<   2008年 01月 ( 41 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

【HP・Trailer】Die rote Zora 赤毛のゾラ


母さんが死に、父さんは帰ってこない。12歳のブランコはひとりぼっちになってしまった。そんなとき、燃えるようにまっ赤な髪をした少女ゾラと知り合い、ブランコはゾラのなかまたちと古城の塔に住みはじめる。やがてなかまたちは、町じゅうをひっくり返すような大騒動をまき起こす…

独で1月24日から公開中、「赤毛のゾラ」「Die rote Zora」映画版のTrailer、HP。
Rote Zora

原作はクルト・ヘルトの同名児童書で、79年にミニシリーズになったこともあるよう(監督はフレッド・ウムゲルター)。
今回の映画版は監督、製作、出演者ともあまり聞いたことのない人たちですが、なかなか面白そう。見てみたいものです。


Die rote Zora 08年独・スウェーデン
監督:Peter Kahane
脚本:Peter Kahane、Ronald Kruschak、Christian Zübert
製作総指揮:Sytze Van Der Laan
製作:Malte Grunert
音楽:Detlef Petersen
撮影:Gudrun Steinbrück
原作:「赤毛のゾラ」 クルト・ヘルト
出演:Linn Sara Reusse、Jakob Knoblauch、David Berton、Pascal Andres、マリオ・アドルフ、ドミニク・ホルヴィッツ

独BOX OFFICE
1週目 08年1月24日-26日 6位 $956,841 297館

原作 おもな登場人物
ブランコ・バビッチ 12歳の少年 (Jakob Knoblauch)
ゾラ アルバニア生まれの孤児 (Linn Reusse)
パヴレ (Woody Mues)
ニコラ (Pascal Andres)
ジュロ (David Berton)
アンカ ブランコの母 (Iris Minich)
ミラン ブランコの父
ストーヤナ婆さん
カータ婆さん
エレナ
パウルス・ラシノヴィッチ司祭
ブロゾヴィッチ 雑貨屋
ベゴヴィッチ 警官 (Hilmi Sözer)
ゴリアン爺 (マリオ・アドルフ)
カラマン 農園主 (ベン・ベッカー)
イヴェコヴィッチ セーニ市長 (ドミニク・ホルヴィッツ)
ズラータ・イヴェコヴィッチ (Nora Quest)
シュティエパン (Moritz Grabbe)
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-31 09:46 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 30日

【TV】サム・ライミ製作、テリー・グッドカインドの「真実の剣」TVシリーズ、5月に製作へ


a0000270_1235517.jpgテリー・グッドカインドの人気ファンタジー「真実の剣」をシリーズ化するABCとサム・ライミの企画「Wizard's First Rule」がようやく始動する模様!

エピソード数は22、製作は5月に開始予定(当初予定はミニシリーズだったみたいだけど、エピソード数が増えた?)。

【関連】
【TVM】サム・ライミがテリー・グッドカインドのファンタジー「真実の剣」をTVミニシリーズに 06年7月31日

原作 魔道士の掟〈1〉探求者の誓い―「真実の剣」シリーズ第1部 テリー グッドカインド Terry Goodkind 佐田 千織 / 早川書房

原作(魔道士の掟) おもな登場人物
リチャード・サイファー
カーラン・アムネル
ゼッド(ゼディクス・ズール・ゾランダー)
チェイス(デル・ブランドストーン)
ダークン・ラール
マイケル リチャードの兄、主席評議員
エイディ 骨の女
デミン・ナス
<鳥男>
サヴィドリン
ウェズラン
シディン
スリン、カルダス、アーブリン、ブレジンデリン、ハジャンレッド、タファラー、二サル
クィーン・ミレナ
プリンセス・ヴァイオレット
レイチェル
ギラー
ブロフィ
ディーナ モルド・シス
コンスタンス
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-30 09:31 | TV・ニュース | Trackback(1) | Comments(0)
2008年 01月 29日

セザール賞 ノミネーション発表


セザール賞のノミネーションが発表になりましたが、今年もいい感じではないでしょうか?(おおー、クロード・ミレール監督の「ある秘密」映画化が入っている!←私はこの原作、結構好きなのです 笑)
*黒字 原作アリ

作品賞
La Graine et le mulet
エディット・ピアフ~愛の讃歌~
ペルセポリス
潜水服は蝶の夢を見る
Un secret【HP・Trailer】Un secret ある秘密

監督賞
オリヴィエ・ダアン エディット・ピアフ~愛の讃歌~
Abdellatif Kechiche La Graine et le mulet
クロード・ミレール Un secret
ジュリアン・シュナベール 潜水服は蝶の夢を見る
アンドレ・テシネ Les Témoins

主演男優賞
マチュー・アマルリック 潜水服は蝶の夢を見る
ミシェル・ブラン Les Témoins
ジャン=ピエール・ダルッサン Dialogue avec mon jardinier(原作はHenri Cueco)
ヴァンサン・ランドン Ceux qui restent
ジャン=ピエール・マリエール Faut que ça danse!

主演女優賞
マリオン・コーティヤール エディット・ピアフ~愛の讃歌~
セシル・ド・フランス Un secret
カトリーヌ・フロ Odette Toulemonde
イザベル・カレ Anna M.
Marina Fois Darling (原作はJean Teule)

脚色賞
クロード・ベリ Ensemble, c'est tout【Trailer】Ensemble, c'est tout 恋するよりも素敵なこと ―パリ七区のお伽話
Christine Carriere Darling
マルジャン・サトラピ、ヴァンサン・パロノー  ペルセポリス
クロード・ミレール、Nathalie Carter Un secret
ロナルド・ハーウッド 潜水服は蝶の夢を見る

助演男優賞
サミ・ブアジラ Les Témoins 
パスカル・グレゴリー エディット・ピアフ~愛の讃歌~ 
ミシェル・ロンズデール  La Question humaine
ファブリス・ルキーニ Molière
Laurent Stocker Ensemble, c'est tout

助演女優賞
ジュリー・デルピー Un secret
ノエミ・ルボフスキー Actrices
ビュル・オジエ Faut que ça danse! 
リュディヴィーヌ・サニエ Un secret
シルヴィー・テステュー エディット・ピアフ~愛の讃歌~ 

*「Dialogue avec mon jardinier」は04年11月と07年3月のメモ書きが残っていました…(しかし記事アップはしていない 笑)
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-29 13:57 | その他 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 29日

映画原作関連ニュース Me and Orson Welles、アラン・レネ


★「ハイスクール・ミュージカル」のザック・エフロンがリチャード・リンクレイター監督の「Me and Orson Welles」に出演する模様。

原作はRobert Kaplow の同名小説。
1937年のNY、一人の高校生(エフロン)と22歳のオーソン・ウェルズ(新人のChristian McKayが演じる模様)が繰り広げるコメディドラマ?

「ウォーターホース」のベン・チャップリンも出演、脚本はHolly Gent PalmoとVince Palmo。
「ファーストフード・ネイション」のアン・カーライルが製作。

原作 Me and Orson Welles: A Novel Robert Kaplow / / Macadam Cage Pub


★「巴里の恋愛協奏曲(コンチェルト)」、「アメリカの伯父さん」のアラン・レネ監督の新作は原作アリ。
仮題「Les Herbes folles」として企画されていたこの作品の原作はクリスチャン・ガイイの「L'Incident」(いつものことながら仏語、読めず内容わからず)

映画はサビーヌ・アゼマ、アンドレ・デュソリエ、マチュー・アマルリック、エマニュエル・ドゥヴォスも出演。
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-29 10:17 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2008年 01月 28日

08年1月26日 公開 テラビシアにかける橋


テラビシアにかける橋 Bridge to Terabithia 07年米
監督:ガボア・クスポ
脚本:ジェフ・ストックウェル、デヴィッド・パターソン
製作総指揮:アレックス・シュワルツ
製作:ティム・コディントン、ローレン・レヴィン、ハル・リーバーマン、デヴィッド・パターソン
音楽:アーロン・ジグマン 
撮影:マイケル・チャップマン
原作:テラビシアにかける橋 (偕成社文庫 3264) キャサリン・パターソン / / 偕成社
出演:ジョシュ・ハッチャーソン、アンナソフィア・ロブ、ズーイー・デシャネル、ロバート・パトリック

【関連】
【映画】ディズニーが「テラビシアにかける橋」を映画化 05年9月28日
【映画】「チャーリーとチョコレート工場」のアンナソフィア・ロブ 「テラビシアにかける橋」に出演 05年11月11日
映画原作関連ニュース 奇術師、テラビシアにかける橋 06年1月14日
映画原作関連ニュース テラビシアにかける橋、奇術師 06年1月21日
【映画】ズーイー・デシャネルが「テラビシアにかける橋」に出演 06年1月26日


原作 おもな登場人物
ジェシー・アーロンズ 主人公の少年 (ジョシュ・ハッチャーソン)
レスリー・バーク 転校生 (アンナソフィア・ロブ)
メイ・ベル ジェシーの妹 (ベイリー・マディソン)
ジョイス・アン(グレイス・ブラニガン)、エリー(エマ・フェントン)、ブレンダ(デヴォン・ウッド)
ジュリア・エドマンズ先生 (ズーイー・デシャネル)
マイヤーズ先生
ジェシーの父、母
レスリーの父、母
ジャニス・エイブリー (Lauren Clinton)
テリーン王子 レスリーの犬


*ガボア・クスポ監督&アンナソフィア・ロブ出演で映画化が予定されている「白いキリンを追って」もきっとなかなかいい映画になると思うんですよ~
監督の新作(現在ポストプロダクション)は「まぼろしの白馬」の映画版。こちらはダコタ・ブルー・リチャーズが出演!
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-28 22:10 | 公開予定 | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 26日

OV作品 DVD 忌み嫌われる家


忌み嫌われる家 La Casa sfuggita 03年伊
監督・撮影:イヴァン・ズッコン
脚本:エンリコ・サレッティ
音楽:アシッドヴァキューム
原作:「忌み嫌われる家」 ラヴクラフト全集7 (創元推理文庫) H・P・ラヴクラフト / / 東京創元社
DVD:忌み嫌われる家  / ジェネオン エンタテインメント
出演:エマヌエレ・チェルマン、シルヴィア・フェッレーリ、ジョゼッペ・ロルッソ、ロベルタ・マレッリ、フェデリカ・クアリエーリ、マイケル・シーガル
ストーリー
何世紀もの間、多くの人が奇妙な死を遂げたいわくつきの家。この家の謎をを解明するため、1組の男女が泊り込みで調査を進めていく。しかし、やがて彼等自身もその世界へ入り込んでしまうのだった…。

*珍しいOVの原作アリ作品。
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-26 23:09 | DVD | Trackback | Comments(1)
2008年 01月 25日

【BBC】ディケンズの「リトル・ドリット」ドラマ化、マシュー・マクファディンが出演


中国帰りの資産家アーサーは、母親の家でお針子として働いている、か細い身体つきでひどく怯えた顔をした若き女性リトル・ドリットに会った。
興味を持ったアーサーは、ある夜尾行し、マーシャルシー監獄へ入って行く彼女の姿を見た…

BBC Oneはチャールズ・ディケンズの「リトル・ドリット」をドラマ化、TVM「高慢と偏見」、「Sense And Sensibility」のアンドリュー・デイヴィスが脚色する模様。

「エニグマ」、「プライドと偏見」のマシュー・マクファディンがアーサー役、その他のキャスティングは後に発表予定。
撮影は08年4月に英国で開始、製作総指揮はアン・ピヴチェヴィク、製作はLisa Osborne、Dearbhla Walsh、Adam Smith。
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-25 17:01 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2008年 01月 25日

【HP・Trailer】Los crímenes de Oxford オックスフォード連続殺人


a0000270_105412.jpg1月18日にスペインで公開されたミステリー「Los crímenes de Oxford(The Oxford Murders)」
オフィシャル・サイトはできてないのかな?と思ってたらこれがそうでした(なんだあ、そうだったのか←公開時になんかできるかと思ったんですが、変わってないし 笑)。
Los Crimenes de Oxford

監督は「ハイル・ミュタンテ!」のアレックス・デ・ラ・イグレシア、出演はイライジャ・ウッド、ジョン・ハート、レオノール・ワトリング、ジュリー・コックスら。
原作はギジェルモ・マルティネスの「オックスフォード連続殺人」(私、この本結構好き)

スペイン公開1週目の成績は263館で上映、1位を記録。
ちなみに、2位も初登場、マイク・ニューウェル監督の「コレラ時代の愛(Love in the Time of Cholera)」でした。

【関連】
【映画】「ハイル・ミュタンテ!」の監督、次回作はミステリー? 05年11月10日
【映画】「オックスフォード連続殺人」、ジョン・ハートが出演 06年9月20日
【映画】イライジャ・ウッド、「オックスフォード連続殺人」に出演 06年12月27日


Los crímenes de Oxford(The Oxford Murders)08年スペイン
監督・脚本・製作:アレックス・デ・ラ・イグレシア
製作:マリエラ・ベスイエフスキー、ヘラルド・エレーロ
音楽:ロケ・バニョス
撮影:Kiko de la Rica
原作:オックスフォード連続殺人 ギジェルモ マルティネス Guillermo Mart´inez 和泉 圭亮 / 扶桑社
出演:イライジャ・ウッド、ジョン・ハート、レオノール・ワトリング、ジュリー・コックス、ドミニク・ピノン、バーン・ゴーマン、ジム・カーター


原作 おもな登場人物
私 アルゼンチンから来た22歳の留学生 (イライジャ・ウッド)
アーサー・セルダム 伝説的数学者 (ジョン・ハート)
イーグルトン夫人 下宿先の未亡人 (アンナ・マッセイ)
ベス(エリザベス) イーグルトン夫人の孫娘、チェロ奏者 (ジュリー・コックス)
マイケル ベスの交際相手
ローナ・クレイグ ラドクリフ病院の看護士 (レオノール・ワトリング)
ピーターセン警部 (ジム・カーター)
サックス警部補
エミリー・ブロンソン教授
ビクトル・ボドロフ ロシア人の数学者 (バーン・ゴーマン)
ラルフ・ジョンソン
ケイトリン


スペイン BOX OFFICE
1週目 08年1月18日-20日 1位 $3,270,522 263館
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-25 09:56 | Trailer・HP | Trackback | Comments(3)
2008年 01月 24日

未公開作品 DVD 臨死


臨死 The Invisible 07年米
監督:デヴィッド・S・ゴイヤー
脚本:ミック・デイヴィス
製作:ゲイリー・バーバー、ロジャー・バーンバウム、ニール・エデルスタイン 、ジョナサン・グリックマン、マイク・マキャリ
製作総指揮:ウィリアム・S・ビーズレイ
音楽:マルコ・ベルトラミ 
撮影:ガブリエル・ベリスタイン
DVD:臨死  / ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
原作:「Den Osynlige」 マッツ・ヴォール
The Invisible Mats Wahl / / Farrar Straus & Giroux (J)
出演:ジャスティン・チャットウィン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、マルガリータ・レヴィエヴァ、クリス・マークエット 
ストーリー
成績優秀、人気者の高校生ニックは、友人の窮地を救ったために、不良グループリーダーの少女アニーに目をつけられる。ある日、警察が強盗事件の容疑者としてアニーのもとを訪れ、学校は騒然とする。警察にアニーのことを告げ口した人物と勘違いされたニックは、パーティの晩、アニーの逆恨みのために不良グループの暴行を受け、森に置き去りにされる。瀕死の重傷を負ったニックが目覚めるといつもと何か様子が違っていた。母親が自分の写真を見て泣いている。友人に助けを求めて話かけても彼の前を素通りする・・・。驚くべきことに、ニックは臨死状態に陥っていたのだった。死の淵にある肉体を捜す為、救いを求めさまようニック。しかし彼の姿は、もはや誰にも見えなかった―。そして彼はさまよい歩くうち、自分の周囲の人々の思わぬ本当の姿を目にすることになるのだった。果たしてニックの生還への道は残されているのか?それはある人物の行動に託されていた。


【関連】
【映画】デイヴィッド・S・ゴイヤーがスウェーデン映画「The Invisible」を英語リメイク 04年11月7日
映画原作関連ニュース The Last Legion、The Invisible… 05年9月9日


米BOX OFFICE
1週目 07年4月27日-29日 2位 $7,717,309 2019館
2週目 07年5月4日-6日 4位 $3,261,374 2019館
3週目 07年5月11日-13日 7位 $2,315,286 1943館
4週目 07年6月18日-20日 8位 $1,300,769 1378館

*これもDVDスルーですか…
オリジナル版も見たいし,原作も日本語で読みたいなあ。
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-24 09:28 | DVD | Trackback | Comments(2)
2008年 01月 23日

【HP】Die Welle ザ・ウェーブ


おお、これは!
今年もサンダンス映画祭の季節がやってきましたが、そのラインナップ(World Cinema Dramatic Competition)に面白い映画を見つけました。

ハイスクールの歴史の授業で実際におこった、不気味な事件。少女ローリーは、おそろしい集団的圧力が化けものになって学校中を席捲してしまうまえに、どうしてもそれを阻まなければならなかった。自ら授業をはじめた教師ロスの苦悩は…

1969年にアメリカの高校で実際に起こった事件を小説化したのがモートン・ルー(トッド・ストラッサー)の「ザ・ウェーブ」(81年に米でドラマ化)
そして、このストーリーを独で映画化したのが今回上映される「Die Welle」ということでいいのかな(←違ってたら教えて下さい)。
オフィシャルサイト 
http://www.welle.info/

自分は絶対煽動されない、と心に思っている人も(いや、そういう人ほど?)いつの間にかとり込まれているのがこういうものの怖さ(この手のものはいつまた姿形を変えて現れんとも限りませんからなあ)。
原作ではナチスについての体験授業を行ったことがきっかけで問題が勃発するんですが、これを独で映画化、ってとこがかなり面白いと思います(さすがにかなり変わっている雰囲気はありますが…)。

監督は「GIRLS★GIRLS」のデニス・ガンゼル。
出演は「エーミールと探偵たち」のユーゲン・フォーゲル、「飛ぶ教室 」のフレデリック・ラウなど。
独での公開は08年3月13日を予定。

81年の米版は「極底探検船ポーラーボーラ」のアレクサンダー・グラスホフが監督、教師ベン・ロスにブルース・デイヴィソン、ローリーにロリ・レシンというキャスティング(日本で放送された記録はないようだけど…?)。

トッド・ストレッサー(モートン・ルーは彼のペンネーム)は「スーパーマリオ」とか、「フェリスはある朝突然に」のノヴェライズ作家。今回調べるまでこの事実(トッド・ストレッサー=モートン・ルー)、ちーとも知りませんでした。へー。そうだったのか(笑)。


Die Welle 08年独
監督:デニス・ガンゼル
脚本:デニス・ガンゼル、Peter Thorwarth
製作総指揮:クリスチャン・ベッカー
製作:Nina Maag
撮影:トルステン・ブロイアー
原作:モートン・ルー 「ザ・ウェーブ」
出演:ユーゲン・フォーゲル、フレデリック・ラウ、Max Riemelt、ジェニファー・ウルリッヒ


原作 おもな登場人物(今回の映画版では多分登場人物名変更)
ローリー・ソンダーズ
ベン・ロス 高校の歴史教師
デイビッド・コリンズ ローリーのボーイフレンド
ブライアン・アモン
アミー・スミス ローリーの親友
クリスティ ロスの妻、音楽教師
オーエンス校長
ミスター・ソンダーズ ローリーの父
ミセス・ソンダーズ ローリーの母
ロバート・ビリングス
アレックス・クーパー
カール・ブロック
アンドレア
ブラッド
エリック
 
[PR]

by hamchu | 2008-01-23 17:25 | Trailer・HP | Trackback(1) | Comments(6)