カテゴリ:TV・ニュース( 738 )


2005年 11月 02日

【TVM】TNTがスパイスリラー「The Company」をミニシリーズに

TNTは元々はコロンビア・ピクチャーズで映画化予定だったスパイ・スリラー「The Company」を6時間のミニシリーズにする模様。
原作はロバート・リテルの「The Company: A Novel of the CIA

「ブラックホーク・ダウン」のケン・ノーランが脚本、リドリー&トニー・スコット、「クローサー」のジョン・コーリー、「エンジェルス・イン・アメリカ」のケイリー・ブロコウが製作総指揮。

本は実在の人物と架空の人物が登場する1950年から1995年までが舞台の長い小説なので、映画よりTVMの方がいいでしょう(また勝手に…)。

リテル作品はみなややマイナーかもしれませんが、その昔映画化されたのが「ザ・アマチュア」(原作 「チャーリー・ヘラーの復讐」)
若いジョン・サヴェージ(TVシリーズ「ダーク・エンジェル」のライデッカー)演じるチャーリー・へラーが恋人の復讐のため、危険に飛び込むCIA技官という設定で、妙~に好きでした(このころだと、ジェームズ・グリッケンハウスの「ザ・ソルジャー」なんかもお気に入り←ただのスパイ好き?)。
「ザ・アマチュア」にはクリストファー・プラマー、マルト・ケラーも出演。マルト・ケラーは来年6月のメトロ・ポリタンオペラ来日公演で「ドン・ジョヴァンニ」の演出をやるそうな(へえ~)。

ライフログ
The Company: A Novel of the CIA
Robert Littell / Penguin USA (P)
ロバート・リテルの生年なんだけど、1935年と1939年という資料がある。ビックリしたのがIMDbの1896年…いったいいくつじゃ(彼は今年も「Legends: A Novel of Dissimulation 」という新作を出してるんですが… 笑)。
[PR]

by hamchu | 2005-11-02 20:53 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 10月 28日

【TV】「シックス・フィート・アンダー」のアラン・ボール、HBOでヴァンパイアモノをドラマ化?

「シックス・フィート・アンダー」のクリエイター、アラン・ボールがHBOで「Southern Vampire」をドラマ化する模様。

「Southern Vampire Mysteries」は人の心が読めるスーキーとヴァンパイアが登場するシャーレイン・ハリスの人気ファンタジー・ミステリーシリーズ。
日本では第1巻「Dead Until Dark」が「満月と血とキスと」のタイトルで出ているだけですが…(続きは?)

アラン・ボールは「アメリカン・ビューティー」でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞の脚本賞を受賞、「シックス・フィート・アンダー」でTV界でも旋風を巻き起こした話題の人物。
今回は製作総指揮、パイロット版を脚本・監督。

またボールは昨年オプション権を取得していたAlicia Erianの小説「Towelhead」のスクリプトを書き終えたところらしい(こっちの本のほうが彼らしい感じ?)。この作品で映画監督デビューも計画?

ライフログ
満月と血とキスと
シャーレイン ハリス Charlaine Harris 林 啓恵 / 集英社

HBOでヴァンパイア、この本でアラン・ボールかい!と驚いた人も多いのでは?
[PR]

by hamchu | 2005-10-28 23:46 | TV・ニュース | Trackback | Comments(6)
2005年 10月 26日

TV原作関連ニュース One Sunday Morning、キッチン・コンフィデンシャル、Mayo

☆「レイ」のプロデューサー、ハワード&カレン・ボールドウィンがAmy Ephronの「One Sunday Morning」の権利を取得、1時間のTVシリーズにする模様。

作者はノーラ・エフロン、ダリア・エフロンの姉妹で、アルフォンソ・キュアロン監督作品の「リトル・プリンセス」の製作総指揮をしていたほか、「A Cup of Tea」、「Biodegradable Soap」などの著書が。

One Sunday Morning: A Novel Amy Ephron / William Morrow & Co

☆アンソニー・ボーデインの「キッチン・コンフィデンシャル」
FOXで放送されているTVシリーズのオフィシャルサイトはこちら。

Kitchen Confidential

出演は「エイリアス」のブラッドレイ・クーパーなど。

キッチン・コンフィデンシャル アンソニー ボーデイン Anthony Bourdain 野中 邦子 / 新潮社

☆これまで様々なミステリをドラマ化してきた英BBCがMarjorie Ecclesのギル・マイヨ警視シリーズをTVシリーズに。

タイトルは「Mayo」、主演は「Bleak House」にも出演のAlistair McGowan。
共演はJessica Oyelowo、Huw Rhys、Loo Brealey。原作は日本では翻訳されていない、とややマイナーですが…
[PR]

by hamchu | 2005-10-26 10:21 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 10月 25日

【TV】「ミス・ラモツエの事件簿」 TVドラマに

昨日、ワインスタイン・カンパニー製作のTVシリーズの企画ラインナップが発表。
その中で「シンシティ」TV版、「ラウンダーズ」(オリジナルはマット・デイモンとエドワード・ノートンが出演したポーカーモノ)TV版などに混じって、面白いタイトルも登場していました!

The No. 1 Ladies' Detective Agency
アレグザンダー・マコール・スミスのボツワナ舞台のユーモア・ミステリ「ミス・ラモツエの事件簿」シリーズの映像化。
これは本来ミラマの映画の企画だったのですが…(【映画】「サバンナのミス・マープル」も映画に

「ラブ・アクチュアリー」の監督リチャード・カーティスがパイロット版の脚本を書き、アンソニー・ミンゲラとデヴィッド・E・ケリーが製作(ミンゲラはパイロット版を監督?)。
このメンバーならTVMでもシリーズでもよし。

「ミス・ラモツエの事件簿」は日本で既訳の作品はまだ2つですが、シリーズ最新作は常に米ベストセラー・リストの上位に上がっています。

No.1レディーズ探偵社、本日開業―ミス・ラモツエの事件簿〈1〉 アレグザンダー・マコール スミス Alexander McCall Smith 小林 浩子 / ソニーマガジンズ

Dangerous Company
Varietyのチーフ・エディターPeter Bartの小説のTV化。

原作はハリウッドの内幕を描いた短篇集「Dangerous Company: Dark Tales from Tinseltown」
オンエアはNBC。

Dangerous Company: Dark Tales from Tinseltown Peter Bart / Hyperion Books
[PR]

by hamchu | 2005-10-25 09:18 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 10月 21日

【TVM】ミニ・シリーズ「秘密組織カヴァート・ワン」 監督、出演者が決定

a0000270_13504590.jpg秘密組織カヴァート・ワン」ミニシリーズ版の監督として映画「ボルケーノ」、TVM「モリー先生との火曜日」のミック・ジャクソンが起用された模様。

【TVM】ロバート・ラドラム原作「秘密組織カヴァート・ワン」をミニシリーズに

おまけにいつの間にやらキャスティングが決定し、ミラ・ソルヴィーノスティーヴン・ドーフアンジェリカ・ヒューストンが出演とか(その他コルム・ミーニイブレア・アンダーウッドも出演。ドーフは主人公スミスだろうが、他はキャラの名前が…あとで確認します)。

また春の製作発表の段階では放送予定ネットワークが決まっていなかったようなのですが、結局CBSになったみたい(CBS…このごろ原作アリTVMをガンガンやってくれます。大好きだ)。
今のところ放送予定日は未定。

表紙 秘密組織カヴァート・ワン〈1〉冥界からの殺戮者 ロバート ラドラム ゲイル リンズ Robert Ludlum Gayle Lynds 峯村 利哉 / 角川書店

原作 主な登場人物
ジョナサン(ジョン)・スミス中佐 合衆国陸軍伝染病研究所(USAMRIID)の科学者 (スティーヴン・ドーフ)
ビル・グリフィン 元FBI捜査官
ソフィア・ラッセル USAMRIIDの科学者、スミスの恋人
ランディ・ラッセル ソフィアの妹、CIA工作員 (ミラ・ソルヴィーノ)
マーティ・ゼラーバック 量子物理学博士、数学博士、ケンブリッジ大学文学学士、スミスの友人
ピーター・ハウエル 元英国陸軍特殊空挺部隊少佐、スミスの友人
ヴィクター・トレモント プランチャード製薬 社長兼最高執行責任者
ナダル・アルハッサン トレモントの部下
[PR]

by hamchu | 2005-10-21 23:46 | TV・ニュース | Trackback | Comments(1)
2005年 10月 19日

【TVM】「穴」、「クリムゾン・リバー」がTV化

☆「まずい時にまずいところに」いたために、代々、イェルナッツ家の人々は辛酸をなめてきた。スタンリー(イェルナッツ4世)は、無実の罪で、砂漠の真ん中の少年院にぶちこまれ、残酷な女所長の命令で、くる日もくる日も不毛の地に〈穴〉を掘る毎日。
ある日、ついにスタンリーは、どこかにあるかもしれないイェルナッツ家の〈約束の地〉をめざして、決死の脱出を図るのだった。

アンドリュー・デイヴィス監督、シガニー・ウィーバー、シア・ラブーフ出演の映画版(「穴/HOLES」)は日本ではDVDスルーになってしまったルイス・サッカーの「穴」

最近では舞台になってサンフランシスコで上演されたりもしているこのYAベストセラーをThe Hatcheryと Walden Mediaが30分のTVシリーズにする模様。

 ルイス・サッカー 幸田 敦子 Louis Sachar / 講談社

☆ジャン=クリストフ・グランジェ原作、ジャン・レノ主演で映画化、続編も作られた「クリムゾン・リバー」が52分、6エピソードのミニシリーズになる模様(放送は仏TF1)。

グランジェ&ジャン・レノのコンビレーションはクリス・ナオン監督の「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ」が12月10日、日本公開予定(連続猟奇殺人事件を捜査している刑事ポール・ネルトーにジョスラン・キヴラン、ポールが協力を求める元同僚ジャン・ルイ・シファールにジャン・レノ。そして警察組織に追われる記憶喪失の女性アンナに「ブレイド」のアーリー・ジョヴァー)。

また、グランジェ作品は「Le Concile De Pierre(Stone Council)」もGuillaume Nicloux監督、モニカ・ベルッチ出演で映画化予定。

クリムゾン・リバー ジャン‐クリストフ グランジェ Jean‐Christophe Grang´e 平岡 敦 / 東京創元社
[PR]

by hamchu | 2005-10-19 23:22 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 10月 13日

TVM原作関連ニュース Undaunted Courage、Skeletons of the Zahara、分別と多感

☆HBOはナショナル・ジオグラフィック、エドワード・ノートン、ブラッド・ピットと組んでスティーヴン・アンブローズの「Undaunted Courage: Meriwether Lewis, Thomas Jefferson, and the Opening of the American West」を10パートのミニシリーズにする模様。

これは1803年からメリウェザー・ルイスとウイリアム・クラークにより行われたアメリカ大陸横断の探検に関するノンフィクション。
スティーヴン・アンブローズは「バンド・オブ・ブラザース」の原作者です。

ノートンは(少なくとも1)エピソードを監督するほか、ピットと共に製作総指揮をつとめる予定。

HBOではこのほかトム・ハンクスのプレイトーンで「1776」(この本なかなか売れてるなあ)のミニシリーズ化が企画されていたりもします。
映画原作関連ニュース ハワード・ヒューズ、1776

Undaunted Courage: Meriwether Lewis, Thomas Jefferson, and the Opening of the American West (Lewis & Stephen E. Ambrose / Simon & Schuster

☆ヒストリーチャンネルが「Skeletons of the Zahara」を2時間のドキュメンタリーにする模様。モロッコで来月から撮影予定。

ディーン・キングのこの本、映画化予定もあったような…

【映画】ノンフィクション「Skeletons On the Zahara」映画化

Skeletons on the Zahara: A True Story of Survival Dean King / Little Brown & Co (T)

☆BBCの「高慢と偏見」(コリン・ファースのヤツ)、「虚栄の市」、「ブリジット・ジョーンズの日記」の脚本家アンドリュー・デイヴィスが今度はジェイン・オースティンの「分別と多感」(Sense and Sensibility)を脚色する模様。
オンエアは2007年予定。

この原作を映画化した95年アン・リー監督の「いつか晴れた日に」はベルリン国際映画祭の金熊賞、ゴールデン・グローブ賞作品賞ほか、アカデミー賞の脚色賞をエマ・トンプソンにもたらしています。

デイヴィスはBBCのシリーズ「Bleak House」(原作はチャールズ・ディケンズ、ジリアン・アンダーソン、チャールズ・ダンスなどが出演)が待機中(今年の秋放送予定のようですが具体的な日時は?)。
また今日にはロバート・アルトマン監督の次回作「 The Tortoise and the Hare」がデイヴィスの脚本だ、と話題に…

分別と多感 岩永 孝幸 J. Austen / 英潮社
[PR]

by hamchu | 2005-10-13 20:55 | TV・ニュース | Trackback | Comments(1)
2005年 09月 20日

【TVM】イメルダ・スタウントン、「虫とけものと家族たち」に出演

「ヴェラ・ドレイク」のイメルダ・スタウントンが英BBC製作の「My Family And Other Animals」に出演。

動物好きな12歳の少年ジェラルド・ダレルとその風変わりな家族。彼らは雨模様のイギリスから逃れ、暖かい陽の光にあふれるギリシャのコルフ島にやってきた…

これはジェラルド・ダレルの有名な自叙伝「虫とけものと家族たち」をドラマ化するもの。
原作は個性的な登場人物が楽しくて、動物好きにはたまらん1冊。「鳥とけものと親類たち」、「風とけものと友人たち」に続きます(この順番だったっけ?タイトルはあってるっけ?)。

スタウントンの他には「チェイシング・リバティ」のマシュー・グッドオミッド・ジャリリEugene SimonTamzin MerchantRussell Toveyなどが出演予定。
Simon Nyeが脚本、「ロック、ストック&フォー・ストールン・フーヴズ」(ガイ・リッチーが製作に関わってるTVシリーズ)のシェリー・フォークソンが監督。Simon Lewisが製作、Susan Hoggが製作総指揮。

この原作、80年代後半に30分のTVシリーズにもなってるみたい。日本には入ってきていないようですが…

ライフログ
虫とけものと家族たち
ダレル 池澤 夏樹 / 集英社

久しぶりに図書館で読もうと思ったら「鳥とけものと親類たち」しかなかった…残念。
[PR]

by hamchu | 2005-09-20 09:53 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 19日

第57回 エミー賞 ミニシリーズ・TVM部門 受賞結果

本日発表された第57回エミー賞のミニシリーズ部門の受賞結果。
見事にHBOばっかり。っていうか、「ロスト・プリンス」以外はHBOしかない?

作品賞(ミニシリーズ部門)
 「Elvis」
 「Empire Falls」
 「4400 未知からの生還者」
○「ロスト・プリンス」

TVムービー作品賞
 「Lackawanna Blues」
 「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」
 「The Office Special」
○「Warm Springs」
 「The Wool Cap」

主演男優賞
 ジョナサン・リス・メイヤーズ 「Elvis」
 エド・ハリス 「Empire Falls」
○ジェフリー・ラッシュ 「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」
 ケネス・ブラナー 「Warm Springs」
 ウィリアム・H・メイシー 「The Wool Cap」

ピーター・セラーズの愛し方 ~ライフ・イズ・コメディ ! / アミューズソフトエンタテインメント
The Life and Death of Peter Sellers Roger Lewis / Applause Theatre & Cinema Books

主演女優賞
 ブライス・ダナー 「Back When We Were Grownups」
 デブラ・ウィンガー 「Dawn Anna」
○S・エパサ・マーカーソン 「Lackawanna Blues」
 ハル・ベリー 「Their Eyes Were Watching God」
 シンシア・ニクソン 「Warm Springs」

助演男優賞
 ランディ・クエイド 「Elvis」
○ポール・ニューマン 「Empire Falls」
 フィリップ・シーモア・ホフマン 「Empire Falls」
 クリストファー・プラマー 「Our Fathers」
 ブライアン・デネヒー 「Our Fathers」

Empire Falls Richard Russo / Vintage Books

助演女優賞
 カムリン・マンハイム 「Elvis」
 ジョアン・ウッドワード 「Empire Falls」
 シャーリーズ・セロン 「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」
○ジェーン・アレキサンダー 「Warm Springs」
 キャシー・ベイツ 「Warm Springs」

監督賞
 フレッド・スケピシ 「Empire Falls」
 ジョージ・C・ウルフ 「Lackawanna Blues」
○スティーヴン・ホプキンス 「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」
 ジョセフ・サージェント 「Warm Springs」

脚本賞
○クリストファー・マーカス、スティーヴン・マクフィーリー 「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」

第57回エミー賞 ミニシリーズ・TVM部門 ノミネート作品
[PR]

by hamchu | 2005-09-19 10:59 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 15日

【TV】BBCがテリー・プラチェット作品をドラマ化

英BBCはテリー・プラチェットのベストセラー「Johnny and the Bomb」を3部構成の子供向けドラマにする模様。
Pratchett novel to be BBC drama

不思議な浮浪者の女性が押していたカートには、タイムトラベルの秘密が???
これはジョニーと少年少女たちが活躍するアドベンチャー「ジョニー・マックスウェル」シリーズの3作目。

ドラマは「輝きの海」、「オスカー・ワイルド」のゾー・ワナメイカー、「スペースバンパイア」、「戦場のピアニスト」のフランク・フィンレイ、「恐竜の島」のキース・バロンが出演。
Dermot Boydが監督、Peter Tabernが脚本。

「ジョニー・マックスウェル」シリーズは2作目「Johnny and the Dead」(邦題「ゴースト・パラダイス」)が95年にTVシリーズになっています。

プラチェットといえば、「Good Omens」(ニール・ゲイマンとのコンビレーション作品。長くテリー・ギリアム監督の予定企画に入っていた)は何処かに消えちゃった?

ライフログ
Johnny and the Bomb
Terry Pratchett / Corgi Childrens
[PR]

by hamchu | 2005-09-15 09:01 | TV・ニュース | Trackback | Comments(1)