<   2004年 12月 ( 58 )   > この月の画像一覧


2004年 12月 30日

【個人的総括】2004年 ミステリー・マイ・ベスト ほか

最後に映画とはあまり関係なく、今年のミステリー作品の個人的なベストを…

a0000270_1840874.jpga0000270_18402339.jpga0000270_18403829.jpga0000270_1840523.jpg







1 誰でもない男の裁判 A・H・Z・カー 晶文社
2 イデアの洞窟 ホセ・カルロス・ソモサ 文藝春秋
3 炎に消えた名画 チャールズ・ウィルフォード 扶桑社ミステリー
4 犬は勘定に入れません あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎 コニー・ウィリス 早川書房
5 殺しの接吻 ウィリアム・ゴールドマン ハヤカワ・ミステリ
6 ナイロビの蜂 ジョン・ル・カレ 集英社文庫

1、2、3、4 短篇、メタ、フロリダ系、動物と好きなものを素直に上位に(笑)。
5 「殺しの接吻」って原作はこういう話だったんだ…(ゴールドマンらしいというか何というか)
6 いい映画になりそうな題材で、映画版はレイフ・ファインズ&フェルナンド・メイレレスなもんだから勝手に肩入れしまくっている(コラコラ)。脚色は「007 ゴールデンアイ」脚本家、「コールド・ルーム」原作者のジェフリー・ケインのようなんですが…(えっ、「コールド・ルーム」ってTVMだったの?)

その他、今年話題になった書籍で映画化企画アリ?、既に映像化済みの作品は…

a0000270_154252.jpga0000270_1543483.jpga0000270_1646051.jpga0000270_16462347.jpg







・ダ・ヴィンチ・コード ダン・ブラウン
06年公開予定 ロン・ハワード監督、トム・ハンクス
・荊の城 サラ・ウォーターズ
英BBC TVドラマ化 05年放送予定
この2作品は来年も注目。

a0000270_1845655.jpga0000270_18452041.jpga0000270_18453396.jpga0000270_18454817.jpg







・奇術師 クリストファー・プリースト
本来クリストファー・ノーラン監督が「バットマン」映画化の前に手がける予定だった企画。
その後「バットマン ビギンズ」が先行し、こちらは白紙の状態に?
・迷宮の暗殺者 デイヴィッド・アンブローズ
「覚醒するアダム」は04年に映画化のニュースが発表済。
こちら「迷宮の暗殺者」はオプション権はどこかが持っているのでしょうが、今のところ具体的な話はない模様。後書きによると作者はチャーリーにはジュード・ロウを希望しているようですが…(またまた~笑)
・白い雌ライオン ヘニング・マンケル
クルト・ヴァランダーモノは既に本国でTVMになってますが、その他にも「One Step Behind」をポール・バーホーベンが映画化予定!
その他「シャッター・アイランド」をウォルフガング・ペーターゼンが監督するという話も去年あったでしょうか?(その後監督は「エンダーのゲーム」や「カメレオンの呪文」に傾いた?)

「ワイオミングの惨劇」の作者トレヴァニアン氏は、この作品映画化されそうにない…なんておっしゃっているようですが、十分映画化の可能性はあると思う(笑 今やどんな活字も映画化されないものはない)。
05年はどんな企画が飛び出すか…今から本当に楽しみです(来年はどんな作品を映画化して欲しいですか?)。
[PR]

by hamchu | 2004-12-30 18:37 | 興収成績 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 12月 30日

【Trailer】「ファンタスティック・フォー」「ナルニア国ものがたり」撮影風景

05年公開予定「ファンタスティック・フォー」の長い撮影風景映像がYahooに登場。
On the set of 'Fantastic Four'

やっぱりジェシカ・アルバは非常にカワイイ(しかし、ヨアン・グリフィスとジュリアン・マクマホーンの区別がつかないのは私だけ?)。
No1ファン、とかプレートを掲げたファンもいるんだなあ…(笑)

a0000270_1036575.jpgまた、05年12月8日公開予定の「ナルニア国ものがたり」映画版の映像もAppleでオンラインに…
The Chronicles of Narnia WETA Featurette

これはBehind the Scenes Featuretteとして以前からネット上に登場していたもの。
日本でも既に大きく宣伝をうって、今後だんだん盛り上げていくと思いますが…
[PR]

by hamchu | 2004-12-30 08:56 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 29日

スマトラ沖地震 スリランカ在住アーサー・C・クラーク氏のコメント

今回のスマトラ沖の地震につき、スリランカ在住のSF作家アーサー・C・クラーク氏のコメントが公式HPに。
Sir Arthur Message from Sri Lanka

ご本人もご家族もご無事なご様子で安心しましたが、この地震及び津波では各地で、思わぬ有名人やご家族も被害にあわれており、プーケットではリチャード・アッテンボロー監督の孫娘さんも亡くなられたとか…(娘さんは行方不明の模様)
行方不明の方々の無事な発見、被災地の迅速な救済・復興を願いたいものですが…
[PR]

by hamchu | 2004-12-29 10:58 | その他 | Trackback(3)
2004年 12月 28日

05年海外公開予定 原作つき映画 期待の10作品

こちらは海外で来年公開予定の作品(まだ未公開)。
大作は日本でもあまりタイムラグなしに見れるのではないでしょうか?

05年海外公開予定 原作つき映画 期待の10作品

a0000270_1636.jpga0000270_166675.jpga0000270_1244595.jpg







1 ナイロビの蜂(05年公開予定)
監督:フェルナンド・メイレレス、出演:レイフ・ファインズ、原作:ジョン・ル・カレ
2 銀河ヒッチハイクガイド(05年5月6日 全米公開予定)
監督:ガース・ジェニングス
3 暗闇のスキャナー(05年9月16日 全米公開予定)
監督:リチャード・リンクレイター、出演:キアヌ・リーヴス、ウィノナ・ライダー、原作:フィリップ・K・ディック
4 Charlie and the Chocolate Factory(05年7月15日 全米公開予定)
監督:ティム・バートン、出演:ジョニー・デップ、原作:ロアルド・ダール「チョコレート工場の秘密」
5 宇宙戦争(05年6月29日 全米公開予定)
監督:スティーヴン・スピルバーグ、出演:トム・クルーズ、ダコタ、ファニング、原作:H・G・ウェルズ
6 A History Of Violence(05年公開予定 オランダ05年12月8日)
監督:デヴィッド・クローネンバーグ、出演:ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、エド・ハリス、原作:ヴィンス・ロック、ジョン・ワグナー
7 Brokeback Mountain(05年公開予定)
監督:アン・リー、出演:ヒース・レッジャー、ジェイク・ギレンホール、原作:E・アニー・プルー
8 ジャーヘッド(05年11月11日 全米公開予定)
監督:サム・メンデス、出演:ジェイク・ギレンホール、ジェイミー・フォックス、原作:アンソニー・スオフォード
9 ベオウルフ&グレンデル(05年公開予定)
監督:ストゥーラ・ガンナーソン、出演:ジェラルド・バトラー、サラ・ポーリー
10 The Great Raid(05年12月5日 公開予定)
監督:ジョン・ダール、出演:ベンジャミン・ブラット、ジェイムズ・フランコ、原作:ウィリアム.B. ブロイアー

1 「シティ・オブ・ゴッド」のメイレレスがこの作品を映画化するとは!
原作通りのストーリーラインになるのかどうか…「氷の収穫」「Brokeback Mountain」とともにフォーカス・フューチャーズの手腕や如何に?
2、3、4、5 2005年の話題作。原作も監督も俳優も面白い。
6、7、9、10 ひょっとして05年には公開されない?
その他デ・パルマの「ブラック・ダリア」、「フリーダムランド」なども一応05年公開予定ですが、多分延びるだろうなあ…

アメコミでは「バットマン ビギンズ」「ファンタスティック・フォー」「コンスタンティン」などもあり。でも、一番の期待は「シン・シティ」?
[PR]

by hamchu | 2004-12-28 08:54 | 興収成績 | Trackback | Comments(2)
2004年 12月 27日

全米映画興行収益 速報 12月27日(追記あり)

今年も最後のBOX OFFICEとなりました。
今年はあっとビックリ大ヒットってものや、じわじわと上昇してくるものが少なく、やや地味だったのではないでしょうか?(また勝手に)
来年はどんな(原作つき)映画がヒットするか?

今週は「ミート・ザ・ペアレンツ」続編「Meet the Fockers」がダントツの初登場1位!ベン・スティラー、ロバート・デニーロのほかにダスティン・ホフマン、バーブラ・ストライザンドも共演。監督はジェイ・ローチ。
2位も初登場ジョエル・ズウィック監督のコメディ「Fat Albert」
3位は先週1位の「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」となりました。

拡大公開されたマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演の「アビエイター」は4位。
ちょっとへえ~というのがジャウマ・バラゲロのホラー「ダークネス」が初登場6位に来ていること(上映館1700)。
「ライフ・アクアティック」も1100館に拡大されて9位。
「オペラ座の怪人」は622館で10位スタート。
「飛べ!フェニックス」は2週目にして本当にランクから完全に消えてしまいました(12位以内にはいない。トホホ…)。

12月24日-26日
1位 Meet the Fockers $44.7M
2位 Fat Albert 12.7M
3位 レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 $12.5M
4位 アビエイター $9.4M
5位 オーシャンズ12 $8.6M
6位 ダークネス $6.4M
7位 ポーラー・エクスプレス $6.3M
8位 Spanglish $5M
9位 ライフ・アクアティック $4.8 M
10位 オペラ座の怪人 $4.2M

12月29日にはショーン・ペンの「The Assassination of Richard Nixon」、ポール・ワイツ監督のコメディ「In Good Company」、「A Love Song for Bobby Long」、アル・パチーノの「William Shakespeare's The Merchant of Venice」(ヴェニスの商人)がLA・NYで限定公開。

*12月29日 追記
確定で2位と3位の順位が逆転。初登場「Fat Albert」は3位スタート(FOX多く見積もり過ぎだって)。同じくFOXの「フライト・オブ・ザ・フェニックス」は13位でした。
[PR]

by hamchu | 2004-12-27 09:40 | 興収成績 | Trackback(3) | Comments(2)
2004年 12月 26日

05年日本公開予定 原作つき映画 期待の10作品

来年も公開予定の原作つき映画や製作予定の企画が沢山ありますが…その中で期待の作品を勝手にピックアップ。

05年日本公開予定 原作つき映画 期待の10作品

a0000270_84957.jpga0000270_734921.jpga0000270_10233245.jpga0000270_7421752.jpg







1 Sideways 
アレクサンダー・ペイン監督(原作:レックス・ピケット)
2 ミリオン・ダラー・ベイビー 
クリント・イーストウッド監督(原作:「テン・カウント」 F・X・トゥール)
3 ボーン・スプレマシー 
ポール・グリーングラス監督(原作:「殺戮のオデッセイ」 ロバート・ラドラム)
4 フライデー・ナイト・ライツ 
ピーター・バーグ監督(原作:H・G・ビッシンガー)
5 ヴェニスの商人 
マイケル・ラドフォード監督
6 ロング・エンゲージメント 
ジャン・ピエール・ジュネ監督(原作:「長い日曜日」 セバスチャン・ジャプリゾ)
7 クライシス・オブ・アメリカ 
ジョナサン・デミ監督(原作:「影なき狙撃者」 リチャード・コンドン)
8 Being Julia 
イシュトヴァン・サボー監督(原作:「劇場」 サマセット・モーム)
9 ヴァニティ・フェア 
ミーラー・ナーイル監督(原作:「虚栄の市」 サッカリー)
10 Enduring Love 
ロジャー・ミシェル監督(原作:「愛の続き」 イアン・マキューアン)

1、2は各種映画賞の結果いかんで公開時期が早まる?
3は監督がポール・グリーングラスなので(ただ単に贔屓目)。

アンドレ・デビュース原作の「We Don't Live Here Anymore」、マイケル・カニンガム「この世の果ての家」「A Home at the End of the World」(コリン・ファレルの主演作)、ジョン・アーヴィングの「未亡人の一年」「The Door in the Floor」(トッド・ウィリアムズ監督)がはずれちゃった(ここらは来年日本公開されるかわからないので…)。
[PR]

by hamchu | 2004-12-26 10:58 | 興収成績 | Trackback(2) | Comments(9)
2004年 12月 25日

【個人的総括】2004年日本公開 原作つき映画ベスト10

今年も締めくくりの時期ということで個人的な総括を。
今年日本で公開された原作のある映画は60本弱。その中で勝手に10本を選ぶと…

2004年日本公開 原作つき映画ベスト10

a0000270_10592543.jpga0000270_10593997.jpga0000270_10595375.jpg







1 ミスティック・リバー
2 モーターサイクル・ダイアリーズ
3 真珠の耳飾りの少女
4 砂と霧の家
5 ビハインド・ザ・サン(原作:砕かれた四月)
6 ビッグフィッシュ
7 コールドマウンテン
8 白いカラス(原作:ヒューマン・ステイン)
9 ネコのミヌース
10 ポーラー・エクスプレス(原作:急行「北極」号)
次点 ぼくは怖くない

a0000270_1105775.jpga0000270_111126.jpga0000270_1113224.jpg







すごく普通ですね(笑)。
実は「マスター・アンド・コマンダー」、「トスカーナの休日」など映画としては面白く見ましたが、原作と映画…という点からどうか…「王の帰還」のようなシリーズモノも同じような理由から外れています。
上記映画については原作→映画の順番。映画のほうが後のものは「ジャスティス 闇の迷宮 」、「ドリーマーズ」あたり。

ワーストは「テイキング・ライブス」かな(この原作からどのようにしてこういう話になっていったのか、不思議 笑)。
[PR]

by hamchu | 2004-12-25 10:45 | 興収成績 | Trackback(1) | Comments(2)
2004年 12月 24日

【映画】「10日間でダメ男と別れる方法」

a0000270_9175113.jpg5月後半に映画化予定が発表されたミッシェル・アレクサンダージェニー・ロングの「How to Tell He's Not the One in 10 Days (and Other Warning Signs)」
この本の翻訳版が主婦の友社から出版されました。
タイトルは「10日間でダメ男と別れる方法」 
翻訳監修は「だめんず・うぉ~か~」の倉田真由美さんが行っています(ピッタリ)。

いやあ~やっぱりこの本スゴクおかしい(笑)。
パーティで出会った男女が、つきあい(つきあってるのか?)別れるまでの10日間がイラストとともに書かれているのですが、彼のダメさ加減がどうしよーもね~って感じ。

だってその彼、「お気に入りのファッションはケミカルウォッシュのシャツに、ボンタンのパンツ」で「眉毛はつながっている」…女の子よりじゃらじゃらアクセをつけてて、おじさんつっかけ(ドイツ製?)をはき…
外見のことは私も人のことは言えませんが、彼、どんな会話も”超”ではじめて”じゃね?”で終わらせるそうだし、友達に自分のことを”鬼畜”と呼ばせてるそうだし、背中にニキビがたくさんできてるそうだし…

映画にしたとき、女の子はカワイイ子でOKですが(リンゼイ・ローハンなんてどうか?)、このダメ彼のほう誰がやるんじゃい?っていうか、映画は別れたまま終わるのか?(いや、前作「10日間で男を上手にフル方法」のヒネリ具合からいってそう単純な脚本にはならないだろう…)などとなかなか興味はつきません。
【映画の原作ニュース】今度は10日間でどんな方法を教えてくれる?

映画化のほうは女優で脚本家のグレン・ウェルズ(まだ映画化された作品はないようですが、何本か脚本予定の作品がアナウンスされてる)が脚色を担当するようです。
それに前作同様、製作にはロバート・エヴァンズが加わってるみたい(ホント、ロマコメ好きだなあ)。
公開は今のところ05年予定。来年こんなロマコメが映画で見れるかも?(笑)

表紙 10日間でダメ男と別れる方法 ミシェル・アレクサンダー (著), ジェニー・ロング (著), 倉田 真由美 (翻訳) 主婦の友社

ライフログ
10日間でダメ男と別れる方法 ミシェル・アレクサンダー ジェニー・ロング 倉田 真由美 / 主婦の友社
[PR]

by hamchu | 2004-12-24 09:04 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 23日

【映画】コーマック・マッカーシーの新作、映画化予定

「クライシス・オブ・アメリカ」、「ステップフォード・ワイフ」、「ヴィレッジ」の製作者スコット・ルーディンがコーマック・マッカーシーの「No Country for Old Men」を映画化する模様。

マッカーシーの作品の映画化といえばビリー・ボブ・ソーントン監督、マット・デイモン主演の「すべての美しい馬」がありますが、今回の話は西テキサスを舞台にしたノワール・スリラーのようです。

マッカーシーのサイトに行くとこの本が出版されるまでのカウントダウンをやってますが…刊行予定は来年の8月だし、まだまだですね…
The Cormac McCarthy Home Pages

ライフログ
No Country for Old Men Cormac McCarthy / Random House Large Print Publishing
[PR]

by hamchu | 2004-12-23 09:05 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2004年 12月 22日

【映画】短篇「On the Nature of Human Romantic Interaction」映画化

ワーナーブラザースがKarl Iagnemmaの短篇「On the Nature of Human Romantic Interaction」のオプション権を獲得した模様。
Heyday FilmとプランBが製作予定。

恋とロマンスを数学の公式に当てはめる…でもやっぱり、人と人との関係はそううまくはいかない…
作者はやっぱり理系出身者な感じですね(笑)。

キーラン・マロニー(ダーモット・マロニーの弟?)、ミシェル・マロニーが脚色予定。

ライフログ
On the Nature of Human Romantic Interaction
Karl Iagnemma / Dial Pr
[PR]

by hamchu | 2004-12-22 18:57 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)