<   2005年 06月 ( 51 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 30日

【映画】「女王陛下の少年スパイ!アレックス」映画化 出演者が決定

アンソニー・ホロヴィッツの人気シリーズ「女王陛下の少年スパイ!アレックス・ライダー」シリーズ第1弾の映画化「Stormbreaker」にAlex Pettyferが出演。撮影はこの日曜日、7月3日より開始される模様。

【映画】「女王陛下の少年スパイ!アレックス」シリーズ「ストームブレイカー」映画化

また、この映画にはミッキー・ロークソフィー・オコネドー(「ジャッカル」、「堕天使のパスポート」)、ビル・ナイアリシア・シルバーストーンミッシー・パイル(「チャーリーとチョコレート工場」)、Ashley Walters(「Goal!」)、ダミアン・ルイス(「ドリーム・キャッチャー」)、サラ・ボルジャー(「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」)が出演する他、ユアン・マクレガーのカメオ登場も予定されているとか…

気になる役どころですが発表されているところによると、ミッキー・ロークは悪役、ミッシー・パイルは彼のPRアシスタント、ビル・ナイとオコネドーはMI6の人、アリシア・シルバーストーンはアレックスのハウスキーパー(ジャック?)、サラ・ボルジャーはアレックスのガールフレンド、ルイスはロシア人暗殺者、Ashley Waltersは英国の軍人だって。

主演のAlex Pettyferはまだあまり出演作品がないようだけど、俳優Richard Pettyfer(BBCのミニシリーズ、サラ・ウォーターズ原作の「Tipping the Velvet」なんかに出ている)と元モデル(現TVプレゼンター)Lee Irelandの息子だそうです。


原作 おもな登場人物
アレックス・ライダー 14歳、主人公 (Alex Pettyfer)
イアン・ライダー アレックスの叔父 (ユアン・マクレガー)
ジャック・スターブライト ライダー家のハウスキーパー (アリシア・シルヴァーストーン)
アラン・ブラント ロイヤル&ジェネラル銀行の頭取(実はMI6の特別作戦局長) (ビル・ナイ)
ジョウンズ夫人 ブラントの部下  (ソフィ・オコネドー)
軍曹 
ウルフ (Ashley Walters)
スミザーズ (スティーヴン・フライ)
へロッド・セイル 「セイル・エンタープライズ」の社長 (ミッキー・ローク)
ミスター・グリン セイルの執事 (アンディ・サーキス)
ナディア・ボール セイルの部下 (ミッシー・パイル)
ヤッセン・グレゴロヴィッチ ロシア人の殺し屋 (ダミアン・ルイス)

ライフログ
ストームブレイカー―女王陛下の少年スパイ!アレックス
アンソニー ホロヴィッツ Anthony Horowitz 竜村 風也 / 集英社
[PR]

by hamchu | 2005-06-30 10:20 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2005年 06月 29日

【映画】「エミリー・ザ・ストレンジ」映画化へ

20世紀FOXは「エミリー・ザ・ストレンジ」の権利を取得、アニメーションと実写ミックスの映画にする予定。

エミリーは、誰かと同じ物なんて欲しがらない…欲しいのは喪失感。

そんな言葉がクールに決まる黒髪の女の子、エミリーはサンフランシスコのアーティスト集団「コズミック・デブリ」が創作したキャラクター。
http://www.emilystrange.com/

人気の絵本版は日本では宇多田ヒカルの翻訳で話題になりました(メディア・ファクトリー)。

ライフログ
エミリー・ザ・ストレンジ
コズミック・デブリ 宇多田 ヒカル / メディアファクトリー
[PR]

by hamchu | 2005-06-29 20:35 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 06月 29日

【映画】ジェイソン・ボーン・シリーズ第3弾 シリーズ脚本家を再起用

ユニバーサルは「ボーン・アイデンティティー」、「ボーン・スプレマシー」から続くシリーズ第3弾「The Bourne Ultimatum」の脚本家として、これまでシリーズの脚本を手がけてきたトニー・ギルロイの起用を(正式に)発表。

原作は一応シリーズ最終刊「最後の暗殺者」(角川文庫)ということになるのでしょうが、もはや原作はあってないようなもの?

マット・デイモンは多分ジェイソン・ボーンとして戻ってくるでしょうが(スクリプトの出来如何ということにはなってるようだけど)、監督は今のところ未定。
ここはひとつ、前回のポール・グリーングラス(「スプレマシー」監督)のようなビックリを期待。

ライフログ
最後の暗殺者〈上〉 篠原 慎 ロバート・ラドラム / 角川書店
最後の暗殺者〈中〉 篠原 慎 ロバート・ラドラム / 角川書店
最後の暗殺者〈下〉 篠原 慎 ロバート・ラドラム / 角川書店

ボーン・アイデンティティー スペシャル・エディション  / ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ボーン・スプレマシー  / ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
ジェイソン・ボーン ツインパック  / ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
[PR]

by hamchu | 2005-06-29 09:22 | 映画・ニュース | Trackback(3) | Comments(0)
2005年 06月 28日

【映画】ルーク・ウィルソン 「Hoot」に出演

ローガン・ラーマンの出演が決まっている「HOOT」(原作カール・ハイアセン)に「キューティ・ブロンド」シリーズのルーク・ウィルソンBrie Larsonの出演も決定した模様。
映画原作関連ニュース HOOT、Loose Lips、Into the Light

Brie Larsonはこれまでジェニファー・ガーナーの「13 Going On 30」、アレクサ・ベガの「Sleepover」などに出演。
彼女が演じるのは主人公ロイと同じ中学に通う女子サッカーの猛者、ベアトリアス・リープ(Brie自身はキュートな女の子で、とてもベアトリス・ザ・ベア”熊”なんてあだ名されるようには見えません)。
ウィルソンはココナツグローブ警察のデイヴィッド・デンリコ巡査。

「HOOT」の現在の全米公開予定は06年3月20日。

ライフログ
HOOT
カール ハイアセン Carl Hiaasen 千葉 茂樹 / 理論社
[PR]

by hamchu | 2005-06-28 19:00 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 06月 28日

【映画】アン・ハサウェイ 「プラダを着た悪魔」でメリル・ストリープと共演

a0000270_10382779.jpgメリル・ストリープの出演も決まっている「プラダを着た悪魔」映画版に「プリティ・プリンセス」シリーズのミア王女ことアン・ハサウェイが出演する模様。

彼女の役はファッション雑誌「ランウェイ」の有名編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)のアシスタントに採用された夢見る?主人公アンドレア。
【映画】メリル・ストリープが「プラダを着た悪魔」に
なかなかよいキャスティングなのではないでしょうか?

アン・ハサウェイといえば04年の作品「Ella Enchanted」(原作はゲイル・カーソン・レヴィンの「さよなら、「いい子」の魔法 」)がなかなか日本に入ってこないのがちと残念…
新作はFocus Features映画の「Brokeback Mountain」、その他、作家ジェーン・オースティンを演じるという「Becoming Jane」がアナウンスされています。

表紙 プラダを着た悪魔 ローレン・ワイズバーガー 佐竹 史子 / 早川書房
[PR]

by hamchu | 2005-06-28 11:02 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 06月 27日

【映画】ニコラス・ローグの「赤い影」がリメイクか?

マーク・ゴードン(「スピード」、「プライベート・ライアン」の製作者?)が73年のスリラー「赤い影」(Don't Look Now)のリメイクを計画。
パラマウントが製作、Andrea Berloffが脚本を担当する模様。

オリジナルはニコラス・ローグ監督、ドナルド・サザーランド、ジュリー・クリスティ出演の(いろんな意味で)伝説の?作品。
娘を失ったばかりの英国人考古学者ジョン・バクスターとその妻ローラ。二人は旅行先のヴェニスで赤いレインコートの少女の幻影を見る。
それは娘の幽霊なのか?それとも…

原作は「鳥」のダフネ・デュ・モーリアの「いま見てはだめ

オリジナルは83年日本劇場公開当時中学生だった私に???という強烈な印象を残した想い出の作品。
一体どんなリメイク版になるのやら…
原作も一時は入手可能だったのですが、今また入手困難に?

ライフログ
赤い影
/ ジェネオン エンタテインメント
[PR]

by hamchu | 2005-06-27 15:39 | 映画・ニュース | Trackback(1) | Comments(0)
2005年 06月 27日

全米映画興行収益 速報 05年6月27日 バットマン ビギンズがV2達成!

今週は「バットマン ビギンズ」がニコール・キッドマン主演のコメディ「奥様は魔女」を破ってV2を達成!
3位は「Mr.&Mrs. スミス」となりました。

初登場、リンジー・ローハンの「ハービー/機械じかけのキューピッド」は3521館で4位、ジョージ・A・ロメロのゾンビ最新作「ランド・オブ・ザ・デッド」は2249館で5位スタート。

限定系ではドキュメンタリー「Rize」が352館$1.6Mで12位。
同じくドキュメンタリー「皇帝ペンギン」が4館で$121,788!
ジョアン・アレン、サム・ニールが出演、サリー・ポッターの「Yes」は7館で$29,437。

6月24日-26日
1位 バットマン ビギンズ $26.8M
2位 奥様は魔女 $20.2M
3位 Mr.&Mrs. スミス $16.75M
4位  ハービー/機械じかけのキューピッド $12.75M
5位 ランド・オブ・ザ・デッド $10.2M
6位 マダガスカル $7.3M
7位 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 $6.25M
8位 ロンゲスト・ヤード $5.5M
9位 The Adventures of Sharkboy and Lavagirl in 3-D, $3M
10位 シンデレラマン $3.3M

29日からはいよいよ「宇宙戦争」が公開。
7月1日からはマーティン・ローレンス主演、スティーヴ・カー監督のコメディ「Rebound」が拡大公開、日本では既に公開済みのオージー・ゾンビホラー「アンデッド」、Trish Doolan監督、出演のロマコメ「April's Shower」などが限定公開予定。
[PR]

by hamchu | 2005-06-27 10:30 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2005年 06月 26日

【映画】マチュー・カソヴィッツの「Babylon A.D. 」映画化に進展?

20世紀FOXとCanal Plusは「ゴシカ」、「クリムゾン・リバー」マチュー・カソヴィッツ監督の次回作?「Babylon A.D」に出資する模様(傭兵がロシアからカナダまで一人の若い妊婦を連れて旅をする…というのが話のアウトライン…これに遺伝子組み換えなどが絡む)。

一応Maurice G. Dantecの小説「Babylon Babies」にインスパイアされて書かれた脚本を映画化(脚本カソヴィッツ)という触れ込みですが、今のところ原作クレジットはアナウンスされてません。

ただし、監督カソヴィッツの公式サイトには”Le film, adaptation du livre de Maurice G. Dantec, est actuellement en pré-production. Le tournage est prévu pour 2005, principalement au Canada.”なんて書いてあるのでむむむ、という感じです(どんな感じじゃ)。

ライフログ
Babylon Babies (Native Agents)
Maurice C. Dantec Noura Wedell / Semiotextet
[PR]

by hamchu | 2005-06-26 18:48 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 06月 25日

【映画】MTV Films、ホリー・ブラックの小説を映画化

MTV Filmsは「スパイダーウィック家の謎」シリーズの作者ホリー・ブラックの「Valiant: A Modern Tale Of Faerie」の映画化権を取得、Chuck Roven、アレックス・ガードナーが製作予定。

舞台はNY、主人公は17歳のヴァレリー(ヴァル)・ラッセル。彼女は家出し、地下鉄構内で不法に生活する10代のグループに出会う。
ホリー・ブラックの作品だけあって、ストリート・ギャングの話…ではなく、次第にファンタジーの世界が展開されていきます。

ホリー・ブラックのファンタジー「スパイダーウィック家の謎」のシリーズは「フォーチュン・クッキー」、「ミーン・ガールズ」のマーク・ウォーターズ監督で映画化予定(【映画】「スパイダーウィック家の謎」 脚本家が変更?)。

ライフログ
Valiant: A Modern Tale Of Faerie
Holly Black / Simon & Schuster (Juv)
[PR]

by hamchu | 2005-06-25 20:37 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 06月 24日

【映画】トム・クルーズ、ジャック・リーチャー・シリーズを映画化か?

パラマウント・ピクチャーズは(かなりの高額で)リー・チャイルドのジャック・リーチャー・シリーズ最新作「One Shot」のオプション権を取得した模様。

白昼公然と無作為に5人の人間を殺害した狙撃者。リーチャーは一見単純なこの事件の裏にある真実を探る…

トム・クルーズ、ポーラ・ワーグナー、Don Granger、ゲイリー・レヴィンソン(「パトリオット」、「タイムライン」)、Kevin MessickがC/W(クルーズ/ワーグナー)とMutualで製作予定。

シリーズの1冊「キリング・フロアー」は以前ニューライン製作、「S.W.A.T.」のクラーク・ジョンソン監督予定で映画化がアナウンスされていました。
【映画】C・ジョンソンがリー・チャイルドのアクション「キリング・フロアー」を映画化?
しかし、このオプション権、契約のオプション期間が経過してしまった様子…

ニューラインとパラマウントの間で、このシリーズの映画化はどう動く?(名前の挙がっているゲイリー・レヴィンソンとKevin Messickは「キリング・フロアー」のプロデューサー…)
パラマウントの方はシリーズ化したい雰囲気があるようですが…

ライフログ
キリング・フロアー〈上〉 リー チャイルド Lee Child 小林 宏明 / 講談社
キリング・フロアー〈下〉 リー チャイルド Lee Child 小林 宏明 / 講談社


One Shot: A Jack Reacher Novel (Jack Reacher Novels (Hardcover))
Lee Child / Delacorte Pr
[PR]

by hamchu | 2005-06-24 20:46 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)