<   2005年 02月 ( 49 )   > この月の画像一覧


2005年 02月 28日

アカデミー賞作品賞に「ミリオンダラー・ベイビー」

a0000270_84957.jpg第77回アカデミー賞の結果が発表になりました。
作品賞、監督賞(クリント・イーストウッド)、主演女優賞(ヒラリー・スワンク)、助演男優賞(モーガン・フリーマン)を受賞したのは「ミリオンダラー・ベイビー」 原作のある作品です(笑)。

「ミリオン・ダラー・ベイビィ」はF・X・トゥール(本名ジェリー・ボイド)の作品集「Rope Burns: Stories From the Corner」(邦題「テン・カウント」)中の1篇。
トゥールは様々な職についた後、50近くになってボクサーを志し、その後トレーナーに転じた人物。96年に心臓発作を起こしたのを機に筆を執り、70歳にして発表したのがこの作品集。

F・X・トゥールは既に亡くなっているので、遺族エレン・パトリシア・ボイド(トゥールの娘)のthe 17th annual Scripter Award、best film adaptation of a book or novella受賞時のコメントを引用したいと思います(脚色家のポール・ハギスと共に受賞)。

This evening, my father watches from above as we celebrate his work. He watches from above as his children bathe in his glory. My father won his fight and now rests in peace.

娘さんのコメントに思わずもらい泣きしてしまったのは、原作を読んでいるせい、そして訳者あとがきに書かれていたトゥールの言葉が印象に残っているからなのですが(注)、脚本家のハギスは脚色にあたって「トゥールのストーリーの美しさを守り、トゥールが恐れていたような"another bull-boxing movie."にならないように気をつけた」とも語っています(17th annual Scripter Award)。

今回アカデミー賞の脚色賞は「サイドウェイ」のアレキサンダー・ペインとジム・タイラーでポール・ハギスは受賞を逃していますが…(実は「サイドウェイ」の作者、レックス・ピケットのインタビュー抜粋も用意していた 笑)

私はまだこの「ミリオンダラー・ベイビー」を見ていないのですが、これを映画化する…と聞いたとき"素晴らしくいい題材であるが、映画化は非常に難しい"と思った。
昨年米でこの映画が公開された後は評価も高く、この映画がオスカーを受賞して欲しい、と思っていたけれど、実際に受賞するのは難しいのではないか…とも(笑)。
きっといい映画に仕上がっているんだろうね(トゥールが映画を見て何と言ったか聞きたかったなあ。今日も上から見てたかね?)。
日本での公開が楽しみです。


注 「自分は、全ての女性との関係に失敗し(トゥールは何度か離婚している)、父親としても失敗し、闘牛士としてもマタドールになれなかったし(海軍勤務後、メキシコで闘牛士をしていたらしい)、確かに物は書きはしたが、小説家とはいいがたい」 (「テン・カウント」早川書房 訳者あとがき より カッコ内ははむちゅう)

表紙 テン・カウント 早川書房
参考 USC Scripter Award
[PR]

by hamchu | 2005-02-28 14:13 | 映画と原作者 | Trackback(2) | Comments(1)
2005年 02月 28日

全米映画興行収益 速報 05年2月28日 追記アリ

今週は初登場のコメディ「Diary of a Mad Black Woman」が$22.7Mで1位を獲得!
監督はDarren Grant、出演は「Woman Thou Art Loosed 」、「クライシス・オブ・アメリカ」のキンバリー・エリス。公開劇場数が1500に満たない中でのこの結果(その他の上位作品とは1000以上の差がある)、結構予想外だったのでは?
2位は「最後の恋のはじめ方」、3位は「コンスタンティン」がそれぞれ先週からワンランクダウン。

初登場、ウェス・クレイヴン監督、クリスティーナ・リッチ出演のホラー「Cursed」は4位、トミー・リー・ジョーンズの「Man of the House」は5位スタートとなりました。

オスカー受賞に期待のかかる「ミリオンダラー・ベイビー」は6位、「アビエイター」9位、「サイドウェイ」は11位。

2月25日-27日
1位 Diary of a Mad Black Woman $22.7M
2位 最後の恋のはじめ方 $21M
3位 コンスタンティン $11.8M
4位 Cursed $9.6M
5位 Man of the House  $9M
6位 ミリオンダラー・ベイビー $7.2M
7位 Because of Winn-Dixie $6.8M
8位 Are We There Yet? $4M
9位 アビエイター $3.9M
10位 マスク2 $3.8M

3月4日からは「ゲット・ショーティ」続編の「Be Cool」(監督はF・ゲイリー・グレイ)、エイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ出演、ジョン・メイバリー監督のサスペンス「ザ・ジャケット」、ヴィン・ディーゼル主演のコメディ「The Pacifier」(監督は「ウォーク・トゥ・リメンバー」のアダム・シャンクマン)が拡大公開予定。
その他「Dear Frankie」、ドキュメンタリー「Gunner Palace」などが限定公開予定。

*3月1日 追記
確定で9位と10位が逆転。「マスク2」$3.8M、「アビエイター」$3.7Mでした。
[PR]

by hamchu | 2005-02-28 09:41 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2005年 02月 27日

【映画】ピュリツァー賞受賞作品「The Known World」も映画化へ

ジョン・ウェルズ・プロダクションは「The Known World」のオプション権を取得、アンナ・ディーヴァー・スミスが脚色する模様。

原作は04年のピュリツァー賞フィクション部門の受賞作で03年の全米図書賞にもノミネートされていたエドワード・P・ジョーンズの作品(南北戦争の20年前、ヴァージニア州マンチェスター・カウンティで黒人の元奴隷が黒人の奴隷を所有している…という話)。

アンナ・ディーヴァー・スミスはTVシリーズ「ザ・ホワイトハウス」などに出演する女優(ジョン・ウェルズは製作者)。彼女はウェルズと共に製作もつとめる模様です。

ライフログ
The Known World
Edward P. Jones / Amistad Pr
[PR]

by hamchu | 2005-02-27 23:55 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 02月 27日

【Trailer・HP】「Fever Pitch」 「Night Watch」 「ロットワイラー」

☆現在は4月8日全米公開予定、「Fever Pitch」のTrailerがMTV.comに登場!
MTV.com Fever Pitch
【映画】ニック・ホーンビィ原作「ぼくのプレミア・ライフ」 ファレリー兄弟が監督に?

☆ロシアで大ヒットを記録した「Nochnoy dozor」「Night Watch」の米版のオフィシャルサイトがフォックス・サーチライトに。
Fox Searchlight-Night Watch Nochnoy dozor
【映画】ロシアで大ヒット 「ナチノイ・ダゾール」「Night Watch」
まだ予告がないあたりが残念(あのスパイダーベイビーが動いているクリップ映像、どこかで見たと思うんですが…)。

☆久しぶりにFilmaxの公式サイトを見てみたら、いつのまにかブライアン・ユズナの「ロットワイラー」が完成。
Filmax International
【映画】ブライアン・ユズナの「ロットワイラー」
teaserを見てもやっぱり何か違うと思うのですが、この映像にもしっかりとフィゲロウアのクレジットがありました(笑)。
[PR]

by hamchu | 2005-02-27 12:37 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2005年 02月 26日

【HP】テリー・ギリアムの「タイドランド」 Capri films「Villeneuve」のニュース

a0000270_10412242.jpgテリー・ギリアム監督の「タイドランド」の撮影が終了し、HPがオンラインに。
Tideland
【映画】テリー・ギリアム監督「タイドランド」撮影中

この「タイドランド」製作に関わっているのは「Villeneuve」の映画化を発表したCapri filmsなのですが、このプロダクションのサイトに「Villeneuve」映画化に関するニュースが…(併せてご覧下さい)
Capri films
カナダで報道されたニュースを総合すると製作は06年から、プロデューサーは「タイドランド」のガブリエラ・マルチネリ。原作者はやはりジェラルド・ドナルドソン。

表紙 タイドランド ミッチ・カリン(角川書店)


「タイドランド」 原作 おもな登場人物
ジェライザ=ローズ (ジョデル・フェルランド)
ノア ジェライザの父 (ジェフ・ブリッジス)
デル 幽霊女 (ジャネット・マクティア)
ディキンズ (ブレンダン・フレッチャー)
パトリック (Dylan Taylor)
[PR]

by hamchu | 2005-02-26 18:57 | Trailer・HP | Trackback(2) | Comments(1)
2005年 02月 26日

【映画】スカーレット・ヨハンソンが「Forget About It」に出演?

ニューラインシネマはCaprice Craneの未刊行のロマコメ小説「Forget About It」を映画化、エリザベス・クルーガーとクレイグ・シャピロが脚色、スカーレット・ヨハンソンの出演を予定している模様。

クルーガーとシャピロの脚色家コンビ、先日ユニバーサルで「Little Earthquakes」を担当することも発表されていました(【映画】ユニバーサルがジェニファー・ウェイナーの「Little Earthquakes」を映画化)。
作者のCraneは古いほうの「ステップフォード・ワイフ」などに出演している女優ティナ・ルイーズの娘。

このロマコメ企画「Eulogy」のCherry Road Filmsが権利を持っていたと思うんですが、このCherry Road、フィリップ・ノイス予定の「The Bielski Brothers」(【映画】フィリップ・ノイス、1200人のユダヤ人を救った兄弟を映画に)、バリー・ソネンフェルド監督の「ホワイト・ノイズ」(ドン・デリーロ原作)(【映画】バリー・ソネンフェルド監督がドン・デリーロの「ホワイト・ノイズ」を映画化)、ドナルド・E・ウェストレイクの「Money for Nothing」、ローレンス・ブロックの「墓場への切符」などの企画も…
[PR]

by hamchu | 2005-02-26 17:00 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2005年 02月 25日

【映画】ロバート・ラドラム「シグマ最終指令」も映画化へ

「ターミネーター3」、「キャットウーマン」の脚本家マイケル・ファリスとジョン・ブランカトーがロバート・ラドラムの「シグマ最終指令」を脚色する模様。

父親が創業した投資会社の役員を務めるベンは、滞在先のチューリッヒで狙撃され、行く先々で命を狙われる。一方、米国司法省のエージェント、アンナはナチスの秘密結社「シグマ」が絡む事件の捜査に着手する。
ナチスの秘密結社「シグマ」とは?「シグマ」とベンの父との関係は?

脚色のブランカトーとファリスは現在「ターミネーター4」の原案として名前があがってたりします。
映画はユニバーサル・ピクチャーズ、「ボーン・スプレマシー」のポール・L・サンドバーグが製作予定。

原作はラドラムらしいストーリーでありますが、TVM向きな話というか(「ボーン・アイデンティティー」のようなヒットを望めるか?)。

ライフログ
シグマ最終指令〈上〉
ロバート ラドラム Robert Ludlum 山本 光伸 / 新潮社
シグマ最終指令〈下〉
ロバート ラドラム Robert Ludlum 山本 光伸 / 新潮社
[PR]

by hamchu | 2005-02-25 20:48 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 02月 25日

【映画】F1ドライバー、ジル・ヴィルヌーヴの伝記映画をクリスチャン・デュゲイが監督

F1ドライバー、ジル・ヴィルヌーヴの伝記を映画化する「Villeneuve」を「スクリーマーズ」、「EX エックス」のクリスチャン・デュゲイが監督する模様。

製作はCapri Films。
ヴィルヌーヴの伝記「Villeneuve, the Life of a Legendary Driver」を基に「ライ麦畑をさがして」のマルコム・クラークがスクリプトを担当。
ジルの息子ジャック・ヴィルヌーヴがコンサルタントをつとめ、レースシーンではドライブもする模様。

原作のタイトルはジャーナリスト、ジェラルド・ドナルドソンの書いた「Gilles Villeneuve: The Life of the Legendary Racing Driver」が正しいと思います。
日本では90年代初めにソニー・マガジンズから「ジル・ヴィルヌーヴ―流れ星の伝説」のタイトルで出版されていたもの(手元にある原書を見ると日本語版とは章のタイトルのつけ方がちょっと違っている?)。

この映画のニュースを伝えている元記事の原稿が何箇所か間違っているようなのですが(笑)、映画は82年ジルがベルギーのゾルダーで予選中のクラッシュで亡くなってから15年後、97年息子ジャックがスペインのヘレスでドライバーズタイトルを獲得したところから始まるそうな(ヘレスはポルトガルじゃないだろう~)。

ライフログ
Gilles Villeneuve: The Life of the Legendary Racing Driver (Motor Sport)
Gerald Donaldson / Motorbooks Intl
[PR]

by hamchu | 2005-02-25 09:31 | 映画・ニュース | Trackback(4) | Comments(6)
2005年 02月 24日

【映画】イーディ・ファルコが「フリーダムランド」に出演

ジュリアン・ムーアサミュエル・L・ジャクソンが出演、ジョー・ロスが監督予定の「フリーダムランド」に「ザ・ソプラノズ」のカメーラ、イーディ・ファルコが出演する模様。

その他、ロン・エルダードウィリアム・フォーサイスアンソニー・マッキーアーンジャニュー・エリスの出演も決定(誰が何の役か何となくわかる気がする…)。

撮影はNY、3月31日より開始予定。
【映画】「フリーダムランド」 監督はジョー・ロスに
製作はスコット・ルーディン。脚色は原作者でもあるリチャード・プライス(彼はジム・シェリダンの「生きる」リメイク版の脚本も担当)。
現在の米公開予定は06年1月13日(やっぱり今年中の公開は無理だったか)。

製作者のスコット・ルーディンはマイケル・シェイボンの「カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険」(長い方を読んでしまった方がいいと思いつつ、ホントに長いので全然進まない)、ジョナサン・フランゼンの「コレクションズ」の映画化の企画も持っていて私的に注目の製作者の一人であります。
「コレクションズ」はPって人(←誰?)がブラピが出るとか言ってるらしいんだけど、ホントかなあ(笑)。
[PR]

by hamchu | 2005-02-24 09:44 | 映画・ニュース | Trackback(1) | Comments(2)
2005年 02月 23日

【映画】クリス・コロンバスが「Carpe Demon」を映画化

ケヴィンとダンのヘイゲマン兄弟はジュリー・ケナーの刊行予定の新作「Carpe Demon: Adventures of a Demon-Hunting Soccer Mom」を脚色、ワーナー・ブラザース、クリス・コロンバス、マイケル・バーナサン、マーク・ラドクリフの1492 Picturesが映画化する模様。

My name is Kate Connor and I used to be a demon hunter.
悪魔祓いをやっていた過去を持つケイト・コナーも現在は平凡な主婦。
原作についてはよい紹介文があったので、そのまま引用します(笑)。
This book, as crammed with events as any suburban mom's calendar, shows you what would happen if Buffy got married and kept her past a secret. It's a hoot.
-USA Today bestselling author Charlaine Harris(「満月と血とキスと」の作者シャーレイン・ハリス)
原作の刊行は7月ころ。
作者のジュリー・ケナーは夫、娘とテキサス州に在住、以前は法律関係の仕事をしていたようですが現在はフルタイムの作家。日本で既に紹介されているのはハーレクイン・テンプテーションズの作品。
公式サイトによりますと、彼女はクリス・コロンバスの大ファンであるようで…

また、彼女のもう1冊の新作のタイトルは「THE GIVENCHY CODE」…
その書き出しは
This was not my day.

First of all, it was drizzling. Which would be just fine if I were curled up on my couch watching Sex and the City or Desperate Housewives reruns. Or buying shoes on eBay. Or even working on my thesis.
(いや、いいけど)


原作 おもな登場人物
ケイト・コナー
スチュアート ケイトの夫
アリソン(アリー) ケイトの娘、14才
ティム(ティミー) ケイトの息子、2才
ミンディ・デュポン アリソンの親友
ローラ ミンディの母
マーク・ラーソン判事
コルレッティ神父
ベン神父
エドワード(エディ)・ローマン
トッド・スタントン・グリア
ゴラメッシュ


ライフログ
Carpe Demon
Julie Kenner / Berkley Pub Group
[PR]

by hamchu | 2005-02-23 17:11 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)