<   2005年 05月 ( 67 )   > この月の画像一覧


2005年 05月 31日

【映画】「A Perfect Divorce」 「ゴースト/ニューヨークの幻」の脚本家を起用

コロンビア・ピクチャーズと「五線譜のラブレター」アーウィン・ウィンクラーが製作予定の「A Perfect Divorce」で「ゴースト/ニューヨークの幻」、「ディープ・インパクト」のブルース・ジョエル・ルービンが脚本を担当する模様。
映画原作関連ニュース ヘッドライン

「クレイマー、クレイマー」原作者エイヴリー・コーマンの原作はやっぱり?離婚がテーマ。
カレンとロブのバロウズ夫妻は4年前に離婚。思春期の息子、トミーの親権については彼らの弁護士が「most humane settlement」と賞賛する取り決めをして…
作者のコーマンいわく、新しい世代の「クレイマー、クレイマー」を書きたかったんだそうな。

ウィンクラーは「Man on Third」(原作「Columbus Slaughters Braves」)を監督予定になっているほか、95年の監督作品「ザ・インターネット」の続編(「The Net 2.0」)を製作予定。
【映画】アーウィン・ウィンクラーが「Columbus Slaughters Braves」を映画化

エイヴリー・コーマンの作品は70年代にカール・ライナーによって映画化された「オー!ゴッド」がエレン・デジュネレス(「ファインディング・ニモ」でドリーの声)主演(神様?)でリメイク予定。

原作 おもな登場人物
カレン・バロウズ
ロブ カレンの夫
トミー カレンの息子
ヴィッキー・カーステアズ
フランク・バロウズ
アン
ジル・フレミング トミーの友人
ブライアン・ドブソン
キャシー・コリンズ
フィリップ・ジャクソン 有名画家
ポーシャ フィリップの妻

ライフログ
A Perfect Divorce
Avery Corman / St Martins Pr
[PR]

by hamchu | 2005-05-31 23:45 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2005年 05月 31日

全米映画興行収益 速報 05年5月31日 「エピソード3」がV2!

メモリアルデイの休日を含むこの週末4日間を制したのはやはり「スター・ウォーズ エピソード3」!
金曜日デイリーでは「エピソード3」の上に来ていた?「ロンゲスト・ヤード」ですが、結局はドリームワークスのアニメ「マダガスカル」の次で3位(ただ金~日3日間の集計だと2位、3位の順位が逆転している)。

単館系では「Mad Hot Ballroom」が先週22位から12位、ダニエル・クレイグの「Layer Cake」が26位から14位、「Enron: The Smartest Guys in the Room」が16位から15位へ。

5月27日-30日(カッコ内 27日-29日)
1位 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 $70.75M($55.1M)
2位 マダガスカル $61M($47.1M)
3位 ロンゲスト・ヤード $60M($48.1M)
4位 Monster-in-Law $11M($9.2M)
5位 Kicking & Screaming $6.6($4.8M)
6位 Crash $6M($4.7M)
7位 ザ・インタープリター $2.6M($2.2M)
8位 ダニー・ザ・ドッグ $2.3M($1.8 M)
9位 キングダム・オブ・ヘブン $2.2M($1.7M)
10位 蝋人形の館 $1.6M($1.2M)

6月1日からはアン・ブラッシェアーズのYA小説「トラベリング・パンツ」を映画化「The Sisterhood of the Traveling Pants」(【Trailer】トラベリング・パンツ)、6月3日からはロン・ハワード監督、ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー出演の「シンデレラマン」(日本では9月公開予定?)、「サーティーン」のキャサリン・ハードウィックが監督、ヒース・レジャーの「Lords of Dogtown」が拡大公開予定。
その他「Milwaukee, Minnesota」(監督はアラン・メンデル)、ドキュメンタリー「Rock School」、日本では公開済みの「ディープ・ブルー」などが限定公開予定。
[PR]

by hamchu | 2005-05-31 09:54 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 30日

【TVM】美しき容疑者/海に消えた真実

またもや珍しい作品がテレビ東京、午後のロードショーに登場。
本日、明日放送予定の「美しき容疑者/海に消えた真実」は91年のTVM。
70年代に実際にあった事件を基にした実録ドラマです。

監督はスティーヴン・キング原作「IT/イット」TVM、「ヴァンパイア/黒の十字架」(カーペンター監督の「ヴァンパイア/最期の聖戦」の続編。ジョン・ボン・ジョヴィが出てるヤツ)のトミー・リー・ウォーレス
原作はヴィンセント・T. バグリオーシ(with Bruce B. Henderson)の「And the Sea Will Tell

1974年、カリフォルニア在住の裕福なマックとマフのグラハム夫妻はハワイの南1000マイルのパルマイラ島に向けてヨット、シー・ウィンド号で出航する。
しかし、そのシー・ウィンド号でハワイに戻ってきたのは二人の若者バック・ウォーカーとジェニファー・ジェンキンズだった…
グラハム夫妻は釣りに出たまま亡くなった…二人はそう説明する。

事件が進展するは6年後の1980年、パルマイラ島で発見された人骨がマフ・グラハムのものであると判明し、ウォーカーとジェンキンズは殺人罪で起訴される。
この裁判でジェンキンズの弁護士を務めたのがバグリオーシ(TVの吹き替えではブリオーシとか言ってる?)。

TVMでは故リチャード・クレンナがバグリオーシを、ブライアン・ブラウンの奥様レイチェル・ウォードがジェニファー・ジェンキンズ、ハート・ボックナーがバック・ウォーカーを演じているほか、ディードル・ホール(マフ)、ジョン・カペロス(ブリオーシと組む弁護士。なかなかいい味出してる)、ジェームズ・ブローリン(マック)、スーザン・ブレイクリーなどが出演。

のっけから海の上で何が起こったのかわからない灰色の展開で、つかみはOK?

バグリオーシは「ヘルター・スケルター」事件で有名ですが、実録モノの著書はビューグリオシー表記で翻訳もあり(「裁判―ロサンゼルス二重殺人事件」、「カインの影」)。
「裁判―ロサンゼルス二重殺人事件」はTVMになってるけど日本未上陸。

ライフログ
And the Sea Will Tell
Vincent Bugliosi / Ivy Books
[PR]

by hamchu | 2005-05-30 14:04 | TVの原作 | Trackback | Comments(1)
2005年 05月 30日

【HP・Trailer】ルーカス・ブラック、ピーター・コヨーテのスリラー「Deepwater」

Lightning EntertainmentはHalcyon Entertainmentのサイコスリラー「Deepwater」の海外配給権を取得した模様。
http://www.deepwaterthemovie.com/

原作は日本では「シングル・ショット」が出ているマシュー・F. ジョーンズの「Deepwater

小さな町Deepwaterにふらりとやってきて、モーテルで働き始めた流れ者Nat Banyon。モーテルのオーナーHerman Finchは魅力的だが謎のありそうな人物である。
この町でナットは裏切りと殺人に巻き込まれる…

主人公ナットにルーカス・ブラック、フィンチにピーター・コヨーテ、フィンチの妻アイリスに「フリーダ」、「モーターサイクル・ダイアリーズ」のミア・マエストロ。その他、レスリー・アン・ウォーレンマイケル・アイアンサイド(お~)が出演。
David S. Marfieldの初監督・脚本作品。

「Deepwater」は6月開催のシアトル映画祭で上映予定。

ピーター・コヨーテは最近、「ボン・ヴォヤージュ」で見かけましたが、「Return of the Living Dead」シリーズ(いわゆる「バタリアン」)の4と5にも出ています(笑 監督は「スパイダー・パニック」のエロリー・エルカイェム)。
ルーカス・ブラックはサム・メンデス監督の「ジャーヘッド」が11月11日全米公開予定。
ミア・マエストロはホールマークのTVM「十戒」に出演!

ライフログ
Deepwater
Matthew F. Jones / Bloomsbury Pub Plc USA
[PR]

by hamchu | 2005-05-30 10:01 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 29日

【映画】エドワード・ファーロングがヴァンパイアモノに出演?

「ターミネーター2」のエドワード・ファーロングがGreen Valley Entertainment製作の「Kiss of The Sun」でヴァンパイア・ハンターを演じる模様。

原作はStephen L. Antczakのアンソロジー「Daydreams Undertaken」中の一篇「Virtual Day」(ヴァンパイアとヴァーチャルリアリティの太陽というアイデアがなかなか面白そうな作品)

主にTVやOVDで活躍しているMichelle Borthも出演。
短篇、CM監督のベテラン、ジョン・ヒルが監督、Micheal Valverdeが脚本で今月からマイアミ、ブカレストで撮影予定。

ファーロングの出演作品「The Visitation」は現在ポストプロダクションの状態。公開予定は今年の9月?
【映画】エドワード・ファーロングが宗教系スーパーナチュラルスリラーに出演

ライフログ
Daydreams Undertaken
Stephen L. Antczak / Marietta Pub
[PR]

by hamchu | 2005-05-29 18:56 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 29日

映画原作関連ニュース コミック、グラフィック・ノヴェル

★ユニバーサルとマーク・プラット・プロダクションはコミック「Scott Pilgrim's Precious Little Life」の映画化で俳優でもあるマイケル・バコールを脚本家として起用した模様。
原作のコミックはBryan O'Malleyの「Scott Pilgrim」シリーズ第1作。

主人公のスコット・ピルグリムは23歳、カナダのとある町に住んでいて、バンドに所属し、17歳の中国系カナダ人のガールフレンドがいる。
ところが Ramona Flowersという謎の女の子に関わったことからスコットの生活は大きく変わり…
目がすごく大きなキャラクターに特徴あり、作者いわく”rock-n-roll-romantic-comedy-fight comic”だって。

映画は「ショーン・オブ・ザ・デッド」のエドガー・ライトが監督予定。
脚本のバコールはショーン・ペン主演予定の「In Search of Captain Zero」の脚本を書いているほか、レン・ウィリアムズの「Justice Deferred」を脚色予定。

★ニューラインはJeff Parkerのグラフィック・ノベル「Interman」のライセンスを取得。
「エクソシスト ビギニング」のアレクシ・ホーリーが脚色する模様。
遺伝子操作により諜報員を生産する実験と、それにより変異した青年のお話。彼は凶暴な遺伝子を抑えなければならない。
「レクイエム・フォー・ドリーム」のボー・フリン、「After the Sunset」のTripp Vinsonが製作予定。

The Interman Jeff Parker / Octopus

★ティム・アレン、コートニー・コックスが出演のコメディ「Zoom」に(お久しぶり?)チェヴィー・チェイスも出演する模様。

【映画】コートニー・コックスが「Zoom」に出演

Amazing Adventures From Zoom's Academy  / Booksurge Llc
[PR]

by hamchu | 2005-05-29 14:52 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 28日

映画原作関連ニュース HOOT、Loose Lips、Into the Light

★現在公開中の「バタフライ・エフェクト」に出演のローガン・ラーマンが「HOOT」(原作カール・ハイアセン)に主演することが決定!
彼の役はモンタナからフロリダに引っ越してきたばかりの転校生ロイ。
おお~なかなかぴったりかも。
【映画】カール・ハイアセンの「Hoot ホー」映画化?

HOOT カール ハイアセン Carl Hiaasen 千葉 茂樹 / 理論社

★ユニバーサル・ピクチャーズとTribeca Films製作の「Loose Lips」映画化で「XX/YY」のAustin Chickが脚本を担当する模様。
「アバウト・ア・ボーイ」、「ミート・ザ・フォッカーズ」のジェーン・ローゼンタールが製作。
原作はClaire BerlinskiのCIAで働くことになる若い女性を主人公にしたロマコメ小説。

Loose Lips Claire Berlinski / Brilliance Corp

★Fox 2000はロバート・カーソンの新作「Into the Light」の映画化権を取得。
来年以降ランダムハウスから刊行予定のこの本は、幼少のときから盲目であったマイケル・メイという男性が幹細胞移植によって視力を取り戻したという実話について書かれたもの。
製作は「フォーン・ブース」のギル・ネッターとKathy Lingg。

カーソンのノンフィクションはベストセラー「シャドウ・ダイバー 深海に眠るUボートの謎を解き明かした男たち」(ハヤカワノンフィクションで6月刊行予定)も映画化予定。
【映画】「Shadow Divers」 脚本家が決定
[PR]

by hamchu | 2005-05-28 20:46 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 28日

【TVM】フレデリック・フォーサイスの「イコン」

a0000270_9523651.jpga0000270_9524985.jpgホールマーク製作のミニシリーズ、「Frederick Forsyth's Icon」の放送予定が決定し(米Hallmark Channel 5月30日)、Trailerが登場(やっぱりホールマーク製だった…)。
Hallmark Entertainment : Frederick Forsyth's Icon

原作はフレデリック・フォーサイスの「イコン」(角川書店)

ロシアに現れた人気政治家、次期大統領の有力候補コマロフの密かな野望を阻止するため、英情報部が策を巡らす…みたいな話ですが、監督はチャールズ・マーティン・スミス
パトリック・スウェイジ(対露専門家、元CIAのジェイソン・モンク)、パトリック・バーギン(コマロフ)、マイケル・ヨークベン・クロスなどが出ています。

パトリック・スウェイジは昨年ホールマークのTVM「キング・ソロモンの秘宝」に出演(原作H・ライダー・ハガード、監督は「タイムコップ2」のスティーヴ・ボーヤム)。
これは日活から7月8日にDVDリリース予定(映画じゃないよ、ミニシリーズだよ 笑)。

フォーサイスの作品「アベンジャー」はウォルフガング・ペーターゼン監督のプロデュースでTVM製作が発表されています。
【TVM】フレデリック・フォーサイスの「アヴェンジャー」、オリジナル・ムービーに

表紙
イコン〈上〉 フレデリック フォーサイス Frederick Forsyth 篠原 慎 / 角川書店
イコン〈下〉 フレデリック フォーサイス Frederick Forsyth 篠原 慎 / 角川書店
[PR]

by hamchu | 2005-05-28 15:52 | TVの原作 | Trackback | Comments(1)
2005年 05月 27日

【映画】レオナルド・ディカプリオが「誰が為に鐘は鳴る」に出演?

レオナルド・ディカプリオがワーナー・ブラザースの「誰が為に鐘は鳴る」で主演する?という話が登場。
43年の映画版でゲイリー・クーパーが演じたロバート・ジョーダン役に興味を持っているとか。

原作は言わずと知れたヘミングウェイの作品で、1936年にはじまったスペイン動乱を舞台に、アメリカ人青年とスペイン人娘の恋を描く。
「トロイ」の脚本家で「25時」の原作者デヴィッド・ベニオフが脚色予定。

ベニオフはサム・メンデス監督で映画化予定の「The Kite Runner」(原作はカール・ホッセイニ。昨年からペーパーバックでじわじわ売れてる、翻訳が早く望まれる作品)の脚色、「Xメン」スピンオフ「ウルヴァリン」を脚本予定。
【映画】サム・メンデス監督の予定作品

ディカプリオは先週パラマウントでロバート・ラドラムの「囁く声」に出演?なんてニュースが出ていたばかりですが…
【映画】レオナルド・ディカプリオがロバート・ラドラム原作のポリティカル・スリラーに出演?

この「誰が為に鐘が鳴る」のリメイク企画は02年にワーナーが権利を取得した、とニュースになったもの。今回は進展があるか?

ライフログ
誰がために鐘は鳴る (上巻)
ヘミングウェイ 大久保 康雄 / 新潮社
誰がために鐘は鳴る (下巻)
ヘミングウェイ 大久保 康雄 / 新潮社
[PR]

by hamchu | 2005-05-27 16:22 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 05月 27日

【映画】C・バーカーの「血の本」 「ミッドナイト・ミートトレイン」、「豚の血のブルース」を映画化?

ホラー小説家クライヴ・バーカーと「クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア」、「タイムマシン」のプロデューサー、ジョーグ・サラレグイは、今後共同でホラー・スリラー作品を製作、ストーリーのいくつかはバーカーの「血の本」から採用される模様。

まずはLakeshore Entertainmentがクライヴ・バーカーの「ミッドナイト・ミートトレイン」映画化に出資(レイティングによってかなり描写の度合いも違うでしょうが…)。
Jeff Buhlerが脚色、「アイ、ロボット」、「エイリアンVSプレデター」などの特殊効果、メイクアップクリエイターPatrick Tatopoulousが監督、Lions Gate Filmsが配給、秋に製作開始予定。

また、Anthony DiBlasiが「豚の血のブルース」を脚色(一体どんな映画に?)。
その他オリジナルドラフトでの企画もあるようです。

血の本はバーカーの名前を世に知らしめた短篇小説集のシリーズ名。
「ミッドナイト・ミートトレイン」、「ジャクリーン・エス」、「セルロイドの息子」、「ゴースト・モーテル」、「マドンナ」、「ラスト・ショウ」とある程度の年代のホラーファンなら何だか懐かしい?

ライフログ
ミッドナイト・ミートトレイン
クライヴ バーカー 宮脇 孝雄 / 集英社
[PR]

by hamchu | 2005-05-27 09:05 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)