<   2006年 05月 ( 54 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 31日

【HP】黒い雲 Die Wolke

ドイツ映画祭2006でプレミア上映、今冬シネカノン有楽町ほかで公開予定「黒い雲」(Die Wolke)のドイツ版のオフィシャルサイト。
http://www.die-wolke.com/

原作は1986年4月のチェルノブイリ原発事故直後に発表されたグードルン・パウゼヴァングの「見えない雲」(小学館)

西ドイツ、グラーインファインフェルトで起こった原子力発電所の事故。
両親の不在で弟のウリと二人、シュリッツの留守宅を守るヤンナ-ベルタはその後、避難の大混乱に巻き込まれる…
というのが原作のストーリーですが、映画版のストーリー、キャラクター設定は原作からは少々(かなり?)改変されている様子(主人公の年齢、彼氏がいる、というあたりなど)。

映画版の監督は「レボリューション6」のグレゴー・シュニッツラー。
出演はPaula Kalenberg、Franz Dinda、リッキー・ミューラーなど。

独では3月16日に公開済。


黒い雲 Die Wolke 06年独

監督:グレゴー・シュニッツラー
脚本:Jane Ainscough、Marco Kreuzpaintner
製作:Markus Zimmer
出演:Paula Kalenberg、Franz Dinda、リッキー・ミューラー
原作:「見えない雲」 グードルン・パウゼヴァング

見えない雲 高田 ゆみ子 グードルン・パウゼヴァング Gudrun Pausewang / 小学館


原作 おもな登場人物
ヤンナ-ベルタ・マイネッケ 14歳の少女
ウリ ヤンナ-ベルタの弟 (Hans-Laurin Beyerling)
カイ ヤンナ-ベルタの弟
ヨー ヤンナ-ベルタの祖母
ハンス-ゲオルグ ヤンナ-ベルタの祖父 
ベルタ ヤンナ-ベルタの祖母
ヘルガ・マイネッケ ヤンナ-ベルタのおば (ガブリエラ・マリア・シュマイデ)
アルムート・ゾマーフェルト ヤンナ-ベルタのおば 
ラインハルト アルムートの夫
パブス ラインハルトの父
エルマー ヤンナ-ベルタのクラスメート
マイケ ヤンナ-ベルタの友人 (Jennifer Ulrich)
イングリッド
ラルス ヤンナ-ベルタの上級生 (Daniel Rosner)
ティナ・ホフマン
アイゼ 救急病院で同室となったトルコ人少女 (Claire Oelkers)


*ドイツ映画祭サイトでちょっと気になったんですが、主人公ハンナの恋人はエルマー(演じるのがFranz Dinda)だと思うんだけど、違うかな?
 
[PR]

by hamchu | 2006-05-31 23:38 | Trailer・HP | Trackback | Comments(1)
2006年 05月 31日

【映画】ロイ・デュプイ、「Shake Hands With the Devil」に出演

TVシリーズ「ニキータ」のロイ・デュプイが「Shake Hands With the Devil」でルワンダ80万人虐殺事件時、撤退してしまった国連平和維持軍の指揮官ロメオ・ダレールを演じる模様。

監督はロジャー・スポティスウッド。6月に撮影開始予定。

ダレールは「ホテル・ルワンダ」でニック・ノルティが演じたオリバー大佐のモデルとなった人物。

原作としてクレジットがある?「Shake Hands With the Devil」はドキュメンタリー化もされたダレールの回顧録(ドキュメンタリータイトル「Shake Hands with the Devil: The Journey of Roméo Dallaire」 http://www.whitepinepictures.com/dallairesite/)。

ロジャー・スポティスウッド監督にはウィリアム・ゴールディングの「The Spire」映画化、なんて企画もあったと思うのですが…(それよりバリー・ペッパーの「Ripley Under Ground」は一体…)

ライフログ
Shake Hands With The Devil: The Failure Of Humanity In Rwanda Romeo Dallaire Brent Beardsley / Carroll & Graf Pub

ドキュメンタリーに関しては04年9月のメモ書きが残っていましたが、結局ブログにはアップしないまま(この時期はこういうのが結構ある)。
[PR]

by hamchu | 2006-05-31 10:01 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2006年 05月 30日

【映画】アンジェラ・ロビンソン、アレクサンドラ・ロビンスの「Pledged」を映画化

Paramount Picturesは「Pledged」の監督として「ハービー/機械じかけのキューピッド」のアンジェラ・ロビンソンを起用。

これはアレクサンドラ・ロビンスのノンフィクション「Pledged: The Secret Life of Sororities」を映画化するもの。

「スカル&ボーンズ―秘密クラブは権力への通路」でエール大学の秘密クラブを暴いたアレクサンドラ・ロビンス。
「Pledged」でのターゲットはSorority=女子学生クラブ(学生になりすまし、調査を行ったらしい)。

脚本はTVシリーズ「シックス・フィート・アンダー」のJill Soloway。

ライフログ
Pledged: The Secret Life of Sororities
Alexandra Robbins / Hyperion Books

しかし、FraternityもSororityも私にはワンダーな世界です(笑)。
[PR]

by hamchu | 2006-05-30 20:44 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2006年 05月 30日

ドイツ映画祭2006 原作アリ上映作品

ドイツ映画祭2006が7月16日(日)から20日(木)まで有楽町朝日ホールで開催予定。
ドイツ映画祭2006 公式ホームページ

今年の目玉はやはりミシェル・ウエルベックの小説を映画化した「素粒子」と思いますが(【HP・Trailer】Elementarteilchen 素粒子)、コリンヌ・ホフマンのベストセラーを映画化した「マサイの恋人」(【HP・Trailer】マサイの恋人)にも注目か?

マサイの恋人 コリンヌ ホフマン Corinne Hofmann 平野 卿子 / 講談社

そしてもう1本忘れてはならないのはグードルン・パウゼヴァングの「見えない雲」を映画化した「黒い雲」(Die Wolke)
監督は「レボリューション6」のグレゴー・シュニッツラー。

見えない雲 高田 ゆみ子 グードルン・パウゼヴァング Gudrun Pausewang / 小学館

また、ドミニク・デリュデレ監督の「血の結婚式」(Die Bluthochzeit)はJean Van Hammeのコミックが原作。
 
[PR]

by hamchu | 2006-05-30 10:07 | その他 | Trackback | Comments(0)
2006年 05月 29日

【映画】BBC Films、マグナス・ミルズの「フェンス」を映画化

a0000270_2333207.jpgPawel Pawlikowskiが「The Restraint of Beasts」を映画化していたなんてちっとも知らなかったなあ。

というわけでカンヌ発の別ニュースからひょっこり知ったこの話題ですが、BBC Filmsでは3月後半に製作プレスリリースが出ていました。

スコットランドのフェンス職人3人組は、家畜を囲い込むことに異様なまでに執着する農場主たちのために、最新技術をもちいたフェンスを建てている。
会社に命じられおもむく先々では、いつもちょっとした事故で人が死ぬ。
3人はフェンスを建て、ビールを飲み、死体を埋める単調な生活をくりかえす。
農場主の要求は堅固化、高層化の一途をたどり…

原作はマグナス・ミルズのダーク・コメディ「フェンス」(DHC)

出演は「Jの悲劇」のリス・アイファンズ、「ヴェラ・ドレイク」のエディ・マーサン、「香水」にも出演のBen Whitshaw、「グリーンフィンガーズ」のウォーレン・クラークなど。
製作はハリー・ポッターシリーズのターニャ・セガッチアン。

表紙 フェンス マグナス ミルズ Magnus Mills たいら かずひと / DHC
  
[PR]

by hamchu | 2006-05-29 20:42 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2006年 05月 29日

全米映画興行収益 速報 06年5月29日 「X-MEN ファイナル ディシジョン」が$107Mでスタート

今週はメモリアル・デイの休日…ということで大きなヒットが期待されましたが、週末3日間の集計では「X-MEN ファイナル ディシジョン」が3690館、$107Mと驚異的なスタートを切りました。
今回の監督はブレット・ラトナー。日本では9月公開を予定。

2位は「ダ・ヴィンチ・コード」、3位は「森のリトル・ギャング」と先週からワンランクダウン。

ドキュメンタリー「An Inconvenient Truth」は4館、$266,000でアベレージ$66,500。


5月26日-28日
1位 X-MEN ファイナル ディシジョン $107M
2位 ダ・ヴィンチ・コード $33.5M
3位 森のリトル・ギャング $27.3M
4位 M:i:Ⅲ $6.58M
5位 ポセイドン $5.9M
6位 RV $3.9M
7位 See No Evil $2.53M
8位 Just My Luck $1.8M
9位 ユナイテッド93 $0.74M
10位 An American Haunting $0.7M


6月2日からはヴィンス・ヴォーン、ジェニファー・アニストン出演、ペイトン・リード監督のロマコメ「The Break-Up」が拡大公開予定。

その他、ダン・ミルマンのベストセラーを映画化した「Peaceful Warrior」(【Trailer】Peaceful Warrior 癒しの旅 ピースフル・ウォリアー)、リュック・ベッソンが共同脚本の近未来アクション「District B13」などが公開予定。


*4日間Estimatesも順位変わらず。
[PR]

by hamchu | 2006-05-29 10:37 | 興収成績 | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 05月 28日

映画原作関連ニュース ダニー・グローバー、ケヴィン・コナー…

★ダニー・グローバーがマーク・ウォルバーグ主演、アントワーン・フークア監督の「The Shooter」に出演する模様。

映画原作関連ニュース 極大射程、かいじゅうたちのいるところ…

現在のところ、役柄不明。

極大射程〈上巻〉 スティーヴン ハンター Stephen Hunter 佐藤 和彦 / 新潮社
極大射程〈下巻〉 スティーヴン ハンター Stephen Hunter 佐藤 和彦 / 新潮社


★プロデューサー、Tony DiDioとTVMの監督ケヴィン・コナーがウォーレン・アドラーの刊行予定の小説「Target Churchill」のオプション権を取得した模様。

「Target Churchill」は第二次大戦中、スターリンがウィンストン・チャーチルを暗殺しようとした、というストーリー?

作者のアドラー自身が脚本を執筆予定。


★フランシス・フォード・コッポラ監督が久しぶりの監督作品「Youth Without Youth」の撮影を終えた模様。
原作はミルチャ・エリアーデの中篇「Youth Without Youth」

【映画】フランシス・フォード・コッポラ、久しぶりに監督?


★オリヴィエ・マルティネスと「トーク・トゥ・ハー」のレオノール・ワトリングがAlbert Cohenの仏のカルト小説「Belle du Seigneur」の映画版に出演?

撮影はスイス、イタリア、ドイツで10月に開始、新人Glenio Bonderが監督予定。
 
Belle Du Seigneur Albert Cohen / Gallimard
 
[PR]

by hamchu | 2006-05-28 20:56 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2006年 05月 28日

【HP・Trailer】The Thief Lord どろぼうの神さま

コルネーリア・フンケの「どろぼうの神さま」を映画化、本国ドイツ他では1月に公開済みの「The Thief Lord」が英国で5月26日から公開中。
The Thief Lord

プロスパーとボーの兄弟はおば夫婦から逃れ、ドイツのハンブルグからイタリアのヴェネチアへとやってくる。
そこで兄弟を助けたのは少年怪盗のスキピオと少年・少女たち。
しかし、彼らの前におば夫婦から依頼を受けた探偵ヴィクトールが現れて…

監督・脚本は「ファングルフ」、「リトル・ヴァンパイア」の製作者リチャード・クラウス。
出演は「シャンハイ・ナイト」のアーロン・ジョンソン(彼はエドワード・ノートン主演の「The Illusionist」にも出演している)、Jasper Harris、Rollo Weeks、Alice Connor、ジム・カーターなど。

フンケの作品は「Die Wilden Hühner(めんどり四人組)」も映画化され独では2月に公開済。


The Thief Lord 06年独

監督:リチャード・クラウス
製作:ジミー・ド・ブラバン、リチャード・クラウス
脚本:リチャード・クラウス、Daniel Musgrave
出演:アーロン・ジョンソン、Jasper Harris、Rollo Weeks、Alice Connor、ジム・カーター
原作:コルネーリア・フンケ 「どろぼうの神さま」

どろぼうの神さま コルネーリア フンケ Cornelia Funke 細井 直子 / WAVE出版


原作 おもな登場人物
プロスパー 12歳の少年 (アーロン・ジョンソン)
ボー(ボニファツィウス) 5歳、プロスパーの弟 (Jasper Harris)
スキピオ (Rollo Weeks)
ヴィクトール・ゲッツ 私立探偵 (ジム・カーター)
エスター・ハルトリープ プロスパー、ボーの伯母 (Carole Boyd)
マックス・ハルトリープ (Bob Goody)
ヴェスペ 
リッチオ (ジョージ・マッケイ)
モスカ (Lathaniel Dyer)
エルネスト・バルバロッサ (アレクセイ・セイル)
イダ・スパヴェント (キャロライン・グッドオール)
マッシモ氏 
ルチア
ジャコ
モロシナ (Poppy Rogers)
伯爵(コンテ) (Geoffrey Hutchings)
 
[PR]

by hamchu | 2006-05-28 12:37 | Trailer・HP | Trackback | Comments(2)
2006年 05月 27日

【Trailer】The Namesake その名にちなんで

リース・ウィザースプーン主演の「虚栄の市」(Vanity Fair)が日本では「悪女」というタイトルでDVDスルーになってしまったミーラー・ナーイル監督。
今度の作品「The Namesake」は日本で公開されるのでしょうか?

その「The Namesake」のTrailerがAppleに登場。
Apple Trailer The Namesake

父の命を救った本にちなみ「ゴーゴリ」と名づけられたインド人移民の子供。アメリカで生まれ、育った彼は、やがてその名前を変えるに至る…

「The Namesake」はジュンパ・ラヒリの「その名にちなんで」(新潮クレスト・ブックス)の映画化。

脚本はSooni Taraporevala、出演はタブー、Irfan Khan、「マスク2」のカル・ペン、ジャシンダ・バレット、「ヴェニスの商人」でアル・パチーノの娘を演じていたズレイカ・ロビンソン。
配給はFOXサーチライト。


The Namesake 06年米
06年11月3日 米公開予定

監督:ミーラー・ナーイル
脚本:Sooni Taraporevala
音楽:Nitin Sawhney
出演:タブー、カル・ペン、ジャシンダ・バレット、ズレイカ・ロビンソン
原作:ジュンパ・ラヒリ 「その名にちなんで」

その名にちなんで ジュンパ・ラヒリ 小川 高義 / 新潮社


原作 おもな登場人物
ゴーゴリ(ニキル)・ガングリー (カル・ペン)
アシマ・ガングリー ゴーゴリの父 (タブー)
アショケ・ガングリー ゴーゴリの母 (Irfan Khan)
ソニア ゴーゴリの妹 (Sahira Nair)
マクシーン ゴーゴリのガールフレンド (ジャシンダ・バレット)
モウシュミ (ズレイカ・ロビンソン)
 
[PR]

by hamchu | 2006-05-27 18:37 | Trailer・HP | Trackback(1) | Comments(3)
2006年 05月 27日

【映画】ホイット・スティルマン、クリストファー・バックリーの作品を映画化

「メトロポリタン」、「バルセロナの恋人たち」のホイット・スティルマンが久しぶりに劇場作品を監督する模様。

それはクリストファー・バックリーの4冊目の小説「Little Green Men」の映画化(Little Green Menって何のこと? 笑)。

英国のGolconda FilmsでEd Pressman、Gregory Mackenzie、Brett Walshが製作。「ネバー・ダイ・アローン」のアレサンドロ・キャモン、「スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする」のチャールズ・フィンチが製作総指揮。
脚本はSean BatesとGregory Mackenzie。

バックリーはアーロン・エッカート主演でヒットした「Thank You for Smoking」の原作「ニコチン・ウォーズ」の作者。

ライフログ
Little Green Men
Christopher Buckley / Random House Inc (T)

やっぱり「ニコチン・ウォーズ」なスタイルの作品?
 
[PR]

by hamchu | 2006-05-27 10:46 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)