カテゴリ:興収成績( 349 )


2004年 07月 12日

全米映画興行収益 速報 7月12日

今週は「スパイダーマン2」が$46Mで首位をキープ。
初登場ではウィル・フェレルのコメディ「Anchorman」が$28Mで2位。
「キング・アーサー」は$15.2Mで3位とジェリー・ブラッカイマー製作の映画としてはやや物足りない感じ?(このところのディズニー系のコケ具合がまた云々されるかも)
もう1本の初登場「Sleepover」は$4.2Mで10位スタートとなりました。

「華氏911」はやや下げてもまだ4位($11M)。公開劇場数も2000を超えて、トータル$80M。
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「ガーフィールド」のファミリー・ムービーがベスト10からランク外に。

7月9-11日
1位 スパイダーマン2 $46M
2位 Anchorman $28M
3位 キング・アーサー $15,1M
4位 華氏911 $11M
5位 ザ・ノートブック(原題) $6,5M
6位 White Chicks $6,5M
7位 Dodgeball: A True Underdog Story $5,4M
8位 ターミナル $5M
9位 シュレック2 $4,5M
10位 Sleepover $4,2M

今週はアレックス・プロヤス監督、ウィル・スミスの「アイ,ロボット」がどうかな?という感じ。ヒラリー・ダフのロマコメ「シンデレラ・ストーリー(原題)」もあります。

参考 全米映画興収速報 7月12日
[PR]

by hamchu | 2004-07-12 07:41 | 興収成績 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 07月 06日

全米映画興行収益 速報 7月6日

先週はパソコンが壊れている間にマイケル・ムーアの「華氏911」が話題になっていたようですが(900弱の公開劇場数でBOX OFFICEの1位になるというのは、当初あまり予想されていなかったと思う)、劇場数を増やして今週も2位をキープしました($21M)。

というわけで首位は初登場「スパイダーマン2」
金曜日から月曜日までの4日間の累計は$115.8M、水曜の公開からの累計も$180.1Mと記録づくめ。
前作は2002年5月に公開、3週目に「スター・ウォーズ エピソード2」に首位を明け渡していますが、今回は何週首位をキープするのか?(評価もなかなか高いようです)

2位以下は12位まで先週の1ランクダウン(ここまできれいなシフトも珍しい)。
1位 スパイダーマン2 $115,8M
2位 華氏911 $21M
3位 White Chicks $12M
4位 Dodgeball: A True Underdog Story $10.5M
5位 ザ・ノートブック(原題) $10.3M
6位 ターミナル $10.2M
7位 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人  $8.1M

今週はアントワン・フークア監督、クライヴ・オーウェン、キーラ・ナイトレイの「キング・アーサー」が7日公開、ウィル・フェレルのコメディ「Anchorman: The Legend of Ron Burgundy」はどうか?

参考 全米映画興行収益速報 7月6日
[PR]

by hamchu | 2004-07-06 07:30 | 興収成績 | Trackback(3) | Comments(0)
2004年 06月 21日

全米映画興行収益 速報 6月21日(追加記載アリ)

a0000270_8331.jpg今週のBOX OFFICEの結果はベン・スティラーの「Dodgeball: A True Underdog Story」が$30M、ダントツの初登場1位!
やっぱりなあ、と思われた方もきっと多くいらっしゃることでしょう(笑)。
同じく初登場、S・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演の「ターミナル」(年末日本公開予定?)が18,7Mで2位。
2週連続1位の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は$17,4Mで3位に後退。

4位から6位までは先週から1ランクダウン、4位「シュレック2」($13,6M)、5位「ガーフィールド」($11M)、6位「ステップフォード・ワイフ」($9,2M)
先週2位の「リディック」は何処に行ってしまったんだろう?と思ったら早々に7位に転落。

もう1本の初登場、ジュール・ヴェルヌの「八十日間世界一周」を映画化した「アラウンド・ザ・ワールド・イン・80デイズ」(11月6日日本公開予定)は9位スタートという結果でした。

今週は「トゥー・ブラザース」、ニコラス・スパークス原作「きみに読む物語」映画化「ザ・ノートブック(原題)」などもありますが、やっぱり一番の注目はマイケル・ムーアの「華氏911」?

参考 全米映画興収速報 6月21日

*ちなみに今週のNYタイムズベストセラーリスト・ペーパーバック部門の1位はニコラス・スパークスの「きみに読む物語」
映画の公開を前に一気に上がってきたようです。

表紙 八十日間世界一周 岩波文庫(岩波書店 刊)

*6月22日 追記
確定で「リディック」と「ステップフォード・ワイフ」が逆転(「ステップフォード…」は多めに予測しすぎじゃないの?)
6位 リディック
7位 ステップフォード・ワイフ
[PR]

by hamchu | 2004-06-21 08:34 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2004年 06月 14日

全米映画興行収益 速報 6月14日(追加記載アリ)

a0000270_85145.jpg公開2週目「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」が$35.1Mで今週も首位をキープ!
ヴィン・ディーゼルのSFアクション「リディック」は初登場2位($24.6M)。金曜日初日には「ハリポタ」と競っていたこの映画、週末の総合的な数字では次点となりました(劇場数が1000違うし)。

3位は1ランクダウン、$24Mで「シュレック2」 
累計では歴代BOX OFFICEの「ファインディング・ニモ」を既に超えてしまったようです(「ファインディング・ニモ」は8日の時点で歴代10位)。

その他の初登場では、アイラ・レヴィン原作の「ステップフォードの妻たち」をリメイク映画化したニコール・キッドマン主演のコメディ・スリラー「ステップフォード・ワイフ」が4位(このキャストから考えるとやや物足りない?)、トラ猫ガーフィールドが実写の世界で大活躍「ガーフィールド」が5位スタート。

20館、31館から589館へと劇場を増やしているジェナ・マローン(キーラ・ナイトレイの「高慢と偏見」にも出演決定?)、マンディ・ムーアのコメディ「Saved!」が先週13位から9位に上昇。

今週末はスピルバーグ&トム・ハンクスの「ターミナル」(日本は年末公開?)もあるけど、ベン・スティラーのドッジボールモノ「Dodgeball: A True Underdog Story」はどうでしょうか?

参考 全米映画興収速報 6月14日

表紙 ステップフォードの妻たち ハヤカワ文庫 NV(早川書房刊)

*6月15日 追記
確定結果では「ガーフィールド」が「ステップフォード・ワイフ」を逆転!
4位 ガーフィールド $21,7M
5位 ステップフォード・ワイフ $21,4M
[PR]

by hamchu | 2004-06-14 08:52 | 興収成績 | Trackback | Comments(2)
2004年 06月 07日

全米映画興行収益 速報 6月7日

a0000270_83314.jpg今週は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」が$92.7Mで初登場1位!
オープニング週としては第1作「賢者の石」が$90.3M、第2作「秘密の部屋」が$88.4Mでシリーズ一番のスタート。
評価も概ね良好のようで、今後はどこまで数字を伸ばせるか?

2位、3位はそれぞれ1ランクダウンで「シュレック2」($37M)、「デイ・アフター・トゥモロー」($28.2M)
「シュレック2」は3週トータルが$313.6Mに。「デイ・アフター・トゥモロー」は2週で$128.8Mとこちらも優秀。

4位は先週と変わらず2週目の「Raising Helen」
「Super Size Me」10位、「Saved!」12位(先週確定順位は15位)とこのあたりも変わりなし。
「トロイ」(5位)、「ヴァン・ヘルシング」(8位)がそろそろ失速か?という中「Mean Girls」(6位)と「マン・オン・ファイアー」(9位)がランキングに残っております。

11日の拡大公開予定は「リディック」、「ステップフォード・ワイフ」、「ガーフィールド」…来週のトップ3はどうなる?

参考 全米映画興収速報 6月7日

表紙 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 J・K・ローリング 訳:松岡佑子 表紙イラスト:D.シュレシンジャー 静山社
[PR]

by hamchu | 2004-06-07 08:34 | 興収成績 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 06月 01日

全米映画興行収益 速報 6月1日

5月の最終月曜日はメモリアルデイ(戦没者追悼記念日)の休日、ということで週末BOX OFFICEの結果も28日から31日まで、今日発表になりました。

金曜日スタート時は「デイ・アフター・トゥモロー」のほうが上に来ていたのでこれはどうか?と思いましたが、4日間の集計では2週目の「シュレック2」が$92.2Mでトップ。累計も$257Mとスゴイ!
2位は$86M「デイ・アフター・トゥモロー」で初登場首位を飾ることができず。
3位は先週2位の「トロイ」が$15Mでひとつ順位を落としました。

そのほかの初登場ではタッチストーンのコメディ「Raising Helen」が$14Mで4位(ケイト・ハドソン痩せたようでよかった、よかった)、MGMのコメディ「Soul Plane」が5位。

「Super Size Me」は200弱の公開館で相変わらずの10位、ランク外ですが初登場マンディ・ムーア主演の限定公開(20館)「Saved!」が12位でした。

4日からは「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」が登場!

参考 全米映画興収速報 6月1日


*「デイ・アフター・トゥモロー」関連書籍に関する非公式な経緯と見解
「デイ・アフター・トゥモロー」の原作については当初、ホイットリー・ストリーバー&アート・ベルの「The Coming Global Superstorm」の名前が(非公式に?)挙がっていた時期がありました。
私もストリーバーの公式HP・Unknown Countryでニュースを見て、自分のHPの映画化予定原作リストに入れてたからあまりとやかくは言えないんですけどね…(笑)

しかし、去年の末から、海外映画情報サイトの原作のクレジット情報がいつのまにか削除されていった。
何だか不思議な感じはしていたんですが(自分のところのリストからはずすかどうかの判断も微妙だし)、公式HPができてもこの本が原作としてクレジットされることはなく、STORYには監督ローランド・エメリッヒの名前が。
映画のノベライズ本(日本では竹書房刊)はホイットリー・ストリーバーが作者なのですが、予約開始当初はUS版はローランド・エメリッヒ作、ということになっていました(私の記憶が確かならば 笑)。

だから、日本で「The Coming Global Superstorm」の翻訳版「デイ・アフター・トゥモロー―スーパーストーム 世界が氷に覆われる日」が刊行された際、帯に”「デイ・アフター・トゥモロー」原作本”、と書いてあったのであれ?と思ったわけです(いや、私としては映画には原作があったほうがいいのですよ 笑)。
まあ、エメリッヒがこの本にインスパイアされた、ということは確かなようですが。

発行元に問い合わせたところ、本の権利代理人に映画の原作として紹介を受けて発売している、アメリカの映画サイト内でも原作と表記されている旨の説明を受けている、とのこと。
その割にはどのサイトにも(米版の公式サイトにも)書いてないような気もしますが…(私が見つけられないだけ?)少なくともアメリカの映画サイト内でも原作として表記されている(Based on the Bookとかnovelとか書かれている)…という点はかなりアヤシイです。

これらに関しては調査中(上記内容に誤り・変動がある可能性大いにアリ)。
どなたかこのあたりの経緯についてご存知の方がいらっしゃいましたら、情報提供下さるようよろしくお願いいたします(なに、そんな細かいこと気にしてるのは、自分だけだって?…確かに)。
[PR]

by hamchu | 2004-06-01 07:40 | 興収成績 | Trackback(2) | Comments(0)
2004年 05月 24日

全米映画興行収益 速報 5月24日

水曜日に公開された「シュレック2」
初日の結果からいっても、この週末の1位はこの映画でほぼ決まり。注目は3日間の数字のトータルだったのですが…
週末3日$104.3M、公開から5日間で$125.3Mとスゴイこと。
公開館数も4000以上とこちらもビッグ。いろいろな面で記録づくめとなっているようです。

2位以下は8位まで先週のシフト。
2位「トロイ」(2週目)$23.8M、3位「ヴァン・ヘルシング」(3週目)$10.1M、4位「Mean Girls」$6.9M(4週目)、5位「マン・オン・ファイアー」$3.5M(5週目)
先週12位だった「Super Size Me」が10位でついにランクに登場!(このあたりは確定しないと微妙ですが)

来週以降も28日「デイ・アフター・トゥモロー」、6月4日「ハリーポッターとアズカバンの囚人」、6月11日「リディック」…と大作が続々公開。
「シュレック2」は初登場首位の1週天下に終わってしまうのか?それとも今後も数字を伸ばすのか?に注目でしょうか。

参考 全米映画興収速報 5月24日
[PR]

by hamchu | 2004-05-24 08:50 | 興収成績 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 05月 17日

全米映画興行収益 速報 5月17日(5月18日 追加記載アリ)

今週は初登場「トロイ」が$45.6Mで1位に。
日本でもこの土曜から公開(先行で見られた方、どうでしたか?)。主演のブラピも来日中のようで大ヒットが予想されます。
2位、3位は先週からのシフトで「ヴァン・ヘルシング」($20.1M)、「Mean Girls」($10.1M)

先週の「ヴァン・ヘルシング」の週末3日間の確定値は結局51.7M(推定値では54.2M)。「トロイ」は初登場の週末として「ヴァン・ヘルシング」を上回ることができず(劇場数がちと違うけど)。
日本でこの2本を同じように公開してもまずこういう数字にはならないだろう…というあたりはやはり面白いと思います。

ジェイミー・フォックス主演の「Breakin' All the Rules」は$5.3Mで4位スタート。
それ以下は、5位「マン・オン・ファイアー」 $5.2M、6位「13 Going on 30」$4.2M、7位「ニューヨーク・ミニット」$3.8Mといった感じ。
先週から公開週と順位だけがほとんど変化なくシフトしてたりして…

ランク外では11位に限定113劇場、2週目の「Super Size Me」が。
「毎日三食マクドナルドばかり食べ続けるとどうなるか?」という実験を記録し、サンダンス映画祭で上映されて話題になったドキュメンタリー(「スーパーサイズにいたしますか?」と訊かれたら絶対そうしないといけないんだったっけ?)

今週は19日にカンヌでも話題になっている?「シュレック2」が登場。
日本では7月24日公開予定です。

参考 全米映画興収速報 5月17日

*5月18日 追加
確定しましたら10位が「Envy」、11位が「Godsend」、12位が「Super Size Me」になりました。
[PR]

by hamchu | 2004-05-17 07:49 | 興収成績 | Trackback | Comments(2)
2004年 05月 10日

全米映画興行収益 速報 5月10日

今週はスティーヴン・ソマーズ監督、ヒュー・ジャックマン主演の「ヴァン・ヘルシング」が $54.2Mで初登場1位に。
この映画、世界41カ国で同時公開されたそうですが、日本では9月4日公開予定…確かにこの手のものを同時公開しても日本で大きく売れるとは限りませんが、せめて夏映画にして欲しかったような。
また、かかったコストが非常に大きいようなので、回収は今後にかかっている?

2位、3位は先週からのシフトで「Mean Girls」($14M)、「マン・オン・ファイアー」($7.9M)

土曜日に 米人気双子の映画公開 映画館にファンが殺到 なんて記事が日本でも流れたからよほど「ニューヨーク・ミニット」が売れているのかと思ったら…(金曜日単独では4位で、2位「Mean Girls」のGrossはこの映画の倍以上…劇場ごとの売り上げが高いわけでもないし、なんでこんな記事が日本で配信されたんだかちと不思議。いや、オルセン姉妹のファンはたくさん映画館に行ったんでしょうが)
というわけで、初登場「ニューヨーク・ミニット」は週末3日間でも$6.2Mで4位でした。

それ以下は、5位「13 Going on 30」 $5.5M、6位「Laws of Attraction」$3.5M、7位「キルビルVol. 2」$3Mといった感じ。

今週は日本でも大きく注目されている「トロイ」が日本より1週早く公開。
ウォルフガング・ペーターゼンが監督。レビューが楽しみです(どういう意味だ)。

参考 全米映画興収速報 5月10日
[PR]

by hamchu | 2004-05-10 08:25 | 興収成績 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 05月 03日

全米映画興行収益 速報 5月3日

今週は新作の公開が多かったのですが、原作があるモノはリンゼイ・ローハン主演、マーク・S・ウォーターズ監督の「Mean Girls」のみ。
これがBOX OFFICEの上位に来てくれるとうれしいなという感じだったのですが(また勝手に)、$25Mで初登場1位に輝きました!

監督、主演は日本でも現在公開中「フォーチュン・クッキー」(原題「Freaky Friday」)のコンビ。「フォーチュン・クッキー」も親子の関係を描いたティーンムービーでしたが、「Mean Girls」もティーンモノのコメディ。
原作はロザリンド・ワイズマンの「Queen Bees and Wannabes: Helping Your Daughter Survive Cliques, Gossip, Boyfriends and Other Realities of Adolescene」(長い題…)

とはいえ、映画は原作から離れ?リンゼイ扮する主人公はアフリカ帰り、初めての高校生活に戸惑いいっぱいという感じ(この年代の女の子はやはり、ややこしいのか?)。
観客の多くは女性のようです。

2位、3位は先週から1ランクダウン、デンゼル・ワシントンの「マン・オン・ファイアー」( $15.2M)とジェニファー・ガーナーの「13 Going on 30」($10M)

4位以下は初登場が並び、4位「Laws of Attraction」、5位「Godsend」、6位「Envy」
このあたりは公開劇場数は同じくらいなのですが、だいたい批評家の評価通りに並んでいたりして(「Envy」の評判はあまりよろしくない様子)。
7位以下も先週のシフト。

来週の公開作品ではヒュー・ジャックマンの「ヴァン・ヘルシング」が大きなところでしょうか。

参考 全米映画興収速報 5月3日
[PR]

by hamchu | 2004-05-03 09:25 | 興収成績 | Trackback | Comments(3)