カテゴリ:TV・ニュース( 702 )


2017年 05月 30日

【TV】ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサの「山猫」英語版ドラマ化へ

 
時は十九世紀、イタリア統一戦争のさなか。新しい国のあり方に充分な理解を抱きつつも、崩れゆく旧体制に殉じようとするシチリアの一貴族、サリーナ公ドン・ファブリツィオの物語。貴族社会の没落、若者の奔放な生、自らに迫りつつある死に直面して、彼は何を思ったのか。―

バート・ランカスター、アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレ出演、ルキノ・ヴィスコンティ監督により映画化もされたジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサ(Giuseppe Tomasi di Lampedusa)の古典「山猫(The Leopard)」に英語版TV化の話がある模様。

Indiana ProductionとGiangiacomo Feltrinelliが権利を取得、8から10エピソードにドラマ化予定。
「山猫」の権利の話は以前からたまに出てきていたのですが今回は結構具体的かも。

原作 山猫 (河出文庫) ランペドゥーサ  河出書房新社

原作 おもな登場人物
ドン・ファブリーツィオ・サリーナ
マリーア・ステッラ
カロリーナ公爵夫人
パオロ公爵
コンチェッタ
フランシスコ・パオロ
タンクレーディ
カロリーナ
ジューリア
カタリーナ
フェルディナンド
ピッローネ神父
マリアンニーナ
マドモアゼル・ドムブルーユ
ドン・カローシェロ・セダーラ
ドン・オノーフリオ・ロートロ
アンジェリカ・セダーラ
カルロ・カヴァリアーギ伯爵
マルガリータ・ポンテレオーネ
ドン・ディエゴ

 
[PR]

by hamchu | 2017-05-30 08:37 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 24日

【TV】マット・ラフの「Lovecraft Country」シリーズ化へ

 
ジョーダン・ピールのMonkeypaw Productions 、Bad Robot、Warner Bros TelevisionがHBOで「Lovecraft Country」を1時間のシリーズにする模様。

ミシャ・グリーン、ピール、J・J・エイブラムス、Ben Stephensonが制作総指揮、原作はマット・ラフ(Matt Ruff)の同名小説。

[内容]
Chicago, 1954. When his father Montrose goes missing, 22 year old Army veteran Atticus Turner embarks on a road trip to New England to find him, accompanied by his Uncle George publisher of The Safe Negro Travel Guide and his childhood friend Letitia. On their journey to the manor of Mr. Braithwhite heir to the estate that owned one of Atticus’s ancestors they encounter both mundane terrors of white America and malevolent spirits that seem straight out of the weird tales George devours.
At the manor, Atticus discovers his father in chains, held prisoner by a secret cabal named the Order of the Ancient Dawn led by Samuel Braithwhite and his son Caleb which has gathered to orchestrate a ritual that shockingly centers on Atticus. And his one hope of salvation may be the seed of his and the whole Turner clan’s destruction.

原作 Lovecraft Country: A Novel Matt Ruff Harper Perennial; Reprint版

 
[PR]

by hamchu | 2017-05-24 08:46 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 19日

【TV】Adam Dunnの「Big Dogs」シリーズ化へ

 
Choice FilmsとAdam DunnのAurelian ProductionsはDunnの小説「Big Dogs」をドラマシリーズ化、デヴィッド・プラットが初めの2エピソードを監督する模様。

サマー・クロケット・ムーア、トニー・グレイザーが制作、Adam DunnとAlan Neigherが制作総指揮。

[内容]
This is the second novel in the "More" series of dystopian thrillers set in the Second Great Depression in NYC. More and Santiago's new unit is now detailed to the NYPD's most elite division to investigate the brutal mob killing of a high-profile hedge fund founder. Their team is also assigned its first Federal, and female, member (whom More and Santiago instantly dislike) from a financial-crimes division of the Treasury Department. Tensions immediately escalate when the team discovers the victim's underling is on the run with an encrypted computer drive containing information sensitive enough to draw in an array of international hit men who commence a deadly manhunt through the city. The case leads to a horrific terror plot against the city's buses in order to create a stock market crash for the benefit of the criminal mastermind who created the encrypted drive. More is turned on the loose in full combat mode over Santiago's objections and brings a taste of Afghanistan to New York City.

原作 The Big Dogs (The More Series Book 2) (English Edition) Adam Dunn Dunn Books

 
[PR]

by hamchu | 2017-05-19 12:05 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 17日

【TV】アレック・ボールドウィン、Huluの「倒壊する巨塔」に出演へ

 
本書は、2001年9月11日の「米同時多発テロ」に至るまでの道を、膨大な資料分析とインタビューを駆使して再構成し、この凄惨なテロ事件における「人間ドラマ」を描ききった、調査報道の頂点を示す傑作ノンフィクションだ。アルカイダのビンラディン、ザワヒリ、FBI捜査官オニールなど、「9・11」の登場人物たちの生い立ちから、教育、結婚、家庭、価値観、そして「神」にいかに向き合ったかまで、事件に至る経緯とその本質に迫っていく。
たとえばビンラディンは、サウジアラビアの土建を牛耳る一族の生まれだが、傍流のイエメン出身で、主流ではない宗派だった。しかも四番目の妻の子であり、留学せずに国内教育のみという、幾重にも外様の存在であった。反米に傾いたのも、聖地サウジにいつまでも外国軍が駐留しつづけていることに対する、生理的嫌悪感に基づいていた。
またザワヒリは、エジプト近代化におけるエリート層の鬼っ子であったが、政府の弾圧による投獄、拷問が彼の闇の気質を迷走させたという。かつて二人の側に立っていた人々が、ある時期を境に、彼らには「理屈が通じない」と言い出すところが不気味だ。
そして、FBIテロ対策捜査官オニールは、艶福家で、一時カトリックを捨てて原理主義に傾いたものの、またカトリックに回帰した経歴の持ち主だった。
こうした人間が「9・11」を起こし、そうした人間が彼らを追い、犠牲になったのだ...

アレック・ボールドウィンがHuluのドラマ「The Looming Tower」に出演する模様。

ローレンス・ライト(Lawrence Wright)の同名書籍「倒壊する巨塔―アルカイダと「9・11」への道」を10エピソードにシリーズ化、ダン・ファターマンとアレックス・ギブニーが制作総指揮。
制作はNYで開始済、ジェフ・ダニエルズ、タハール・ラヒム、ピーター・サースガード、マイケル・スタールバーグ、ビル・キャンプ、ヴァージニア・クール、ルイス・キャンセルミ、エラ・レイ・ペック、Sullivan Jones、レン・シュミットらが出演。
Adam Rapp、トシェバ・ドラン、Shannon Houston が脚色。

この手のノンフィクション、実在の人物が沢山出てくるので名前を書きとめておくのが大変なのですが、この本は巻末に主要登場人物が詳しく出ていて(英語表記もアリ!)索引もあり非常に親切。
ドラマの内容としては、ん?(本の上巻の方はスルー?)という感じもするのですが、ジョン・オニールの女性関係などどう処理するのか…

キャスティングは判明分
ハリド・ミダル (タウフィーク・バルホーム)
ジョージ・テネット (アレック・ボールドウィン)
ロバート・チェズニー (ビル・キャンプ)
ジョン・オニール (ジェフ・ダニエルズ)
アリ・スーファン (タハール・ラヒム)
リチャード・ディック・Aクラーク (マイケル・スタールバーグ)

原作
倒壊する巨塔〈上〉―アルカイダと「9・11」への道 ローレンス ライト 白水社
倒壊する巨塔〈下〉―アルカイダと「9・11」への道 ローレンス ライト 白水社

 
[PR]

by hamchu | 2017-05-17 08:24 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 16日

【TV】Hulu、Michael Hassanのベストセラー「Crash & Burn」をドラマ化へ

 
HuluはMichael Hassanのベストセラー「Crash & Burn」をドラマ化する模様。

アーロン・ゼルマン、アラン・ガスマー、ピーター・ジェイセンが制作総指揮予定。

[内容]
On April 21, 2008, Steven "Crash" Crashinsky saved more than a thousand people when he stopped his classmate David Burnett from taking their high school hostage armed with assault weapons and high-powered explosives. You likely already know what came after for Crash: the nationwide notoriety, the college recruitment, and, of course, the book deal. What you might not know is what came before: a story of two teens whose lives have been inextricably linked since grade school, who were destined, some say, to meet that day in the teachers' lounge of Meadows High. And what you definitely don't know are the words that Burn whispered to Crash right as the siege was ending, a secret that Crash has never revealed.
Until now.

原作 Crash and Burn Michael Hassan Balzer + Bray; Reprint版

 
[PR]

by hamchu | 2017-05-16 11:46 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日

【TV】マイケル・マンとマイケル・デ・ルカ、マーク・ボウデンの書籍をミニシリーズに

 
マイケル・マンとマイケル・デ・ルカはマーク・ボウデン(Mark Bowden)の書籍「Hue 1968: A Turning Point of the American War in Vietnam」を10時間のミニシリーズにする模様。

[内容]
By January 1968, despite an influx of half a million American troops, the fighting in Vietnam seemed to be at a stalemate. Yet General William Westmoreland, commander of American forces, announced a new phase of the war in which "the end begins to come into view." The North Vietnamese had different ideas. In mid-1967, the leadership in Hanoi had started planning an offensive intended to win the war in a single stroke. Part military action and part popular uprising, the Tet Offensive included attacks across South Vietnam, but the most dramatic and successful would be the capture of Hue, the country's cultural capital. At 2:30 a.m. on January 31, 10,000 National Liberation Front troops descended from hidden camps and surged across the city of 140,000. By morning, all of Hue was in Front hands save for two small military outposts.
The commanders in country and politicians in Washington refused to believe the size and scope of the Front's presence. Captain Chuck Meadows was ordered to lead his 160-marine Golf Company against thousands of enemy troops in the first attempt to re-enter Hue later that day. After several futile and deadly days, Lieutenant Colonel Ernie Cheatham would finally come up with a strategy to retake the city, block by block and building by building, in some of the most intense urban combat since World War II.
With unprecedented access to war archives in the U.S. and Vietnam and interviews with participants from both sides, Bowden narrates each stage of this crucial battle through multiple points of view. Played out over twenty-four days of terrible fighting and ultimately costing 10,000 combatant and civilian lives, the Battle of Hue was by far the bloodiest of the entire war. When it ended, the American debate was never again about winning, only about how to leave.

原作 Hue 1968: A Turning Point of the American War in Vietnam Mark Bowden Atlantic Monthly Pr

 
[PR]

by hamchu | 2017-05-12 07:29 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日

【TV】グレン・クックの「The Black Company」シリーズ化へ

 
IM Global Televisionはグレン・クック(Glen Cook)のファンタジー「The Black Company」をシリーズ化する模様。

エリザ・ドゥシュクのBoston Diva Productions、デヴィッド・ゴイヤーのPhantom Fourも制作、ドゥシュクは主演も。

[内容]
Some feel the Lady, newly risen from centuries in thrall, stands between humankind and evil. Some feel she is evil itself. The hardbitten men of the Balck Company take their pay and do what they must, burying their doubts with their dead.

原作 The Black Company (Chronicle of the Black Company) Glen Cook Tor Books; Reissue版

 
[PR]

by hamchu | 2017-05-12 07:27 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 11日

【TV】「フィリップ・K・ディックの Electric Dreams」、アンナ・パキンらが出演へ

 
フィリップ・K・ディック(Philip K. Dick)の短編を原作とした10エピソードのアンソロジーシリーズ「Philip K. Dick’s Electric Dreams」にジャック・レイナー、ベネディクト・ウォンも出演する模様。

ロナルド・D・ムーア、マイケル・ディナー、ブライアン・クランストンが制作、ちょこちょこ細切れでニュースが出ているのですが、「The Commuter」、「Impossible Planet」、「Crazy Diamond」、「Human Is」あたりが制作される様子。
どれも面白そうですが私は「人間らしさ」なんて非常に好き。これは膨らませても長編映画にしてもらいたいなーなんて(笑)。

そのほかアンナ・パキン、テレンス・ハワード出演の「Real Life」というのもあるのですがこれって原作は?(監督はジェフリー・ライナー、脚色はロナルド・D・ムーア)

エピソード リスト
"The Commuter" 地図にない町
監督:トム・ハーパー
脚色:ジャック・ソーン
出演:ティモシー・スポール、Rudi Dharmalingam、Rebecca Manley、アン・リード、Paulina Boneva
原作 おもな登場人物
エド・ラコブスン 駅員 (ティモシー・スポール)
アーネスト・クリチェット
ボブ・ペイン (Rudi Dharmalingam)
ローラ・ニコルズ

"Impossible Planet" ありえざる星
監督・脚色:デヴィッド・ファー
出演:ジャック・レイナー、ベネディクト・ウォン、ジェラルディン・チャップリン、Justin Butcher、Georgina Campell、Bekka Bowling、Christopher Staines、Malik Ibheis
原作 おもな登場人物
ノートン
アンドリュウス船長
イルマ・ヴィンセント・ゴードン
ローバント

"Crazy Diamond"
監督:マーク・ミュンデン
脚色:トニー・グリゾーニ
出演:スティーヴ・ブシェミ

"Father Thing" パパそっくり(父さんに似たもの、父さんもどき)
監督・脚色:マイケル・ディナー
出演:グレッグ・キニア、ミレイユ・イーノス、ジャック・ゴア、Zakk Paradise
原作 おもな登場人物
テッド・ウォルトン 父親 (グレッグ・キニア)
ジューン 母親 (ミレイユ・イーノス)
チャールズ (ジャック・ゴア)
トニー・ペレッティ
ボビー・ダニエルズ

"Human Is" 人間らしさ
監督:Francesca Gregorini
脚色:ジェシカ・メクレンバーグ
出演:Ralph Abbas
原作 おもな登場人物
ジル・へリック
レスター ジルの夫
ガス
フランク
ダグラス

原作 
ディック傑作集〈2〉時間飛行士へのささやかな贈物 (ハヤカワ文庫SF) フィリップ・K・ディック 早川書房
地図にない町 - ディック幻想短篇集 (ハヤカワ文庫 NV 122) フィリップ・K・ディック 早川書房

 
[PR]

by hamchu | 2017-05-11 11:45 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 10日

【TV】Amy Plumの「Dreamfall」、TVシリーズ化へ

 
DiGa StudiosはAmy Plumの刊行予定の「Dreamfall」をTVシリーズ化する模様。

[内容]
Seven teenagers who suffer from debilitating insomnia agree to take part in an experimental new procedure to cure it because they think it can’t get any worse. But they couldn’t be more wrong.
When the lab equipment malfunctions, the patients are plunged into a terrifying dreamworld where their worst nightmares have come to life and they have no memory of how they got there. Hunted by monsters from their darkest imaginations and tormented by secrets they’d rather keep buried, these seven strangers will be forced to band together to face their biggest fears. And if they can’t find a way to defeat their dreams, they will never wake up.

原作 Dreamfall Amy Plum HarperTeen

 
[PR]

by hamchu | 2017-05-10 23:34 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 26日

【TVM】マイケル・B・ジョーダンとマイケル・シャノン、「華氏451度」に出演へ

 
華氏451度──この温度で書物の紙は引火し、そして燃える。451と刻印されたヘルメットをかぶり、昇火器の炎で隠匿されていた書物を焼き尽くす男たち。モンターグも自らの仕事に誇りを持つ、そうした昇火士(ファイアマン)のひとりだった。だがある晩、風変わりな少女とであってから、彼の人生は劇的に変わってゆく…

マイケル・B・ジョーダンとマイケル・シャノンが HBO Films制作、レイ・ブラッドベリ(Ray Bradbury)のSFを映像化する「華氏451度(Fahrenheit 451)」に出演する模様。

「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」のラミン・バーラニが監督、アミール・ナデリと脚色、デヴィッド・コートスワースが制作、アラン・ガスマー、ピーター・ジェイセンらが制作総指揮。

モンターグ=マイケル・B・ジョーダン、ベイティー=マイケル・シャノンなのだそうです。

「華氏451」といえばフランク・ダラボンがリメイクするだのトム・ハンクスが出るだのさんざんニュースになったものですがしばらく話を聞かなかった。突然ひょっこり?HBO(笑)。

原作 華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) レイ・ブラッドベリ 早川書房; 新訳版

原作 おもな登場人物
ガイ・モンターグ
クラリス・マクレラン
ミルドレッド(ミリー)
ベイティー 隊長
ストーンマン
ブラック
フェーバー
グレンジャー

 
[PR]

by hamchu | 2017-04-26 12:05 | TV・ニュース | Trackback | Comments(2)