
原作:野良犬トビーの愛すべき転生 (新潮文庫) W・ブルース・キャメロン 新潮社
出演:デニス・クエイド、ジョシュ・ギャッド、ブリット・ロバートソン、ジュリエット・ライランス、ペギー・リプトン

【関連】
映画原作関連ニュース Machine Man、なるほどクリスマス降誕劇、A Dog's Purpose… 10年10月8日
【映画】「野良犬トビーの愛すべき転生」、ラッセ・ハレストレムが監督へ 15年6月4日
【映画】ブリット・ロバートソン、デニス・クエイド、「A Dog’s Purpose」に出演 15年8月13日

原作 おもな登場人物
・僕 トビー、ベイリー (ジョシュ・ギャッド)
・ファスト
・シスター
ボビー
カルロス
セニョーラ
イーサン・モンゴメリ (Bryce Gheisar、K.J. Apa)
ママ イーサンの母
パパ ゲイリー イーサンの父
・スモーキー 猫
チェルシー
ローラ チェルシーの母
ドレーク
トッド (ローガン・ミラー)
リンダ
・マシュマロ
お祖父ちゃん
お祖母ちゃん
ハンナ
・フェリックス 猫

・私 エリー
ジェイコブ
マヤ
・ステラ 猫
・ティンカーベル 猫
・エメット 猫
アルバート(アル)

・僕 ベア、バディ
コロネル
イーサン
ハンナ
レイチェル

 
[PR]

by hamchu | 2016-08-30 09:12 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 02日

【Trailer】ルイの九番目の命 The 9th Life of Louis Drax


リズ・ジェンセン(Liz Jensen)のベストセラー「ルイの九番目の命」を映画化「The 9th Life of Louis Drax」のTrailer!



監督がアレクサンドル・アジャなんでちょっと面白い雰囲気になってる?んじゃないでしょうか(日本では劇場で見れるかな)。

The 9th Life of Louis Drax 16年 英・カナダ・米
監督・制作:アレクサンドル・アジャ
脚色・制作:マックス・ミンゲラ
制作総指揮:ローザンヌ・コーレンバーグ
制作:ティモシー・ブリックネル、ショーン・ウィリアムソン
音楽:Patrick Watson
撮影:マキシム・アレクサンドル
原作:ルイの九番目の命 (ソフトバンク文庫) リズ・ジェンセン ソフトバンククリエイティブ
出演:ジェイミー・ドーナン、サラ・ガドン、アーロン・ポール、Aiden Longworth、オリヴァー・プラット

【原作】
【映画】「ルイの九番目の命」、ジェイミー・ドーナンが出演へ 14年9月4日
【映画】オリヴァー・プラット、モリー・パーカーら、「ルイの九番目の命」に出演へ 14年11月3日

原作 おもな登場人物
ルイ・ドラッグス (Aiden Longworth)
ギュスタ―ヴ
マルセル・ペレーズ 精神科医、太っちょペレーズ (オリヴァー・プラット)
ママン ナタリー (サラ・ガドン)
パパ ピエール (映画ではPeter アーロン・ポール)
ルシール ピエールの母
わたし パスカル・ダナシェ (映画ではDr. Allan Pascal、ジェイミー・ドーナン)
ステファニー・シャールヴィルフォール 刑事
フィリップ・ムーニエ
ソフィー パスカルの妻
ジャクリーヌ・デュヴァル 看護師長
カトリーヌ ピエールの前妻
ギー・ヴォーダン
ジャン―リュック
ジョルジュ・ナヴァーラ

 
[PR]

by hamchu | 2016-07-02 08:31 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 01日

【Trailer】ボブという名のストリート・キャット A Street Cat Named Bob


ロジャー・スポティスウッド監督がベストセラー書籍「ボブという名のストリート・キャット」を映画化した「A Street Cat Named Bob」のTrailer!



英での公開予定は11月4日。

A Street Cat Named Bob 16年英
監督:ロジャー・スポティスウッド
脚色:ティム・ジョン、マリア・ネイション
制作総指揮:ティム・スミス、ポール・ブレットほか
制作:Adam Rolston
音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダー
撮影:ピーター・ウンストーフ
原作:ボブという名のストリート・キャット ジェームズ・ボーエン 辰巳出版
出演:ルーク・トレッダウェイ、ルタ・ゲドミンタス、ジョアンヌ・フロガット、アンソニー・ヘッド、ベス・ゴダード

【関連】
【映画】ルーク・トレッダウェイ、映画版「ボブという名のストリート・キャット」に出演へ 15年9月3日

原作 おもな登場人物
ぼく ジェームズ・ボーエン (ルーク・トレッダウェイ)
ボブ
ベル (ルタ・ゲドミンタス)
ディラン
サム
スティーヴ
ローズマリー
ジェームズの母
ヴァニカ

 
[PR]

by hamchu | 2016-07-01 07:37 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 23日

【Trailer】パンドラの少女 The Girl with All the Gifts


奇病の爆発的な蔓延“大崩壊”から二十年。人間としての精神を失い、捕食本能に支配された“餓えた奴ら”により、文明世界は完全に崩壊していた―。荒廃したイギリスの街で発見された、奇跡の少女メラニー。もたないはずのものをもつ健気な彼女は、この世界の救世主となりうるのか?ロンドンの北の軍事基地で、メラニーと、同じような特徴をもつ子供たちへの教育・研究が進められるなか、緊急事態が勃発。メラニー、彼女が大好きな教師、科学者、兵士ふたりの極限の逃避行がはじまる。



M・R・ケアリー(M. R. Carey)のベストセラー小説「パンドラの少女」をジェマ・アータートン、グレン・クローズ、パディ・コンシダイン出演で映画化、「The Girl with All the Gifts」のTrailerが登場!

予告を見る前に原作を日本語で読めた!(笑)
この原作、今年前半の私の一推し本なんであります。
これ読んでるときからダン・シモンズの「最後のクラス写真」をとにかく思い浮かべたんですが、ゾンビ好きならやっぱりみんな同じこと考えますよね(笑)。
映像を見ての第一印象はメラニーはちょっと顔色良すぎないかい?(生気がありすぎ)というもの(ほかの人たちもそうなんですけどね)。そして日本でのレイティングは如何に?
公開が楽しみです。

The Girl with All the Gifts 16年英・米
監督:コーム・マッカーシー
脚色:M・R・ケアリー
制作総指揮:ウィル・クラーク、リチャード・ホームズ、アンディ―・メイソン、クリストファー・モル
制作:Camille Gatin、アンガス・ラモント
音楽:Cristobal Tapia de Veer
撮影:サイモン・デニス
原作:パンドラの少女 M・R・ケアリー  東京創元社
出演:Sennia Nanua、ジェマ・アータートン、グレン・クローズ、パディ・コンシダイン、Fisayo Akinade

【関連】
【映画】グレン・クローズ、「The Girl With all the Gifts」に出演へ 15年3月27日

原作 おもな登場人物
メラニー (Sennia Nanua)
ミス・ジャスティノー(ヘレン・ジャスティノー) (ジェマ・アータートン)
軍曹(エディ・パークス) (パディ・コンシダイン)
ドクター・コールドウェル(キャロライン・コールドウェル) (グレン・クローズ)
K(キーラン)・ギャラガー一等兵 (Fisayo Akinade)
ミスター・ウィテカー
ドクター・セルカーク(ジーン・セルカーク) (アナマリア・マリンカ)

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-23 07:39 | Trailer・HP | Trackback | Comments(3)
2016年 06月 21日

【Trailer】ツバメ号とアマゾン号 Swallows and Amazons


アーサー・ランサム(Arthur Ransome)のベストセラー児童書シリーズ「ツバメ号とアマゾン号」を映画化した「Swallows and Amazons」のTrailer!(結構長い!)



この映画版、何故か重要な登場人物ティティの名前をTattyに代えていて、この本から名づけられたというティティさんから抗議が来ていたとニュースになっていたのですがこの件その後どうなった?

Swallows and Amazons 16年
監督:フィリッパ・ロウソープ
脚色:アンドレア・ギブ
制作総指揮:パトリック・フィッシャー、ヒューゴ・ヘッペル、John Jencks ほか
制作:ニック・バートン、Nick O’Hagan、ジョー・オッペンハイマー
音楽:イラン・エシュケリ
撮影:ジュリアン・コート
原作:
ツバメ号とアマゾン号(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ) アーサー・ランサム 岩波書店
ツバメ号とアマゾン号(下) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ) アーサー・ランサム 岩波書店
出演:アンドリュー・スコット、ケリー・マクドナルド、ティモシー・スポール、Dane Hughes 、Orla Hill

【関連】
【映画】BBC FilmsとHarbour Pictures、「ツバメ号とアマゾン号」を映画化へ 11年5月21日
【映画】アンドリュー・スコット、「ツバメ号とアマゾン号」に出演へ 15年7月2日

原作 おもな登場人物
ジョン・ウォーカー ツバメ号船長(キャプテン) (Dane Hughes)
スーザン ツバメ号航海士(メイト) (Orla Hill)
ティティ ツバメ号AB船員(エイブルシーマン) (Teddie-Rose Malleson-Allen)
ロジャ ツバメ号ボーイ(シップボーイ) (Bobby McCulloch)
ナンシイ・ブラケット アマゾン号船長兼共同所有者 (Seren Hawkes)
ペギイ アマゾン号航海士兼共同所有者 (Hannah Jayne Thorp)
おかあさん (ケリー・マクドナルド)
ヴィッキイ 赤ちゃん
ナース
ジム(ジェイムズ)・ターナー
ジャクソンおばさん (ジェシカ・ハインズ)
ジャクソンおじさん(ハリー・エンフィールド)
ディクソンさん、ディクソンおばさん
年寄りのビリー (リチャード・プレマー)
若いビリー
サミー 警官
キャプテン・フリント (ティモシー・スポール)

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-21 07:49 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)